4


1.手足がむくんでいて、元気がない。

朝や過度の運動をした後に足首やふくらはぎが腫れ、下まぶたが腫れて垂れてきます。 ストレスやエネルギー不足があり、些細なことにも不安を感じることが多い。

2.体温が異常。

通常、体温は37~38℃で、手足のひらは温かく、体は弱く、口の中は乾いて苦い状態です。 粘り気のある脂っぽい便、胸やお腹がいっぱいになる、冷たいもの、乾いたもの、硬いものを食べるとお腹に違和感がある、口の中に不快な粘液がある、などの症状がよく見られます。

3.視力の問題。

視力は通常の状況では正常ですが、一過性の視力低下は正常です。 頭痛、めまい、嘔吐などの症状があれば、頭蓋内占拠病変を警戒しなければなりません。

4.爪に異常がある。

内臓の機能と流動性は爪に反映されます。 爪が白い、凹んでいる、糸を引いているなどの状態は、内臓の機能が低下していることを意味します。

5.風邪

ちょっとした気候の変化で風邪をひいてしまうことがあり、自然に汗をかいたり、寝汗をかいたり、寒さを恐れるようになることが多いです。 舌は赤く、口は苦く、腸は乾き、尿は短くて赤く、舌は厚くて油っぽい。

6.睡眠の質が悪い。

健康状態が良くない人は、パニック発作、息切れ、理由のないイライラ、胸の締め付け、息苦しさ、睡眠の質の低下、頻繁に夢を見るなどの症状に悩まされることが多いです。

サブヘルスの状態を改善するにはどうしたらいいですか?

1.規則正しい生活をする。

1日3食の適切な配置、食べ過ぎないこと、1食あたり7~8分で十分なこと、ミネラル、ビタミン、タンパク質などの適切な補給、さらには体格に応じた漢方薬の使用などが挙げられます。

2.十分な睡眠を確保する。

理由もなく夜更かししたり、睡眠を後回しにしたりすると、睡眠障害になります。 睡眠の質が悪いと、免疫力が低下し、病気のリスクが高まります。 一番大切なのは、休日でも週末でも、時間通りに起きて、時間通りに寝ることです。

3.もっと運動をする。

水泳や球技、なわとびやランニングなど、自分に合った有酸素運動を選びましょう。 腹式呼吸はいつでもできますし、1日30分を目安に体操をすると、全身の細胞を元気にすることができます。 セルフマッサージは体の表面を刺激し、抵抗力を強化することができますWomen Healthcare

4.良い気分を保つ。

多くの若者は、主にパニック、発汗、手の震え、顔面蒼白などの不可解な不安症状を経験しています。 そのためには、気分転換をしたり、ストレスと正しく向き合ったり、心を広く持ったり、興味の対象を増やしたり、余暇を充実させたりすることが大切です。

5.環境条件の改善

汚染度の高い環境では、健康を害する可能性があります。 家電製品やパソコン、電話などの騒音は無視されがちです。 また、デスクの上に緑の植物を置くことで、室内の空気環境を改善することができます。

精選文章:

維系哪2件小事健康長壽?

脂肪を食べられなくて何が悪いの?

人體透支分為哪些類別?