050604_2221~01.jpg

貯金箱、お金を貯める箱である。

しかし、よく考えてみると、貯金箱にお金を貯める必要があるのか?と
疑問である。
そもそも、貯金箱なんてどうでもいいんだけど、
10年ぶりくらいに、これを買う機会があったので、
ちょっと書いてみようかなと。
暇な人だけ読んでね。
貯金箱には、いくつか矛盾がある。

まず、金を入れておくには、目立ちすぎる。
「10万円たまるBANK」なんて主張したら危ないだろ。
金庫のように堅固であればいいんだけど、(シャレだぞ)無防備だと思う。
簡単に、缶切で開くし。
でも、壊さなきゃ開かないってとこは、うまいな。

世には、銀行というものがあるんだから、10万円預ければ、
1年で1円くらい利息がつくんじゃないかな。

なんで、人は貯金箱を使うのかというと、それは、
大切なものは、目に見えていないと不安だから、である、と思う(笑)
本気で、金貯めようと思ったら、1ヶ月1万円生活をすれば、
1年で200万くらいたまっちゃうんだけど、それをしないのは、
意志が弱くて、金があると使っちゃうから。

だから、「自分、金貯めてます!」っていうのを、自分に言い聞かせてるのね。
実際、目に見えて貯まっていくお金を見ていると、
もっと大きく育ててあげたいという欲も出てくる。(多分)

…すごく子供だましだと思いませんか?

でも、人間て弱いから、一人だと、どんどんダメになっちゃう。
そこが人は一人では生きていけないという所以。

相田氏も言っているけど、便所という誰も見ていないところを
きれいに使うのは難しい修行だって。

応援してくれる人がいるから頑張れる。
一人でも頑張ってやるって気持ちも強いけど、長くは続かない。
人ってそんなもんだね。

でも、俺は、人に甘えずできるとこまで、頑張りますよ。
だから、「お前なら大丈夫だって!」なんて、言わないで、
たまには、優しい言葉もかけてください(笑)

ちなみに、この貯金箱は、我がバスケサークルの部費回収のために使います。