大阪でマイホームを建てる 〜泉北ホーム〜

マイホームを建てるまでの記録

アクセス数の急増!?

ブログを書いていて、何より多くの方に見ていただけるというのは嬉しい限りです。
ここ数カ月の傾向として、アクセス数が急増しています。

1日100を超えることも、ザラにあります。
何なんでしょうか・・・。
泉北ホームの知名度が上がったのか、それとも、単なる通りすがりでしょうか・・・。
いずれにしても、有難いことです。
googleでも、検索2位ですしね。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




電気代

生活して1か月経ちますが、やはり気になるのが電気代です。

以前より、家が大きくなったのは確かですので、気にはなっていました。

延床面積170平米。夏場の8−9月。
平日の日中は留守がちですが、居宅時は、1階のエアコンはつけっぱなしです。
2階は、就寝中の時間のみ、ドライ運転です。
また、オール電化ではなく、ガス給湯です。

1階は単純に80平米ちょっとですが、家庭用エアコンの最大の7.1kwサイズ1台の運転のみで、全館空調の気分が味わえます。

さて、そんな利用状況の中で、電気代は・・・「1万数百円」

高いか安いかは、個人の主観ですが、私の判断は・・・「安い!」

政府が、新築全戸に次世代断熱を義務化するなんて、報道がありますが・・・。
賃貸マンションの以前の生活と比較すると、電気代が2/3になったような感じです。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




住んでみて・・・1か月

生活を始めて、1か月・・・。
泉北ホームのお家に住んでみての感想は・・・。

。嘘が非常に涼しく、2階が熱い。。。
 今年は冷夏ということもあるのでしょうが、1階は朝夕、そして日中も意外と涼しいですね。しかし、2階に上がると、湿気と熱気がこもっています。帰宅時には驚きます。屋根断熱だと弱いかもしれません。屋根裏に登って、天井断熱を追加する日曜大工を考えたほうがよさそうです。

階段がきしむ・・・。
 泉北ホームのアフター担当いわく、木が馴染むまで、様子をみてください。

床のキズ、クロスキズが数か所ありました。
 引き渡し間もないために、泉北ホームが修繕を行ってくれました。 

い湯が出ない
 これは単なる、ユニットバス設置会社の不手際です。すぐに飛んできてきてくれました。

イ湯がぬるい・・・。
 標準設定だと、50度−6度の範囲でしかお湯がでません。パナソニックがいういは、事故防止の観点から・・・ということでした。設定変更を行いました。


Εロスのたゆみ
 ある程度は仕方ありませんが、数か所に気泡がみられました。

和室の引き戸の動きが悪い

┘瀬ぅ蓮璽疋◆璽箸榔修曚俵くない
 内装の追加工事の際に、業者の方がキッチン床を傷つけたのので補修を行ってくれました。普通にものを落としただけで、床に穴があきました。期待したほどの防キズ効果はなさそうです。

コンセントは多いほうがいいですね。
 我が家はOPで、思いつく限りのコンセントを付けました。ただ、LDK27畳と和室6畳なので、掃除をするのに、もう一つくらいはコンセントがあったほうがよかったかもしれません。
 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ







引越し

今日は、引越しです。
これまでの住所から約16キロ程度の移動です。
アリさんマークの引越社で、引越しを行いましたが、金額にして5万円!。安い・・・(エアコン別途)。曜日も時間も指定しませんでした。

てっきり、3tで2人の作業と思いきや、4tで4人の作業で行ってくれました。
天気は小雨・・・。

荷出しに2時間、荷入れに1時間半くらいでしょうか・・・。
邪魔にならないように、じっとしてるのも退屈でしたね。

でも、非常に丁寧なスタッフの方々です。しっかりと教育されているんですね。
自分である程度、養生をおこなっていたこともあって、問題なく終わりました。
午前が大雨だったこともあり、開始時刻が1時間遅れ。終了は19時を回って、すっかり暗くなりました。。。

ところで、エアコンの取り外しを行っていただいたのですが、中にカビが・・・・。クリーニング(1台1.5万)を行う必要があるので、取付は後日となりました。
購入して4年程度なので、迷いましたが、取付業者がいうには、「エアコンの寿命は15年くらいです、ガスが抜けるなんてこともありません」。
新しく購入することも考えていたのですが、その一言を信用することにしました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

