最近中高年男性の間で、
プラモデルがまたはやり出しているらしい…。
シニア層や、その年代に近い世代の方々というので、
ホントに年配の方たちのようです。

あの細かい作業を老眼でするのは、
なかなか苦労ではないかと思うのですが、
好きで楽しいなら頑張れるんでしょうねー。

頭も使うし、指先も使うし、
ぼけ防止にもいいのかもと思ってしまいます。

なんでも新宿にプラモデル制作ができるレンタルスペースもできてるそうで。
やはり利用者は中高年が多く、
「大人のたしなみ」として根付けば…と足しげく通ってらっしゃるとか。

そこまででも結構「ほぉーーー」と
思って読んでたのですが、
俳優の石坂浩二さんもプラモデル愛好家なんだそうで。
同好会「ろうがんず」を立ち上げて、
老眼モデラーと交流しているそうです。しかも6年にもなるとか。
へえーーーーって感じじゃないです??

6年目の今年の秋には、
横浜市内で「プラモデルコンテスト」を開くそうですよ
その賞金が50万円!
さすが石坂浩二…。
老眼になってる中高年しか出場できないのかしら??
子どもが出てもいいのかなあ??

ところで年配の方々が、
熱中するプラモデルって、こんなのですかね?