6月25日からアムステルダムで開催される欧州最大のデジタル生保カンファレンス Digital Insurance Agenda にて基調講演をすることになりました。10連休中の4月28日には、毎年ロサンゼルスで開催される「金融版ダボス会議」とも言うべき Milken Global Conference にて、アジアにおけるフィンテックの普及に関するパネルディスカッションにも登壇しています。

世界の保険業界関係者と議論をしていると「デジタル」「データアナリティクス」の言葉を聞かない日がないくらい、デジタルを活用した生命保険事業の刷新に関心が高まっていることを感じます。これはライフネット生命が切り拓いてきた新しい生命保険の姿が、世界中で待ち望まれていることの証です。

そういったなか、6月23日に開催される定時株主総会をもって、私はライフネット生命の取締役を退任することになりました。2006年7月に創業準備を始めてから13年目での「卒業」となります。これまで応援してくださった皆さまに改めてお礼申し上げます。

野球に例えるなら、創業者二人がピッチャー、キャッチャーから監督、コーチ、バックベンチへと移動し、今後はバックネット裏から応援する立場になります。ライフネット生命が真の意味で新しいステージへと飛躍することになります。

ライフネット生命は昨年6月に私からタスキを受け取った森亮介社長の強いリーダーシップの下、順調に発展を続けており、今年1月には保有契約が30万件を突破しました。大きく成熟した生命保険業界に変革を起こし、世の中に新しい価値を届けようと、創業の精神を受け継いだ若いチームが挑戦を続けています。皆さまも引き続き応援を宜しくお願い致します。

昨年夏から香港と東京を行き来しながら仕事をしてきましたが、今後は香港に拠点を移し、世界を相手にした仕事に専念することになります。AIAグループという世界最大の生命保険会社(株式時価総額ベース)を舞台に、生命保険のデジタル化とイノベーションをアジア18市場に広めていく仕事です。私の30代はライフネット生命とともに全力で駆け抜けました。40代はアジアを舞台に、ワクワクする挑戦を続けていきたいと思います。

岩瀬大輔

D295D33F-E661-4B62-9CCA-1C6E1372A16C