10月16日(土)西国分寺で映画「棘2」上映会

211016「棘2」西国分寺上映会ビラ表

211016「棘2」西国分寺上映会ビラ裏

映画 棘2 上映会

不当逮捕から641日、
あの男が返ってきた!

戦後最大の労働組合弾圧に立ち向かう労働界のレジェンド
関西生コン労働組合 委員長
武建一が今全てを語り尽くす!

日時  10 月 16 日(土)午後2時開始(1時30分開場)
会場  都立多摩図書館・セミナールーム
   国分寺市泉町2丁目2番26号
   JR中央線・武蔵野線「西国分寺駅」南口下車 徒歩7分
上映協力金  800円


●7月13日、関西生コン労組の武建一委員⾧に「懲役3年・執行猶予5年」の判決が下された。ストライキなど正当な労働組合活動を有罪とする不当判決だが、国家権力が狙った実刑=収監を阻んだ!
●武委員⾧の半生を描いた映画「棘」の第2弾が完成しました。戦後最大の労働組合弾圧を許さず、関西生コン労組を支援するために上映会を開催します。どうぞご来場ください。

新型コロナウイルス対策としてマスクをご着用ください。

主催 関西生コン労働組合の弾圧を許さない東京の会
お問い合わせ 電話:042-644-9914(多摩連帯ユニオン)

 

棘2 独白。武建一

戦後最大の労働組合弾圧を許せるのか?

 幾多の権力や暴力装置の弾圧を受けても、その度に蘇生する関西生コン。
 何故、蘇生するのか。それは逃げずに、絶えず命を張って闘っているからだ。武建一が世の中の不合理さにたたかいだしてからおよそ半世紀。数々の闘いの歴史である。
 だが何故、闘うのか。それは労働運動を守る大きな理由があるが、それだけでは無い。
 昨今、「警察国家」が戦前の悪法「治安維持法」を手本に、きな臭い活動を開始している。これは恐ろしい悪夢を見る思いだ。増殖させれば「自由」を奪い、民主主義など片隅に追いやられ、徐々に息苦しい戦乱ムードに流れ込む恐れがある。
 これは絶対、闘わなくてはならない。「自由」のために。

「やられたらやり返す。三倍返しだ!」
プロデューサー 平林猛

 奄美群島徳之島に生まれ育った武建一。裸一貫で大阪の生コン業界に飛び込んで60年。蔑まれ、虐げられていく中で労働運動と出会い、大きな目標を持った。それは労働者として誇りを持って働ける環境作りであった。
 その為に闘った。正月3ヶ日しか休みがなかったタコ部屋から始まった運動は賃金を上げ、休日を作り出し、福祉、雇用、退職金など資本家と闘い締結した。
 だが、このような組合の取り組みが「警察国家」によって一方的に断罪された。
 コンプライアンス活動が「恐喝」、ストを打つと「威力業務妨害」だと逮捕される。これが現実だ。今回の一連の事件で89名が逮捕、71名が起訴され、執行委員⾧の武建一は「懲役8年を求刑」を受けた。
 信じられない。だが、武建一は「やられたらやり返す。三倍返しだ!」の関生魂だ。

「ふたつの顔をもつ男」
映画監督 杉浦弘子

 2020年5月29日に⾧期勾留を解かれてから、およそ1年。2年間近い空白を埋めるかのように精力的に人に会い、語った武建一委員⾧。その清濁を包み込むような柔らかな語り、時には目を輝かせ、時には語気を強め世に喝を入れる。
 その二面性を表すように「私の顔の半分は優しく、もう半分は闘いの顔と言われるんです」と武建一は語る。「優と闘」ふたつの顔を合わせ持つ男の独白を一刻も早く皆さまに届けたい。
 その想いを抱きながら「棘2」~独白。武建一~は完成した。二年間の時空を超えて、今、武建一が激白する。

7・23五輪開会式粉砕!菅たおせ!7.23渋谷デモへ

210223五輪粉砕デモビラ表
210223五輪粉砕デモビラ裏
五輪開会式粉砕!

