2006年08月04日

いつも大至のブログを見ていただいている皆様へ・・・

皆様こんばんは。大至です。
このたび、こちらのブログを閉鎖して、別のブログに移る事になりました。
新しいアドレスは
http://ameblo.jp/daishi-sing-a-song
です。
相撲ファンもたくさんいらっしゃるAmebaにいたしました。
また今後とも宜しくお願いいたします。

こちらのブログもしばらくは残します。

ではでは、またいらっしゃってくださいね。


  大至より


つなぎ。。。


daishi0823 at 00:16|PerlmalinkComments(2)clip!

2006年07月30日

2006・6・10 伊東・ひぐらし会館ホール

すごいよーーーーー!

スパ伊東プレゼンツ
『東京都交響楽団チェロスーパーセッション』
日本でも屈指のチェリストが8人!
こんなに贅沢なコンサートがあるのか・・・?って言うくらいの凄いコンサートです。東京都交響楽団(都響)の首席お2人、日本フィルハーモニーの首席お1人。そしてそのほかの方々も本当に素晴らしい演奏をする方々。とにかく凄い人たちの集まりなんだな!これが。。。

そのコンサートの司会進行役と歌とで参加させていただきました。
歌は・韓国ドラマ『冬のソナタ』の主題歌・「最初から今ままで」と、荒川静香選手が冬季オリンピックで金メダルを取ったときの曲、トゥーランドットの「誰も寝てはならぬ」を唄いました。。。

いやー緊張しました!(大汗)

「誰も寝てはならぬ」は初めて。。。これ覚えるのかなり苦労しました。
リハだってこの日初めてだし・・・。
でも本番は何とか、何とか、皆さんから拍手をいただきました。

かなりこの歌にはまりました。またどっかで唄いたいな。

チェロスーパーセッション『誰も寝てはならぬ』歌中.jpg




打ち上げは「スパ伊東」のとなりの割烹料理屋さん(ここ最高にうまいよーーー!)
で行われました。このとき感心したことがひとつ。チェロの奏者の皆さんは、自分のチェロ、大きいのに、重いのに、車やホテルに置いてくることはせず、皆さん、店まで持ってきてました。(うん。感心感心!)僕だって力士のとき、廻しは持ち歩かなかったもんなぁ。。。重たいし!

ってな感じで皆さんとワイワイガヤガヤ。楽しい打ち上げでした。

チェロスーパーセッション打ち上げ3.jpg





左から平田昌平さん、古川展生さん、柳瀬順平さん、紅一点・高橋純子さん、スパ伊東の社長・立石社長、大至の前が日本フィルの菊地知也さん、そして『一休』で共演した田中雅弘さん。他の2人は次の日のスケジュールの関係で先に帰っちゃいました。お名前だけ・・・。長谷部一郎さん、松岡陽平さんでーす。。。

皆さんお世話になりました。
当日の朝から本番直前まで、真剣に練習していた皆さんのあの目!忘れません。
クラッシックは素人のこの僕に優しく手ほどきしていただき、皆さん本当にありがとうございました。そして車で送ってもらった平田さん、家までありがとうございました。。。またご一緒できますように!


   大至





太宰府天満宮から・・・5

タクシーで1メーターくらいのところにあるお寺『大宰府清水山・観世音寺』です。
大宰府といえば天満宮ですが、こちらのお寺は、国宝、重要文化財の仏像がたくさんあります。

大宰府観世音寺は、西暦662年〜681年に天智天皇が母、斉明天皇の冥福を祈るために創建され、完成したのは聖武天皇天平18年(746年)だそうです。その当時、西日本随一の壮大な規模を誇ってましたが、火災や台風のために消失してしまいました。その後再建されるも、規模は元のような大きなものにはならなかったそうです。とは言えど、大きかったですよ。

林の中の静かなお堂は、実に立派なものでした。

平安期の復興以降に造立された仏像は全部で20体を越え、5メートルを越える巨像が3体もありました。どの仏像も優れた作品で素晴らしかったです。どの仏像にも魂が宿っているようで、今にも動き出しそうな仏像ばかり。残念ながら写真は撮れませんでしたが(当たり前です!)、しっかりとこの目に焼き付けてきました。

大宰府に行く機会がありましたら、このお寺にも是非立ち寄ってみては!心が安らぎました。


観世音寺.jpg









創建当時から現在残っているものの中に、日本最古といわれる梵鐘がありました。
(写真です)
こちらの鐘も国宝級です。

観世音寺の鐘2.jpg





daishi0823 at 02:48|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!観光 | 観光

2006年07月28日

美しい門構。。。

太宰府天満宮.jpg


有名な太宰府天満宮の大鳥居です。
美しかったなぁ。。。


太宰府天満宮3.jpg



緑も青青としていて、初夏を思わせる素晴らしい日でした。




太宰府天満宮参道.jpg






仲見世通りは賑わいをみせ、台湾や中国の修学旅行生もたくさん来てました。
ずらーッとおいしそうなものがたくさん並んでました。
名物『梅が枝もち』を食べましたよ!
ホクホクの出来立て。あんこもいい感じで最高に美味かった。やっぱ本場で食べる本場のものはうまいっ!




