大黒正宗blog

安福又四郎商店の公式ブログです。

2015年02月

「灘の酒まつり」無事に終了しました!

2月19・20日、御影クラッセ1階広場にて行われました「灘の酒まつり」
大盛況で無事に終了いたしました。
年に2回のこのイベントも、もうすっかり地域に定着しましたね〜
お越しいただきました本当に沢山の皆様、
どうもありがとうございました

2日間とも、一人で大黒正宗ブースを切り盛りしたのは池やん
遅くまでお疲れ様でした

お客様方と直にお話できるのもこのイベントの良いところ
何でも訊けて何でも言えちゃうのがウチの良いところ
また歯に衣着せぬご意見をくださいますようお願い申し上げます

今回参加の酒蔵は(東から)…
大関、日本盛、白鹿、白鷹、島美人、
道灌、松竹梅、浜福鶴、桜正宗、
白鶴、菊正宗、剣菱、福寿、泉正宗、大黒正宗、
沢の鶴

そうそうたる銘柄が連なっていてホレボレします
これからも灘の酒がますます盛り上がっていきますように

FB_IMG_1424434389866DSC_1159DSC_1157FB_IMG_1424596981904FB_IMG_1424495472993

2/19・20 「灘の酒まつり」のお知らせ!

今年の冬は本当によう冷え込みますね〜
それでも少しずつ明らかに日が延び、春が近付いているのを感じます


さて、恒例イベントのお知らせです
灘の酒まつり

阪神御影駅山側の「御影クラッセ1F広場」に灘五郷の酒蔵が一堂に会します

とき 平成27年 2月19日(木)・20日(金) 両日共 17:00〜20:00

1セット500円で、灘の酒3種類をおつまみ付きでお楽しみいただけます

弊社ももちろん出店いたします
大黒正宗ブースでは、
定番の「大黒正宗・原酒」各種と、先日新発売となりました「純米吟醸無濾過生原酒」、
そしてまだまだ寒い中ですので燗もお出しする予定です
酒造りもできる某大輔似の我らがスーパー営業・池田
みなさまをお迎えいたします
(※池やんの写真は昨年のものこの時も激寒で燗酒が飛ぶように出ました)

みなさま、お仕事帰りにお買い物帰りに
どうぞお気軽にお立ち寄りくださいね

詳しくはこちらをごらんください。
http://www.nadagogo.ne.jp/


あっ、もちろん乾杯は「灘の酒」で

IMG_3989IMG_348389275615365

済川先生お別れの会

今まで一度も使ったことが無かったパワーポイントを仕事で使う機会を得、
毎日格闘中です

さて先の日曜日、
灘を日本一の酒どころに到らしめた所以のひとつである「宮水」の保存研究に
半世紀以上も尽くしてこられた、
済川 要先生のお別れの会がノボテル甲子園にてありました。

「都市開発における地下水保全」
宮水しかり、住吉川上流から引いている専用水道(酒造用)しかり、
実は灘は、その相反しがちなふたつが両立している世界でも類稀な地域なのです
それが、先生のご尽力の賜物であることは言うまでもありません。

なんと世界中から視察があるのだとか!
あの震災でも一時的に濁りが生じたものの、見事に蘇ったそう。
昔から阪神間では建設工事や道路工事等がある度に、
地下水脈を守るため、綿密な事前協議が持たれてきました。
場合によっては、工法が変更になったり、中止になることも。
また、水脈上の井戸水の定期的な成分分析も行われています。

全身汗だくの夏に、
寒さで手がかじかむ冬に、
毎年2回、酒造組合に灘の酒造会社の者達が集まって、
宮水地区(西宮)、神戸地区すべての井戸水採取・分析を行います。
(昨年度より白鶴酒造さんに会場を移して行っております)
その分析を、最近まで先生とご一緒させていただいたのが大切な思い出…
分析値をご覧になっただけで、どこの井戸か分かりはる先生に驚愕したものでした。
先生の研究所には50年前の宮水も!
一方で、冬の分析の時にはいつも欠かさず、
逆バレンタイン板チョコをくださるというお茶目な一面も…