たおせ!

SAVE LIVES SHIBUYA DEMO

7.23渋谷デモ!!

Smash the opening ceremony of the Tokyo Olympics!
Overthrow the Suga administration!



7/23 金・休
15:00 集合
 @はるのおがわコミュニティパーク
15:30 デモ出発
17:00~18:00 リレーアピール
 @渋谷ハチ公前

※東京五輪開会式は20時~23時30分と発表されています(7/3 現在)。夕方以降の会場近くの抗議行動も検討しています。

●はるのおがわコミュニティパーク
渋谷区代々木 5-68-1
小田急線「代々木八幡」駅
北口から徒歩6分
東京メトロ千代田線「代々木公園」駅3番出口から徒歩5分

主催:「改憲・戦争阻止!大行進」実行委員
http://stop-kaiken.blog.jp/

 

怒りの行動で東京五輪を止めよう!

京五輪を通して政府が狙うのは、第一に、国威発揚。出征兵士を送るように「日の丸」を打ち振らさせ、観兵式を繰り返すように「君が代」の演奏ができる。政治・経済・文化・社会、あらゆる側面で進むこの国の沈没と崩壊と破たんの下で、「日本強し」の姿を見せつける千載一遇のチャンスとして。

第二に、関心隠し。森友、加計、アベ桜、そして諸々の金まみれ議員や特権企業とアベ・スガのつながりを隠す。さらにここには、台湾をめぐる米中・日中の戦端開始を視野に入れた戦争への動きを隠す目論見さえある。

第三に、経済欲求。コロナ問題は経済再生大臣が担当していることを忘れてはならない。有観客はスポンサー企業や内外の大会関係巨大企業の強い要求による。コロナ禍が拡大しても儲けられればよいというのは、命の上に利権を置く政策そのものである。

ガ政権の五輪強行はおかしいと思っている人は多いが、そこで立ち止まってはいないか。
時にはスポーツにひたり、憂さや不満や怒りを忘れたいと人は思う。だが、あなたに憂さや不満や怒りをいだかせた原因を作った者が、あなたにそのことを忘れさせようとスポーツを仕掛けたとしたらどうするか。一歩進み出て、「そのウラにあるもの」を暴き出そう。
 
飲食店経営者やその関係者の皆さん。この国の政府には、本気でコロナ禍と対決する気などまったくない。そのことはこの間の皆さんへの対応で明らかだ。
アスリートやその関係者の皆さん。政治の五輪利用はナチスヒトラーの時代から常に狙われてきた。この国の中国大陸侵略の偽装にも使われようとし、1940 東京大会は返上に追い込まれた。今あなた方はあらためてその道具に使われようとしている。

人の命と健康を守る使命を担う医療関係者の皆さん。皆さんの代表として政府の近くに身を置く人たちが、命をないがしろにする政治に忖度し、口を濁している。これでよいのか。
国民の権利と生活を守って日々営々と努力している各分野の専門職の皆さん。過去、国民の権利が根底から踏みにじられたその先に何があったのかを思い起こそう。

そして、コロナ禍により自身と自身の家族の生活が土台から破壊されようとしている労働者の皆さん、極限まで分断され将来が展望できなくなっている学生の皆さん。不審のつぶやきを怒りの決起に変え、この状況を作り出した下手人を引きずりだし、みんなの力で正義を取り戻そうではないか。

怒りを! 五輪の号砲は戦争の号砲だ。私たちの怒りをもって五輪を止めよう!

6・12集会&デモの会場変更について

210612都立病院なくすな集会&デモ表改

 緊急事態宣言の再延長の可能性が高まったことを受け、「都立病院なくすな6・12集会&デモ」の会場変更することになりました。
 新しい会場はJR国立駅南口より徒歩4分の「スペースコウヨウ 5階 貸会議室」です。国立市公民館の手前の向陽ビルの5階になります。

map2
 開始・終了の時間は同じです。お間違えのないようよろしくお願い致します。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