2008年07月06日

HDR-TG1

HDR-TG1


HDR-TG1を購入してみました。といっても1か月ほど前のことです。
こいつの特徴は、色々なWebサイトで既にレビューされていますから、ここではあえて書きません。
ハイビジョンビデオカメラの購入を決するときに、何が一番困るかというと、「画質がどの程度かが判らない」。ということでしょう。フルHDの画像をサーバーにアップしてくれるような物好きは少ないわけで、HDR-TG1の場合もサンプル動画といえば、"eyevio"上での動画を流しているものが9割以上でした。もちろん、全然フルHDではないので、まったく参考になりません。HDR-TG1の場合は、AV Watchの小野寺氏のレビューが最も有名、と申しますか、普通に探したらこれしかヒットしません。ただ、残念なことにこの動画の撮影条件はすこし厳しいですので、あまり綺麗に見えませんでした。特に、同じ位置で別のハイビジョンビデオのサンプルをも撮影されているのですが、そちらが晴天下での撮影であるため、HDR-TG1の動画がとても劣ってみえます。具体的には解像度が低く見える。

しかし、実際に購入してみると、ここまで画質はひどくないと思います。CCDが小さいから確かに暗いところでは辛いと思いますが、晴天下ではかなり解像度の高い絵がとれます。個人的には、解像度よりも気になったのは「ハイダイナミックレンジ」の処理。色のトビ方がどうも不自然に思えました。最近のシェーダーバリバリのFPSっぽいというと、ピンと来る方は来るかもしれません。

ごちゃごちゃ書きましたが、この小ささでこの画質はもはや驚異。僕は今までもSD画質の、いわゆる「ハンディーカムビデオ」を持っていましたが、カメラが一眼レフなこともあり、最近ハンディーカムの出番はめっきり減っていました。しかし、この子が来てからHDR-TG1をサッとカバンに入れて軽々とお出かけしてしまうことが多くなりました。カメラ中心のスタイルから、「動画もいいんじゃね?」的なスタイルに代えてくれる面白いプロダクトと言えるでしょう。グッとくる人は間違いなく「買い」です。

逆に、この感覚が判らない人は、買わない方が幸せになります。だって、このサイズのビデオカメラを買って、運動会にしか使わないのでは、悲惨ですからね。
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/daikon404/65054762 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

コメントする。

絵文字
 
星  顔