泉北ホームを総括。どう評価できるのか

CS(顧客満足)の問題意識が薄いこと
瑕疵というには、仝琉佞砲茲諤赱咫´過失による瑕疵があります。,蕨棲阿任垢掘∪北ホームに限ってはそのような事はありません。
しかし、△亡悗靴討亘[Г篁楾基準の知識不足、連絡ミスなどによって、どの企業でも生じ得ます。
多くの施主がCSを満たせない、「こんなはずじゃないかった」と思う原因は、A)施主と設計士の打ち合わせ不足、B)設計士から工事担当者への連絡不足が原因ですが、泉北ホームは両方に関しての対処意識が薄いというのが実感です。

例えば、トイレのタオル掛けの位置が気に入らないので、現場監督に確認すると、「これが泉北ホームの標準です」と設計から指示を受けたように主張されます。しかし、その根拠となる標準仕様書を提示してもらうと、そのような設置に関する規定はありません。詳細は別添資料という記載のあるだけですが、肝心のその施工資料が作成されていないので、現場が勝手に取付位置を決めてしまいます。つまり、設計担当と打ち合わせを行ったわけでもなく、設計担当からの指示もないので、取付業者が自由に取付を行ってしまいます。施主が悪いわけでもなく、現場判断が悪いわけでもありません。
しかし、この点に修正依頼を行うと、施主が悪いということで、別途費用負担を迫られます。

こういう問題を回避するために、他のハウスメーカーは展開図やパースといった書類を施主に渡すのが一般的ですが、そういう行為はありません。
つまり、泉北ホームは細かいことは現場判断で行えばいいという理解なのでしょうが、施主からすれば、日々手に触れるモノに、妥協はできません。

第3者管理の建築士が指摘を行った法律上or取付マニュアル上の瑕疵が生じる理由も、設計から現場への指示不足=現場判断というのが原因というのが、納得できますね。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

泉北ホームを総括。どう評価できるのか

その一方で、課題も数多くあります。

\澤彙甘の企画提案が著しく少なく、打ち合わせが不十分であること。
●この点は、このブログでも数多く指摘してきましたが、大きな課題です。
 確かに狭小地で建てる場合は、施主の意向を差し挟むというより、各種の制限が多く、施主の自由が利かないというのはあります。しかし、何ら制限のない建築の場合は、施主の自由度は高い反面、施主の意向を十分に取り入れた設計でなければ不満ばかりが残ります。
泉北ホームの場合、それに対する、打ち合わせや企画提案が極端に少ないのが印象的でした。施主サイドとすれば、施主から積極的に具体的な指示を行わない限り、家が2階建の180屬△蹐Δ函3階建の100屬世蹐Δ函同じ基準で図面を引かれます。また、施主は設計担当に対して、制限を受けるとされる法律や規制上のmust(〜しなければならない)とwant(〜することが望ましい)の区別は十分に確認する必要はあります。設計担当の早とちりや、勘違い、知識不足ということが、散見されました。
完成しても、こんなはずじゃなかった、こんな説明を受けていないという不満が生じやすいでしょうね。建売業者なら、これでもいいんでしょうけどね・・・。

⊇蝶笋涼甘制度であること。施主に対応できる、一貫した担当者がいないこと。
●営業は営業、設計は設計、現場は工事部・・・。泉北ホームの場合、基本的に縦割りですし、それが打ち合わせの基準です。必然的に、それらの重複する部分に関しては見落とされがちになります。ここの部分に関しては、相当、注意が必要です。
 また、特に営業が詳細は設計担当と打ち合わせで決めてもらおうと思っていても、設計担当はに既に合意済みの項目だと、安易に考えがちです。契約前の図面作成で、営業担当は安易に壁を増やそうとしますが、一旦図面上に書かれてしまうと、本来は不要だったとしても、見過ごされてしまいます。まぁ、設計担当自身がmustとwantの区別がつかないと話にもなりませんが・・・。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


泉北ホームを総括。どう評価できるのか

我が家を泉北ホームで建てると決めて、9月を要しましたが、ようやく完成・引き渡しが終わりました。
泉北ホームを、どう評価するのか?

