IMG_6507週末にライフネット生命のご契約者さま向けイベント「ふれあいフェア」を開催しました。開業から続けているこのイベントも早いもので26回目を数えます。お客さまにありのままの私たちを見てもらい、会社について理解を深めて頂くと同時に、私たちにとっても契約をお預かりしている等身大のお客さまとお会いし、当社に対してどのように感じていらっしゃるのかを知る貴重な場となっています。

「ふれあいフェア」は、開業するずっと前から「ネットの会社だけど、オフ会をやりたい」と出口が話していたことに端を発しています。当初はお客さま4名で小さい会議室で行ったり、外部ゲストを呼んで大がかりでやってみたりと、試行錯誤を重ねてきました。最近では、私どもから簡単にプレゼンテーションを行った後に、お客さまにグループに分かれて頂き社員とともにディスカッション、最後に話した内容をポストイットに貼って発表して頂くという形式が定着しています。
日常の中で色々な店舗に足を運ぶと、「よいお店はお客さまが作る」ということを痛感します。たとえば、にぎやかなお客さまが集まるお店はにぎやかだし、落ち着いた雰囲気のお店には落ち着いた顧客層がいる。これはライフネット生命についても同じことが言えます。もし皆さまが、私たちの対外的なイメージに他の生命保険会社と違う何かを感じ取られるとするならば、ご自身やご家族の安心をライフネット生命に預けるという能動的な選択をされたご契約者の皆さまの存在がその大きな理由となっていると断言できます。

IMG_6520イベントに際しては、皆さまとともに2時間強の時間を過ごさせて頂くスタッフに、顔写真入りの長めの自己紹介文を書いてもらって、当日参加されるお客さまに配布しています。私たちは100人弱の小さな会社です。大きい会社とちがって、どこかに「ライフネット生命」という別の存在があるわけではなく、ひとりひとりがライフネット生命、"We are Lifenet" なのであり、手作りで提供しているサービスがライフネット生命であるわけです。その意味では、私や出口だけでなく、ひとりひとりの社員が「ライフネットのスタッフ」という匿名の存在としてではなく、個性と想いのある個人として、ひとりひとりのお客さまと向き合うことが肝要だと考えています。

普通の生命保険会社であれば営業職員の方々がお客さまとの接点とな りますが、私たちは全社員が一丸となってお客さまと向き合いたいと考えています。今回も、日常業務としてお客さまと接しているお客さまサービス部やお申し込み サポート部だけでなく、人事、法務、数理、広報などの担当者がご一緒させて頂きました。社員にとってもとても貴重な経験になったと思います。

洋服であれ家電であれコンビニであれ、通常のB2C向け商品・サービスであればひとりひとりが「好きなブランド」というものがあると思うのですが、金融サービス、とくに生命保険については、「好きな生命保険会社」という会社のある人は少ないと思います。高い理想をもって、手作りで温かく、生命保険をお届けする。子育て世代を応援しながら、業界の常識を変えて、新しい金融の未来を造っていく。一番好きな生命保険会社。そんな会社があってもいいじゃないか。私たちは、そんな会社を目指しています。

ひとりでも多くの方がライフネット生命のご契約者さまの輪に加わっていただくこと、そして私たちの「ふれあいフェア」にお越しになることを、心よりお待ちしております。当日はお越し頂いた皆さま、本当にありがとうございました。

IMG_6653