大黒正宗blog

安福又四郎商店の公式ブログです。

2011年11月

23BY 初しぼり!!

本日、1号のモロミ(大黒正宗しぼりたて)をしぼりました

新・チーム大黒なんやかんやとありました(笑いバナシも)が
どうにかここまでこぎつけることができ、少しだけホッとしております

IMG_8873待ち桶に今季最初の酒が流れ出す瞬間

IMG_8876まずは松尾様にお供えです

きき酒にきてくださった前杜氏や特約店のみなさまに評価いただき、
緊張が少しだけ解けました。
(ポチやいけちゃんは、緊張と重労働で蔵入りから5キロ減ったそうです)
これから、残り4本のモロミの管理と、
しぼりたて瓶詰めの準備および詰口が重なってくるので
気を引き締めていきます!

弊社では、この時期には営業の者も終日蔵に入りますので
営業や配達等が通常のようには出来ずに大変ご迷惑をおかけしております
特約店のみなさまにはご理解とご協力を賜り、心から感謝申し上げます

今季の造り始めは例年にもましてあたたかすぎる日が多く、
仕込みの温度管理には非常に難儀しました
そんな時に、こころよく大量の氷をわけてくださった泉酒造さん

また折に触れ、声をかけてくださり勉強の機会をくださる神戸酒心館さん

いつもどうもありがとうございます
ご近所同士、これからも持ちつ持たれつ…だけどうちは助けてもらってばっかりだなあ
少しでもお返しできるとよいのですが…
これからもよろしくお願いします


IMG_8862IMG_8863

先日、見学にきたはずの日の出屋さん、すっかりこき使ってしまってごめんなさい
洗い物乾しまで…蔵人がひとり増えたようですごく助かりました

大雨でヌクい日

今日は本当にまとまった大雨でした
吹き込みがすごくて窓も開けられないくらい…

雨だけならまだしも、こう気温がヌクくて湿度が高すぎると酒造りにはよろしくないです

今日は「4号しぼりたて」の添仕込みと留麹のためのコシキ(蒸し)だったのですが
雨が本降りになる前に何とか終了

それにしても、ものすごい湿気
床はしっとり、机の上の経過簿までふにゃ〜んとしています。
毎日大量に出る蔵の布類の洗濯物がまったく乾きません。
気休めに扇風機で風を送ってみたり…
IMG_8807IMG_8808IMG_8809

雪国の酒蔵さんは洗濯物はどうされているのでしょう?
スキー宿にあるような乾燥室が蔵の中にあるのでしょうか?


今日、お隣の神戸酒心館さんでは、『蔵開き』をされていました。
こんな大雨の中でも大勢のお客さんが来られていました。
地域のみなさんに蔵を開放し、興味を持っていただける機会があるって
なんてスバラシイ
釜屋のいけちゃんが空き時間に酒心館さんに行って
イイモノを買ってきてくれました

IMG_8852 酒粕ソーセージ
本日のおやつです
ほんのり酒粕がきいてうまいっ



追伸:先日、大黒正宗・十五を出品していただいた賞状です

IMG_8855


まかない


本格的に仕込が始まって1週間、
バタバタして一時はどうなることかと思われましたが
新・チーム大黒、どうにかこうにかペースをつかんできました
まだまだ突っ走るよ〜

さて、カラダが資本の蔵仕事なので
しっかり食べなきゃもちません。
今日は普段の蔵の食事をご紹介〜

お昼は『村上給食』さんにお世話になっています。
こちらを利用されている会社の方は結構多いのでは…と思います。

そして晩は、今年から『ワタミタクショク』にお世話になることに…
そう、あのワタミのです
本来は外食産業の会社だけあって、なかなか侮れない味
ただ、働き盛りの若者にはちょっと量が足りない??
いいえ、みんなもう、代謝がそんなにはよくなくなってきた30代後半なので
ちょうどいいはずです

IMG_8829IMG_8803

ごはんとおつゆは会社から出していただいていて食べ放題です

朝は、ごはんとおつゆ+たまご(たまごかけはどこの蔵でも定番)
でも朝は仕事の開始時間が担当によってまちまちなので
各自空いた時間に食べます。
わたしは、缶コーヒーとパンを蔵に持って行ってます。(冬は赤WONDAを箱買い!)