まず、建物そのものとしての評価は次の通りです。
々渋づに問題はないこと
 ●我が家は第3者管理を入れて、建築中6回にわたり、現場の立入確認を行いました。多少の修正の必要はありましたが、いずれの結果も概ね問題はないと判断されましたし、必要に応じて十分に独自の工夫が施されています。決して、建売メーカーとは異なりますし、安かろう悪かろうの家でもなければ、決して、手抜きがあることはありません。建築基準法の規定以上の構造体であることは間違いありませんし、安心できると思って間違いありません。

同クラスの価格帯の家に比べ、設備は満足できるレベルにあること
 ●我が家のコンセプトは、「手に触れるもの、眼に見えるものにコストを惜しまない」です。しかし、贅沢を言わなければば、泉北ホームの標準で満足はできます。ローコストでありながら、付帯設備に関してはメーカーの選択肢も多く、必要なアイテムは泉北ホームの標準仕様に組み込まれています。とりわけ、キッチンやユニットバスに関しては、標準に組まれている内容は多く、OP品は必要ないかもしれません。一般的にいえば、契約時の提示価格から大幅にブレることはないでしょうね。壁紙のクロスをOPに変更する程度だと考えてもいいかもしれません。

7築現場もきれいに整理されていること。
 ●周辺に対する、配慮も十分に行ってくれます。車両の出入りに関しても、また、養生や、廃材の整理などもきっちりと行われており、問題になることはなさそうです。現場監督も誠実な方でした。こういったところからも企業の姿勢がうかがえます。

引越前に、近隣に挨拶に行くと、「泉北ホームってしっかりしてる会社ですねぇー」という言葉がありました。話を聞くと、基礎部分や、清掃に関しての評判がよかったようです。基礎??勝手に入って見られてましたね・・・・w。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

祝!引渡

今日は、銀行決済と、カギの引き渡しです。
ネットで、借入の実行と泉北ホームへの入金の確認を行いました。

昼過ぎに泉北ホーム本社へ行って、カギをもらいました。
鍵の数量の確認も、受領書へのサインもなく、そんなモンなの???

早速、自宅となった我が家へ赴き、簡単に荷物を入れました。

改めて、マイホームを手に入れた実感がわいてきました。。

賃貸の引越しは、これまで7−8回行ってきましたが、もう引っ越すこともないのか・・・と思うと、それもまた寂しい気がしますね。

来週には、引越しですので、また慌ただしい週末を迎えそうです。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

完了の確認検査

本日は完了の確認検査です。
営業担当、設計担当、IC、現場監督の3者で確認を行いました。
まずは、事前に確認できた補修個所の具合を確認。
立ち会った、義父の一級建築士が床下や天井の点検口などの確認も行ってくれました。また、図面通りに建築がおこなわれているかどうかのレベルの確認も合わせて行われました。
各居室でレベルのチェックを兼ねて、パチンコ球で確認しましたが、概ね問題はありません。若干、転がることはありましたけど、合格でしょうね。

数か所指摘を行いました。ユニットバス上部の点検口から見ると、断熱材が垂れていたり、クロスのキズなども目立ちました。

銀行決済まで1週間ありますので、その間までに補修を行っていただきます。
もう少しで引渡です。楽しみですね。

気になるのは、保証に関してです。
3年、5年、10年などの保証期間が定められており、保証書たるものを渡されましたが、約款などの交付はありません。シロアリの保証書も然りです。現場監督に確認しても、約款などは存在しないといわれました。マンガのイラストで、●●した場合は保証されませんというような、ペラ1枚だけです。こんなので大丈夫なのでしょうか?問題が生じなければ、それでいいのですが、泉北ホームは十分な説明責任を果たしたといえるのでしょうか?

まぁ当方とすれば、これ以上の説明は無い!と言われた以上、どうしようもありませんので、仕方ありません。

br />
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





工事期間中の泉北ホームの評判

完成も近いこともありますし、隣地との境界の事もありますので、ご近所に挨拶に伺いました。
「工事中にご迷惑はかかりませんでしたか?」と挨拶程度に聞いてみると、「泉北ホームってしっかりした会社ですね」との声が返ってきました。
建築業界の方なのでしょうか?
現場の整理もきれいにされていたし、基礎などもしっかりしてますねぇーと近所の方々で評判になっていたようです。
そんなに見られていたのか?と多少戸惑いはありますが、評判がいいことは何よりです。建築中の看板って、いい宣伝になっているんですね。
br />
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ




カーテン選び

泉北ホームはカーテンが標準で30万円分(定価ベース)ついてます。
30万円を超える部分に関しては別途見積もり(約50%値引き)となります。

我が家の契約時は30万円でしたが、最近のチラシをみると全室標準になっていますが・・・。カーテンレールは各居室についています。

メーカーはリリカラのみです。我が家は広いので30万円では納まりませんが、カーテン業者の方と現場で打ち合わせを行いました。
餅は餅屋という言葉の通り、話すと「へぇー]って感じることはありますね。