太宰府天満宮のあやめ.jpg






池には菖蒲の花が咲き、紫色の鮮やかなこと。。。
思わず写真撮りました。
空気も良くて気持ちよかったです。
九州場所でいつもお世話になった福岡のお父さん、大峰さんと一緒に行きましたが、父と子の旅行のようで楽しかったです。
大峰さん、ありがとうございました。



daishi0823 at 01:08|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

5月29日も壱岐に泊まって

本当に長居したくなる場所、壱岐です。29日は現役のころから毎年訪問していた老人ホームの慰問に伺い、おじいちゃんおばあちゃんに会ってきました。。。皆さんお元気で肌もつやつや!やはり温泉と新鮮な魚のおかげかも!皆さんの前でたくさん唄ってワイワイやってきました。楽しかったですね!


30日は、ズーッと念願だった『九州国立博物館』に行って来ました。


九州国立博物館4.jpg



この日はいい天気で最高!
観光のお客様もたくさんいらっしゃいましたよ。


九州国立博物館.jpg


とにかくでっかい!
建物は九州の玄界灘の波をイメージした形です。



アジアの国々から伝わった展示品、仏像、埴輪、食器などたくさん見てきました。
皆さんも一度行ってみて、古のロマンに触れてみてください!

このあとは太宰府天満宮に!



daishi0823 at 00:57|PerlmalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月27日

なにやら楽しそうな・・・!

なにやら楽しそうなイベントのお知らせです。。。
着物と相撲のコラボレーション。
ともに和の世界を充分に出し切って、お越しいただいたお客様は『んー!なるほど。。。』と思ったり、『わぁ!凄い』と感激したり!新しい発見もたくさんあるかも。。。下町木場のちょっと変わった呉服屋さんでのイベントです。
ご興味のあるお方は是非!
以下、亭主『尾上佳子さん』のブログの内容です。

皆さんに和の心をもっともっと知っていただきたく、彼女は一生懸命企画してます。
その努力に大至も両手を挙げて協力します。
頑張ろうね!尾上さん


尾上さんのブログより
http://blog.goo.ne.jp/yoshiko0122

7月30日は和の休日


7月30日は旧暦七夕の前日。
日本書紀によると「相撲(すまい)」が誕生したのはじつはこの7月7日なのです。以来、それは五穀豊穣を祈る神事となり、今では「国技」といわれるようにまでなりました。
またご存知のように七夕は「きもの」にまつわる織姫にとって年に一度の特別な日。
そんな意味ある日に、下町木場で大人の和の休日を過ごしませんか。

<大相撲 木場satowa七夕場所>

時:2006年7月30日(日)
場所:SATOWA 東西線木場駅徒歩5分
       江東区東陽5−5−7
http://www.satowa.biz/
開場16時半 17時より19時
入場料:4000円(お土産つき)

「ひが〜し〜、大至・・・」と、本物の呼出さんによって大至と亭主尾上が登場します。

・呼出さんによる 太鼓の打ち分け実演

・床山さん     大銀杏結い実演

・着物スタイリスト里和 「帯」を使ったドレスメイキング

 美容師ASSA 「ヘアスタイリング」
・大至        相撲甚句「当地興行」


下町木場の夕暮れ時、雪駄が街路をたたく音、鬢付け油の甘い香に、心おどる触れ太鼓、そして哀愁ただよう相撲甚句の声音・・・・・。
相撲は伝統ある様式美の世界です。
巡業の様子を再現しながら、元幕内力士 大至 が相撲の世界へナビします。
そこには再発見の「和」があるはずです。
着物スタイリスト里和さんの、艶やかな帯のスタイリングも愛でながら、大人の七夕の夜を過ごしませんか。

会場のお客様と共に、一夜限りの七夕satowa場所の雰囲気を楽しみたいと思います。



daishi0823 at 10:40|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!相撲 | 相撲

2006年07月26日

琴の若関の引退相撲の翌日・・・。

長崎の壱岐市に行きましたよ!
前日の引退相撲のパーティーのあと、最終で羽田から福岡に入り、翌日の朝、博多港から九州郵船『ヴィーナス』に乗って壱岐に入りました。。。

去年、市制1周年で壱岐市の市歌を大至が唄い、CDにしました。今回は壱岐のロータリークラブの会でお呼びいただき、市歌の音頭バージョンを唄った民謡の『高橋孝』さんと一緒に行きました。孝さんは『ぶんざ』を共演して以来、大の親友です!三味線、歌、ともに師匠でお弟子さんもたくさんいます。。。

 http://www5e.biglobe.ne.jp/~vocal_ko/

ホームページです。一度ごらんくださいね。
彼のホームページにも前回、市歌の発表会に壱岐に行ったときの写真が載ってます。
壱岐の猿岩、綺麗な海が写真で紹介されたいます(たぶん!)


