ライフネット生命の2015年を振り返って

今年もあとちょっとですね。2015年はライフネット生命にとって、将来の成長に向けた新たな礎を築くことになった1年でした。

まず、就業不能保険という新たな市場を開拓すべく、新しい「ネット生保+α」のビジネスモデル構築のために、ほけんの窓口グループを通じた販売にチャレンジしました。年初には私自身も70を超える首都圏の店舗を訪問させて頂くとともに、地方都市で特別勉強会という形で就業不能保険について理解を深めるための取り組みをしてきました。年後半にかけて少しずつですが、就業不能保険に関する相談のためにほけんの窓口に行かれ、説明を聞き納得して申込みをされる方や、当社のコンタクトセンターに問い合わせを頂くお客さまが増えてきています。マスコミの保険特集でも就業不能保険が一つのカテゴリーとして取り上げられていることも珍しくなくなってきたようです。

次に、スマホ時代における新しい生命保険流通のありかたを創るべく、KDDI社と資本業務提携を行いました。15%を超える筆頭株主になって頂き、現在多岐にわたる協力関係を準備中です。これまではPCを前提として作ったビジネスモデルをスマホ画面に置き換えるにとどまっていたのですが、来春以降はより簡単・便利・お得なサービスを同社とともに提供していきたいと考えています。

さらに、ネット直販を強化すべく、電話を通じた保険相談サービスを大幅強化するとともに、スマホを通じた給付金などの請求受付など、より便利にご利用頂けるサービス強化に努めてきました。こういったこともあり、J.D.パワー社の顧客満足度調査では同率1位に選ばれたりその他各社の第三者評価においても高く評価を頂きました。

創業から上場直後までの勢いを取り戻すべく試行錯誤を重ねてきたこの数年間ですが、少しずつ、次の成長に向けた基盤が整ってきたように感じています。

最後に。年末にハーバード・ビジネス・レビューの岩佐編集長にお誘い頂き、会社の仲間と共に「仕事で大切にしていること」を絵で表現する機会をもらったことがとても印象に残っています。 

来月発売号に掲載予定なので少しだけネタバレになってしまうのですが、そのときに自分にとって大切なものとして答えたのが、 「仲間、自由、伸びやかさ」といったものです。多様なバックグラウンドを持った才能豊かな仲間と共に、色々なものを重ねあうことで、創造的、伸びやかにビジネスを作っていく。設計図のない、航路のないベンチャーの旅では、出来上がるまでどうなるかわからない絵を描いていくことになる。こういった自分の原点を思い出し、最近は少し堅苦しくなっていたかもしれないなと反省しました。個人でいうと、社内業務に専念すべく、講演や出版など対外的な発信はほとんどお断りし、かつ海外出張や社外業務も必要最低限に絞り込んで社内に篭っていた一年でした。来年こそは自分らしさを発揮できるよう、自由で、創造的で伸びやかな形で仕事に向き合っていきたいと思います。

それでは皆さま、よいお年をお迎えください。
 
image

同性パートナーと生命保険

私の週末のささやかな楽しみは、お気に入りの喫茶店でカフェラテを飲みながら英ファイナンシャル・タイムズ紙の週末コラムを読むこと。なかでも好きなのが雑誌「モノクル (Monocle)」編集長、タイラー・ブリュレ氏による「The Fast Lane」というコーナー。

世界中を飛び回るタイラー氏による旅やアート、ビジネスを題材としたショートエッセイ。大の日本好きとして知られる彼はしばしば東京、京都、金沢などを取り上げ、世界中の経営者たちに日本を売り込む宣伝部長のような役割を果たしてくれている。グッジョブ、タイラー。ホテルオークラの建て替えに反対する署名活動("Save the Okura")にも取り組んでいた。続きを読む

ここ1年で急に変わったこと

リーチマイケル主将率いる日本代表の奮闘には隠れ元ラグビー少年(小学時代はスクラムハーフ)として心をゆさぶられましたが、多彩な面々がユニフォームに袖を通して国歌斉唱する姿は感慨深かったです。新聞記事によると、主将が試合前にチーム全員に君が代の意味を説明して、皆で練習されているとのこと。「ブレイブ・ブロッサム」なるネーミングは秀逸でしたね。

さて、ここ1、2年で、広い意味で「マイノリティ」に属する方々の姿をメディアで見かける機会が増え、そして彼らの日本社会における受けとめられ方が急速に変わりつつあるように感じています。

それは異なる肌の色の「日本人」が日の丸を背負って国を代表して戦う姿だけでなく(今年はアフリカ系日本人の活躍が目立ちました)、身体的なチャレンジを乗り越えて各界で活躍する方々であったり(オリンピック招致の佐藤真海選手の姿は記憶に新しい)、従来のジェンダーの区分には該当しない方々の権利尊重にまでトピックは及びます。
続きを読む

言いづらいことの伝え方

経団連企業を中心とした大企業の方針変更を受けて、揺れる新卒採用市場。企業に内定辞退の連絡をできない学生(「サイレント辞退」というそうです)が増えているという興味深い記事を読みました。

内定辞退、ハッキリ伝える 学生に「辞活」のススメ


本記事のポイントは「最近の若者のマナーが悪い」といったことではなく、採用スケジュールが流動的であったことによる学生側の戸惑い、内定辞退をしたときに厳しい反応をする人事担当者の存在、多様化するコミュニケーション手段など多岐にわたりました。


この記事を読み、
かつて留学中に出会った一冊の本を思い出しました。
続きを読む

手作り感あふれる金融サービス

IMG_6507週末にライフネット生命のご契約者さま向けイベント「ふれあいフェア」を開催しました。開業から続けているこのイベントも早いもので26回目を数えます。お客さまにありのままの私たちを見てもらい、会社について理解を深めて頂くと同時に、私たちにとっても契約をお預かりしている等身大のお客さまとお会いし、当社に対してどのように感じていらっしゃるのかを知る貴重な場となっています。

「ふれあいフェア」は、開業するずっと前から「ネットの会社だけど、オフ会をやりたい」と出口が話していたことに端を発しています。当初はお客さま4名で小さい会議室で行ったり、外部ゲストを呼んで大がかりでやってみたりと、試行錯誤を重ねてきました。最近では、私どもから簡単にプレゼンテーションを行った後に、お客さまにグループに分かれて頂き社員とともにディスカッション、最後に話した内容をポストイットに貼って発表して頂くという形式が定着しています。
続きを読む
QRコード
QRコード