もう先生にお会いできないと思うととても寂しいけれども、
おそらく、お別れの会に参列した本当に驚くくらい沢山の人誰もが(私も)
ほっこりした気持ちになったのはやはり先生のお人柄の為でしょうか。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

なお、先生のご遺志はご子息様方、スミカワ研究所の皆様が引き継いでいらっしゃいます

IMG_20150208_171833DSC_1136

絵を見に!

この前の日曜日は仕事お休みだったので、
新聞に掲載されていて「あ、これいいなぁ見たい!」と思っていた絵画展に行きました。
ギャラリーのある北野界隈は、近くにありながら気が付けば長いこと足を運んでおらず
久しぶりに行くと、あらためて神戸らしいいいところだなあと感じます。

「もふもふ堂 http://mofumofudo.com/」さんの『昭和の神戸 絵画展
神戸市内に市電の走っていた昭和40年代を描いたイラスト展です。
原画を間近でみるのっておもしろいですよね〜。
絵が何を使って描かれているのかとか、その濃淡や筆圧までもが見えたりするから
(全然詳しくないので、分からないことのほうが多いけど

そういえば、大黒正宗の前杜氏(醸造部長)や、御影で生まれ育ったパートのおばちゃんが、
「昔は須磨の方から石屋川まで市電が走っていたんやで」と言っておりました。
その時は「へえ〜」とは思ったものの、今はその面影も残っていないし、
震災後こちらに来た私にはいまひとつピンとこず…
でも絵には、現在も残っている建物が多く描かれ、どこの場所を描いたものか分かるので、
絵を通じて当時の情景を思い浮かべることができました

気に入った風景のポストカードと、
もっとも好きだなあと思った1枚の大きいポスターを購入
お気に入りポイントは、後から気付いたのですが、
よーく見ると、イラストの市電の広告が白鶴さん!

昭和40年代は日本酒の出荷量がピークだった頃です。
(ちなみに全体の製成量は昭和48年をピークに現在まで右肩下がり
古き良き時代… 
いいえ、誰も彼もが日本酒を飲み、酒と言ったら日本酒、の時代はもう戻って来なくても、
これからは、また新たなおもしろい日本酒の時代です

IMG_147028627057801IMG_3925IMG_3921

新商品!大黒正宗・純米吟醸無濾過生原酒 出荷のお知らせ

酒造りにはもってこいの、一日中冷え込む日が続いております
大黒正宗でも、昔から、1月最終週が出品酒の仕込み(一本勝負が多かった)と決まってましたので、
もし今年出品酒造れたとしたら(今は蔵が無いので出品できないけど)気候が味方についたなあ〜


さてお待ちかね、つい先日揚がりました大黒正宗の新商品のお知らせです

大黒正宗 純米吟醸 無濾過生原酒

1.8L … 3,500円 (税込)
720mL … 1,750円 (税込)

明日2月2日(月)より出荷いたします

お求めは、弊社直売所または大黒正宗特約店にて承ります


白鶴さんのご協力の元、
お客様や特約店様のご要望にようやくお応えできるかたちとなりました

兵庫夢錦と今回の麹菌(もやし)、酵母の組み合わせは、
昔、前杜氏(醸造部長)の頃に行ったことがありました。
不思議なもので、麹や醪の経過や香り、味、
また上槽時の酒の味・香りに、ちょっとなつかしいものも感じたり…
「やっぱり大黒の匂いがする〜」みたいに
大黒正宗らしい酒に仕上がったのでは、と思っております。

みなさまのご感想・ご意見をお聞かせくださいね!
ぜひ厳しいものもよろしくお願いします

10945397_778096188945349_5414140234998232779_n
月別アーカイブ
楽天市場
記事検索
プロフィール

daikokumasamune

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