忙しさの山を登りはじめた…という矢先、エラいことが次々と起こりました

・パートのおばちゃん、転んで手首骨折
・飼い主コンタクトレンズ紛失(買いに行く時間がない
・蔵人宿舎食堂のスペアのない特殊な蛍光灯がバチッと音を立てて切れる
 ・
 ・
 ・
こういうときに限って大なり小なりの厄介事は重なるものです

なによりも、パートのおばちゃんは、従業員の誰よりも勤続年数が長い大ベテランで、
この時期の製品の仕上げや出荷などなど多くをお任せしており、
また、実際やるべき仕事の何倍ものことをしてくださり、
みんないろんな面で頼りにしてきているのでホント〜にイタイ

幸い、彼女は仕事がとても早く、だいぶ先のことまで進めてくれていたので
この忙しいピークはなんとかなりそう…いや、みなでカバーし合ってなんとかしなければいけません
彼女がムリをせずに1日でも早く復帰できることを祈りつつ…

こういうピンチの時こそ、大切なのはお互いの意思疎通ですね!
あらたまってではなく、とにかく小さなことでも何でも報告・連絡・相談する!
傍目には忙しくてバタバタしているようにみえても、意外と融通が効くことはあるものですから!

みんなで何とかこのピンチを乗り切っていきたいと思います
皆様には、出来る限りご迷惑をお掛けしないようにいたしますので
どうぞよろしくお願いいたします

DSC_0417
蔵では酒母室が満員御礼(ウチは4日で1本仕込みのペース)
明日、1号の酛(酒母)が嫁に行きます
写真左端が添(ソエ)を仕込むタンク通称:マルタロウ
ここ1、2年の仕込みはじめ頃まで長引く残暑に備えて、サーマルタンクに替えたのですが、
どうも今年はいつも通りの気候のようです