昔のように、季節の蔵人さんたちがたくさん来て、
ご近所の料理上手なおばちゃんがまかない作りにきてくれていた頃がなつかしいなあ〜
なんだかんだいってもやっぱり手作りのごはんにはかなわないもんなぁ。

酒心館さん、泉酒造さん
合同蔵人まかない食堂
しませんか?




IMG_8831IMG_8832

昨日「分け」た3号しぼりたてのモト(酒母)
なまこ泡があまりにもキモウツクシイので思わずパチリ

文化の日

今日は文化の日・お休み
ですが、モト屋兼室の子は、ぼちぼち仕事です。
まもなくモロミの仕込みとなるので、明日から当分の間突っ走っていかねばなりません

さて、「文化」と言えば、日本酒は日本の誇れる文化
「日本」が付くものってあんまりないですもんねぇ。

灘は日本酒の一大産地
ところがご近所の方々はそのことを知らない人がほとんど…
いや、逆にメジャーすぎて気付かないのかもしれないな。
だって、視点を変えれば、灘の地酒はナショナルブランドなのですから。
(少し前まで、阪神御影駅南に『駒』さんという、灘五郷のお酒を全部置いてあるおもしろい
飲み屋さんがあったのを思い出しました。ちょくちょく行ってました

もっと地域の方々に、特に若い方々に、誇れる文化がすぐ近くにあることを知ってもらいたいなぁ
とおもう今日このごろです

さてさて、文化の日にちなんで「なるほどはじめてものがたり」をふたつ。

まずひとつ。
日本には、その土地土地に優れた酒米がたくさんあるけれど、
誰もがその品質の高さを認める『山田錦』は、
実は今から75年も前に兵庫県(県立の酒米試験地、今でもあります)で生まれました。
今でも県とJA、農家、メーカーが一体となってその品質を守り抜いています。
全国で使われている山田錦は実は兵庫の地米なのです
(ちなみに、大黒正宗しぼりたてに使っている兵庫夢錦も平成5年にここで生まれ、
弊社も試験醸造に携わりました)

もうひとつ。
大黒正宗でも非常にお世話になっている酒造りの要のひとつ、『協会酵母』。
これは、むかしむかし、官立の醸造試験所が醸造安全と酒質の向上のために全国に求めたのですが、
その第1号となったのが、櫻正宗さん(灘・魚崎)の酵母なのです。(協会1号)
あっ、正宗の元祖も、宮水を発見したのも櫻正宗さんですね


こんな灘の地で酒造りに携われることが、めっちゃかっこええ
と思ってしまった一日でした
しかも、売り手や飲み手の方々のお顔が見える酒造り



IMG_8718
先日灘研BBQで飲んだ日本酒達

3本目の酒母立てをしました&十五

こんばんは
ただいま、モト(酒母)の汲み掛けの合間です

10月21日に初洗いを迎え、今日で3本目のモト(写真一番手前)が立ちました。
1号から順番に、香りも状貌も順調に酵母が育ってきています

1本目は毎年のことながら、いろいろ神経を使います
米の溶け具合、
暖気入れでの温度の上がり方、冷却時の下がり方、
泡の様子、香り…

1本目でなんとなく今年の感じをつかみ、
今までの勘を取り戻す(←ホントか)と
2本目からはそんなにヤキモキしなくなります
(注手を抜くということではありません)

こういう感じって、もしかしたら子育てにちょっと似ているのかな。
まだしたことがないけど

IMG_8786




話は変わりまして…

の『大阪国税局清酒鑑評会』の燗酒用清酒部門
大黒正宗『十五』を出品いたしました。

特約店や消費者の方々からご好評いただいていたし、
自分で飲んでもおいしいなあ〜と感じていたので
どんな品質評価をされるのか知りたかったのです。

結果は、高評価をいただきました
結審では、19名の評価員のうち12名の方に1(優秀)、7名の方に2(優良)、3(良好)はナシ、を付けていただき、
欠点の指摘事項はありませんでした

良い評価をもらえるってやっぱりうれしいですねぇ
奢らずにますます精進しなければ…

と、いうわけでこれからの季節、『十五』もオススメです

ところで、11月に入ったというのにこのヌクさ
もう少し気温が下がってくれたら燗もよりおいしいし、
酒造りにもいいのに…

IMG_7462
月別アーカイブ
楽天市場
記事検索
プロフィール

daikokumasamune

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