カタログだけだと、カーテンの雰囲気がわからないので、本町のショールームに行こきます。家のメンテナンスにはお金がかかりますが、カーテンの寿命も8−10年程度のようですね。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ






完了検査

今日は完了検査を行いました。
役所が行う完了検査と、第3者管理が行う完了検査とがあります。

第3者管理が行う完了検査に立ち会いました。
大半の建具もすべて、できあがっています。
目立つキズ、機能的な瑕疵を確認します。

現場監督と、IC担当、工事部スタッフが検査を行ってくれました。
第3者管理の設計士は主に機能面の確認です。
数か所問題点を指摘です。
軒天の汚れ、洗面台の蛇口の動作確認、クレセントの動作確認などの問題点の指摘がありました。
クロスの汚れ、建具のキズなどは、泉北ホームのスタッフがキッチリと確認してくれました。引渡までもう少しです。最終確認が来月初旬です。そこから修繕の予備日に約1週間。来月中旬に銀行決済の後、引き渡しです。
そろそろ、家具選びも必要になってきました。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



また、設計とのトラブル・・・

現地で確認すると、室外機の設置位置とトユが干渉するではありませんか。
事前にエアコンの配置位置は設計士に伝えてあり、図面に記載もあります。

現状の通りの解決方法は二つです。
 ー柴發貿朶疋バーをつけて、ダクト方向を変更する。
 ▲肇罎両紊鮗慂△稜朶疋バーを取り付ける。
上記の解決策の問題点は次の通りです。 
 ”屋の中のデザインが悪い。不細工である。
 耐候性に劣る。5年程度で交換が必要になる。

いずれも解決するには、トユ位置を変更し、室外機に干渉しないように設置する。図面上可能です。多少の手間を要する程度です。

設計担当の意見は、おそらく、,撚魴茲垢譴个いい犬磴覆いということだったと思います。
何度も、このブログでも記載しましたが、その決定を行うのは施主であって、建築士ではありません。施主に対し、十分な説明を行った上で決定すべき事項じゃないのでしょうか。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





ガーデンルーム

豊中市にある東洋エクステリアのショールームに行きました。
外溝のパーツの見学です。
中でもガーデンルームの見学が目的でしたが、予定していたフィリア兇、ちょっとショボイ・・・。悪く言うと、雨戸を大きくしたような雰囲気でしたね。

ということで、グレードを暖蘭物語orZIMAに変更を行いました。
暖蘭物語は、ハイエンドのタイプですが、デザインが古風です。
ZIMAは新しい商品のようで、シュっとしてる印象を受けますね。

ZIMAに決定です。予算はフィリアより25万ほど高いようですが、仕方ありません。

庭のとれる家で、ガーデンルームがあると引き締まりますね。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ



07_06[1]07_01[1]

エアコン コンセントの位置

先日、現場の行ったところ、気になる箇所がありました。
エアコンのコンセントの配置です。

電気配置図にも、エアコンコンセントの図面はありません。

現場監督に確認を行ったところ、200Vのエアコンの場合は天井から500、100Vのエアコンの場合は天井から400の位置が標準のコンセント位置が基準となるようです。
エアコンに対しての左右の位置は施工者判断のようです。

天井から400というのは理解できますが、200V対応のリビング、ダイニングでも400あればいいので、変更いただきました。なぜか、和室エアコンに関しては、100Vにも関わらず、なぜか、天井から600になっていましたので、これも変更いただきました。

徐々に部屋の造作も取り付けられていきます。
和室の壁も取り付けられていました。

今週には、ほぼ作業は終了といったところでしょうか。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


外溝のプランニング

足場も外れたということもあり、外溝の打ち合わせに入ります。

.ーポート ⇒癖評紊離侫Д鵐后´6界フェンス  ぅーデンルーム  ヌ臠癲´Εレージインターロッキング Г修梁召両物(ポスト、表札) といったところでしょうか。

敷地入口から、玄関扉までの距離が短く、高低差(1M)あるので、プランニングに悩むところです。スロープを設けて、門扉をつけることができるかどうか・・・。

最近の家は、門扉がないオープン外溝が多いようですし、門扉は防犯の意味がなさないこともあり、設置の有無に悩むところです。門扉があると、雰囲気がひきしまりますけどね。
ガレージの床は、コンクリートの打ちっぱなしではなく、インターロッキングを引くことにしました。贅沢ですが、タイヤ跡がつくのが嫌だという奥様の主張です。

