大黒天人の活動内容

・スマートフォンやPCの周辺機器等を
購入した情報や比較検証を投稿するサイト

大黒天人のガジェット通信

基本不定期投稿
(月に2タイトルから4タイトル1タイトルにつき4日連続投稿)

 投稿時間:18:00

・大黒天人が読んだ、不動産投資本や
自己啓発本などを大黒天人なりの切り口で投稿するサイト 


基本週一回(曜日は水曜予定)

 投稿時間:11:00



健美家コラムに掲載しています

健美家での活動に関する投稿等は
ココにあります


大家さんの学校にて執筆しています

大家さんの学校での執筆等は
ココにあります



不動産交流会ナビ


「不動産交流会ナビ」

こちらも宜しくお願い致します         
             
今回は前回の表題の続きです。

海外の法人で日本に出稼ぎで仕事すれば、

所得に対し税金がかからない国の国籍の方だと

税金がかからないのでしょうか?

私が調べた限りでは、海外の国籍の方が個人で日本に来て稼ぐ場合、

日本への滞在が多い場合も日本の税法が適応される可能性があります。

つまりこの芸能人がいくら国籍を海外に移したとしても

日本で個人に稼ぐ限りは日本の税法が適応されます。

さらには、海外法人からの給与であっても、

日本での滞在が多い外国籍の方に対しても

日本での税法が適応される可能性が高いという事です

まあ、当然でしょう。そういった方の抜け穴は決して許してはいけません。

この詳しい話は税理士さんなどに聞いてみてください。

(この話題でのこれ以上の話はここでは話せないので)

あれ以降、該当の芸能人は無期限の活動自粛されたそうですが、

テレビのスポンサーが出演を許さないでしょうし

個人的には二度と活動しているのを見たくはありません
(まあ、テレビを見ない私が行っても説得力がありませんが)


次回からは別の話題にしようと思います