壱岐は魚が新鮮でおいしい!水、米、壱岐牛、温泉と最高においしい&落ち着く場所です。自然にかこまれた本当にいいところです。この日は蛍も見られました。何匹、いや何千匹いたんだろう・・・?幻想的な光を放つ蛍。しっかりと目に焼き付けてきました。


食事は魚はもちろん、うに丼(これさいこーーー!贅沢にも山盛りのっけて6杯食べました!・・・食いすぎ。)




壱岐のヴィーナス.jpg






また壱岐たいな!(あっ、行きたいな!です。。。)

随分前の話・・・。5

本当にバタバタとしていて写真をアップするのを怠ってしまいました。。。
色んな写真は撮って保存してあるので、昔に戻りながら少しづつ紹介していきますね!


5月27日
『琴の若引退佐渡ケ嶽襲名断髪披露大相撲』が、国技館でありました。
琴の若関(今は親方ですね!)とは年齢も一緒で現役のころからよくのみに行ったり騒いだり!イッツもつるんでました。。。その親方が去年の九州場所で引退、そしてこの日に引退相撲を行いました。
大至は引退の記念甚句でも参加させていただきました。
親方にはやはり思い入れが強かったせいか、とてもいい甚句が唄えました。。。
そうだ!歌詞も載せちゃお。。。
息子のまさかつくんと最後の一番を取ったり、断髪式もたくさんの方が鋏を入れて、とにかく感動の一日でしたよ!



琴の若引退相撲正面2.jpg











相撲甚句 新しき名門 佐渡ケ嶽
              詞 下家 義久
  
ハーエー
 色白・巨体に 優しい笑顔よー
   
アー
   涙は 清めの 力水
   大きな余力を 残しつつ
    思い万感 引退は
    美しき偉丈夫 琴の若
   土俵で 華の 活躍も
   いつしか 現役 最年長
   医者も限界 左ヒザ
  【師匠の定年まではと】
    気力振るった 四股踏みが
    奇跡を呼んでの 若返り
  『顔から落ちろ』 のセオリーも
   守って見事に実行し
最強・横綱も 裏返し
ファンに 勇気の 奮闘も
敬愛・師匠の後を受け
   出処進退 鮮やかに
   きっぱり現役 寄り切って
   この度 襲名 佐渡ケ嶽 
    新しき名門 この部屋を
    二枚鑑札 心意気
   先頭切って リードして
   更に 人材 ヨーホホイ
   アー 育てますよ
       アー ドスコイ ドスコイ


daishi0823 at 05:17|PerlmalinkComments(2)TrackBack(0)clip!相撲 | 相撲

2006年07月23日

新潟到着!

b7e27a19.jpg僕のブログを楽しみにして下さっている皆様、最近更新してなくてごめんなさいm(__)m 今日は携帯からです。新潟の新発田に来ました。しばた信用金庫さまのディナーショーに呼んでいただき、月岡温泉ホテル『冠月』という、ホテル向かってます。越後平野が美しかったので、思わず携帯で写メールしちゃいました。新潟の米はうまいよねっ!よーしっ、今日も食うぞっ(^^)v


daishi0823 at 13:12|PerlmalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2006年06月22日

先日・・・

72835c82.jpg3月、大阪場所で十両で全勝優勝し、五月場所でも大活躍した把瑠都関をお連れして、映画『バルトの楽園』の試写会に行ってきました。関取がゲスト出演のため、僕は引率役でした!そのときの写真はまたあとで載せます。この写真は事前に三保ケ関部屋にご挨拶に行き、宣伝部で、この映画の監督の息子さんの出目さんとパチリ!関取は愛くるしい笑顔で快く対応して下さいました。ガンガン強くなって欲しいですね(^-^)v『バルトの楽園』は、とてもほのぼのとしたいい映画です。是非皆さんみに行ってみてください。


daishi0823 at 20:41|PerlmalinkComments(1)TrackBack(0)clip!
Profile

daishi0823

livedoor 天気
訪問者数