複数社にプランニングの提出を依頼しました。もちろん価格を競合させる意味もありますが、何よりプランを沢山ほしいからです。外溝は、使う材料の選択が必要なので、商品のラインナップが知らないと、絵が描けません。専門家に頼るところです。
約1週間後のプラン提出に期待します。


にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ





カーポートインターロッキングインナーデッキ

キュビオス

当初より、キュビオスを設置することは、奥様の希望でした。
リビングが引き締まった感じになりますね。

まだ、発注はしていませんが、定価で約70万円でしょうか。
実際は、取付工賃込みで50万といったところになりそうです。

忘れていたのは、ホームシアターのスクリーンを取り付ける可能性があることです。
天井からスクリーンを下ろすと、スピーカー部分が隠れてしまう可能性があるので、変更のプラン作成を依頼しました。

サラウンドスピーカーがトールボーイなので、収納できることがいいですね。
しかし、ウーファーの置き場所に困っているのですが・・・。
センタースピーカをテレビの下に納めるために、壁掛けを採用です。

明日は日本橋へ行って、ホームシアターとプロジェクターの選定です。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

5

足場の解体

今日は、足場の解体がありました。
夕方、現地へ行ってみると、我が家の外観がお目見えです。
我が家に出入りする業者の方から、「大きい家ですね」と頻りに云われていましたが、ようやくそれが実感できました。

足場が外れたこともあって、外溝業者との打ち合わせもスタートしなければなりません。建物の引き渡しまで、まだ1か月ちょっとありますが、プランの作成にもしばらく時間を要するようです。

少し、概観で気になるところは、2階洗面、トイレの排水管が、外に露出していることです。泉北ホームの設計担当は、当然のように主張されていましたので、それを受け入れましたが、実はそうでもない感じです。

確かに、万が一の排水の漏水等を考えると、建物内部に排水管を回すより、外に露出させるほうが、安全策でしょう。しかし、建物正面の玄関付近にに排水管が、露出するのはデザイン上、好ましいことではありません。

その選択肢を提示いただきたかったという思いはありますが、今となっては、後の祭りです。

先だっての第3者管理の指摘にもありますが、泉北ホームの設計担当はやはり、デザインや施主の意向を聞くというより、失敗をしたくないという意識が強いというのが実感できる一面です。

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


046004

火災保険

今日は火災保険を契約しました。
いろいろ検討した結果、AIUに契約を行いました。。

理由は、立地上、水災不担保にできる点です。立地上、水災は考えにくいところです。
その分、家財保険を厚くしました。持出家財を特約として付加したことです。車上荒らしにあった場合に、車内のデジカメ、ゴルフバックなどが補償になるようです。
AIUの難点は、家財で保障できる現金が20万円に限定されることです。国内損保は100万円というところもあるようです。

いずれにしても、バランスに優れた商品なので、契約しました。30年契約で65万程度です。20年契約だと47万程度でしたので、やはり長期のほうが、割安になるようですね。
少し意外だったのは、住宅ローン全期間で火災保険に入る必要はなかったことです。銀行担当者には、1年更新でもいいですよって言われましたね。銀行によっても、いろいろなんですね。
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

表題登記と保存登記

唐突に泉北ホームから電話がありました。
住宅ローン担当という方からです。
これまで、自分で銀行周りを行い、事前審査を行っているので、この電話が初対面です。
要件は、表題登記を泉北ホームお抱えの司法書士で行いたいとのことです。
手数料は表題登記だけで9万円、保存登記は別途。
施主の意向に関係なく、例外なく従っていただく・・・という上から目線にカチンときました。
銀行の場合、抵当権設定は債権保全のため一番抵当権を確保する必要があります。スピードが重要なので、銀行サイドの司法書士でなければという、契約条件をつけるのは理解できます。

泉北ホームがなぜ???

住宅ローン担当が言うには、債権保全が目的であり、転売されると困るとのことです。
しかし、泉北ホームサイドの司法書士を利用しても債権保全の目的は達し得ないでしょうし、万が一にも転売しようとしても何が悪い?

泉北ホームは銀行決済が下りるまで、権利証を留置するというのですが、何の権限があってそれを行うのか?
登記の業務委託契約は、施主=司法書士の間で行うもので、施主の承諾なしに泉北ホームへの権利証譲渡は問題じゃない?

とりあえず、この返事を保留にしました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
楽天市場
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