2007年04月25日

「カラクリオデット」3巻読んだ。

「カラクリオデット」。

なんとなく評判だったから読み始めたのですけれど、ていうか、本屋で表紙買い。

もう3巻ですか。

早いですね。


オデットをどうしていきたいのか、人間にするのか(出来るわけないけれど)。

人間になりたいロボットを描くことは、人間を描いていることになるのか。

オデットちゃんの感情のゆらぎなどを見ていると、もうこれは人間といって良いのではないのか?とか思いますが、じゃあ、人間ってなんだろう?


時々後味が悪そうになりますけれど、いつもきわきわで回避しているバランス感覚はもしかしてすごいのかもしれません。

吉沢博士が相変わらず謎すぎて、どんな人かわかれば良いなあ、と思います。



私には全くない感覚の漫画ですが、それが不快ではなく、不思議な感じでおもしろいです。


今回、朝生が良い子で(不良だが)良かったです。

不良っていうより、乱暴ものなのかな。

オデットに対しては、どうもなんかお兄さんというよりお父さんみたいだ。

そういう関係がどうなっていくのかも楽しみ。


  
3巻の表紙はちょっとSFちっく。

daisy6 at 13:11少女漫画  
スポンサード リンク
ベストセラー
お役立ち
ホームページで広告収入をゲット!A8.net
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?成功報酬型で広告費を支払うエーハチネット

アクセストレード

トラフィックゲート

バリューコマース

月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
Click Here!
Click Here!
楽天ダウンロード



ブックオフオンライン
ユーブック
意外と使えるyahooショッピング

Archives
最新記事
livedoor プロフィール
記事検索
iconicon

iconicon



家電オンライン 特集

フェリシモ「コレクション」(頒布会)
日比谷花壇 フラワーギフト 花のある暮らし
  • ライブドアブログ