2011年11月10日

例えていえば ロングトレイン。

日曜の夜、ジム・キャリーの『エース・ベンチュラ』って映画を借りてきて観ていた。

いや〜やっぱジム・キャリーオモシレーなぁ、テンション高ぇヤツが最強だなぁ、と、観ていた。

途中でちょっとなんかあって、一時中断して、テレビに切り替えたら『ガキの使い』の『ハイテンション ザ・ベストテン』をやっていたので、ちょっと見るつもりで見てた。

そしたら、江頭2:50が出てきた。


腹がチギレルくらい笑った。
笑い過ぎて、泣いた。

江頭さんカッコイ過ぎっす。


で、終わって映画を再開したら、ジム・キャリーのテンションが『ふつーの人』に見えてしまった…。

世界最高峰のコメディアン、ジム・キャリーの映画を台無しにする、江頭さん、ハンパねぇっす。

ありぁーロックだぜ。

ヤツに、『迷い』はねぇ。


そう。

『迷い』は要らない。

必要なのは『覚悟』だけ。

…いやっ、なんの話だ?

別に、なーんもないんですけどね。

よくわからんが、ひとつだけ言えることは



勇者であれ
びあんびしゃ〜す!


Posted by daisuke_nakamura at 23:56│Comments(1)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL

この記事へのコメント
お、TOKIOですね

突き進めば希望(のぞみ)はかなう
立ち止まらない 振り返らない
やるべきことをやるだけさ

栄光あれ
びあんびしゃ〜す!
Posted by 十字十段 at 2011年11月12日 00:59