鯛ラバ研究室

A Pluggerによる鯛ラバ研究 〔備讃瀬戸周辺〕 鯛ラバサークル チームジグマニア: http://www2.ocn.ne.jp/~tairaba/ke-tai/i.html

釣行記

9/27 カブラ+海老

最近注目しているのが、ライトタックルによる餌釣りです。
数なら鯛ラバは勝負になりません。

その理由を知りたくて、そして鯛ラバをさらに進化させたくて、先日鳴門で、そして今日瀬戸大橋周辺で実釣してきました。

仕掛けは鯛玉オモリプラス針2本に海エビを付けた非常にシンプルな物で、常に自分でアクションさせます。故に殆どルアーと変わりません。ただライブベイトと言うだけです。

底をトントンする、若しくは鯛ラバと同じく数メートル巻き上げるだけですが。
今日の結果は、潮が動けば、漁探に浮いた鯛の反応が無くても釣れ、勿論反応がでる鯛ラバでもいけそうな状況でも勿論釣れました。

半日で、40クラス3枚、カスゴ2枚、チヌ1枚でした。
鯛ラバならジアイに40クラス2枚がいいとこだったでしょう。

この釣りの不思議に思う事は、底を叩くだけでなく、巻いている時にもアタる事です。人の観点から考えれば、鉛に付いたエビが不自然に動くより、まだ鯛ラバの方が、餌っぽい気がするのですが…。
それとも、巻き上げる時のアタリなら鯛ラバでも釣れるのでしょうか?

エビ餌に比べ、鯛ラバの方が良型の確率は高いですが、それは、大型ほど底から浮いている事実が一番の理由でしょう。
また、餌釣りが数が釣れるのは、鯛が最もいるレンジ(つまり底)をいつも潮に流してトレースできる事がライブベイトと言う理由以外の理由でしょう。一番の疑問である餌VSルアーの勝負はこの時点で非常に比較しづらくなります。

しかし、餌釣りの巻き上げるアクションに限って勝負すれば、鯛ラバと良い比較になるのではないでしょうか。

最近は鳴門でも餌から鯛ラバに転向するおじさんが増えてます。そりゃあ、初めて乗り合いに来た若者が、常連差し置いて良型連発する事などしょっちゅうですから。
しかし、餌釣りも生きた餌を使ったルアーフィッシングと考えてやれば、それぞれの釣りの上達の近道と思いますし、釣りの更なる進化のヒントが有るのではないでしょうか。


…ま、所詮鯛ラバは落として巻くだけだけど。f347df9c.jpg

9/15 高松沖 鯛ラバ釣行

朝来丸さんで、やってきました。

今、瀬戸大橋周辺は沈黙しているので、少し東のこちらなら良いのではないかと考えました。

結果は…全く同じ状況でした。

群もなく、たまに単発で漁探にでるくらいでした。

結局船中1匹、私はアタリもなしでした。

鳴門つるぎ 乗り合い釣行

鳴門に鯛ラバしてきました。

つるぎさんはGMのロッド各種を揃えてるので、レンタルして試してみるのが一番の目的でした。

現行の鯛ラバ向きロッドは、サーベルダンスのグラスタイプと、スローダンサーということで、その数タイプを実際に負荷をかけて曲がり具合を試し、サーベルダンスのグラスタイプ、60SUL-Gを1日レンタルしてみました。

このタイプなら、夏のシャロー・高活性の鯛にバレにくいと考えたからです。

ところが、実際の今日のポイントは小潮、澄み潮で70m前後の深場でした…。
グラスタイプでは、底取りの瞬間がわかりにくく、小型のアタリもモゾっとした感じで使いにくいので、結局、軽量、高感度のマイロッドを使用しました。

朝からアタリがあり船中のあちこちでロッドが曲がりました。

私はタングステン60gを中心に使い、小型を順調にキャッチしました。

隣の方はフラフラッシュを使用し、40〜50と良型を揃えました。小潮とはいえ、最大水深90mあるのに鉛製60gを使えるとは…、素晴らしい集中力でした。パターンを掴んだらしく、速巻きでアタリ連発でした。
しかし、今日のポイントの大半は緩やかなカケ下がりで、鯛のヒットゾーンは底付近が多く、あまり巻き上げると効率が落ちました。

私はミリオネアICVを使い、水深を図ってたのでそれに気づきました。

鯛ラバのカラーはネクタイは朝はオレンジより赤が良い感じでした。ヘッドの色もアタリの数に違いがでて、金ベースのカラーが良かっように思います。

太陽が昇り、日差しが強くなると、私のケイムラネクタイ、速巻きが爆発し、ネクタイが千切れるまでアタリが続きました。

炎月タングステンの70gはアワビカラーのみしかなく、ゴールドベースのやつがあればもっと効率よく、攻められたのではないかと…、試してみたかったんですが、準備不足でした。

結局私は10〜45を8匹キャッチしました。乗り合いでは自己記録です。

9/3 小豆島釣行

岡山 城丸さんで小豆島に鯛ラバいきました。

最初から、昼のジアイを狙っていたようで、朝は殆ど時間潰しにダラダラと…。やっぱりアタリすらありません。

昼からいよいよジアイに突入、先にポイントに入るトモのお客さんが釣り上げ、魚を締めている時に胴の間にいる私にアタリ。46をキャッチしました。

しかしそこから風向きが変わり右舷側の方にヒット連発。左舷は沈黙し、その真ん中にいる私はやる気無くしました。

潮が止まり、終了かと思っ矢先、初心者のお客さんに良型ヒット!気づいたら潮が動き風向きが変わって今度は船首側に良型か連発。

船首左舷のお客さんが釣り上げてる最中、私にもヒット!が、私だけチャリコでした…。

私にアタリが出始めた途端、船頭が、「そろそろ終わりにしましょう」と無情の宣言。

今回私だけ、50オーバーをキャッチしませんでした。

ビンビン玉をメインに使用し、なんとかヒットには持ち込めましたが、小型で、2匹バラシました。
46は炎月50gだったけど。

続きを読む
記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
楽天市場
プロフィール

daisuke_sea

タグクラウド
オリンピック応援パーク
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