2007年05月17日

「ミス・ドラキュラ」7巻読んだ。

「ミス・ドラキュラ」も最終巻です。

正直、時代背景は古いし男性上位だしでおもしろくないはずなんですが、なんかおもしろい。
不思議です。
藤子不二雄Aものはそういうのが多いのですが。

なにがおもしろいとは言えないのですが、するすると読めちゃうし、すんなりと入り込めてしまうので、これはおもしろいということなのだと思います。
つくづく不思議です。


虎木さんは正体を明かすかなーと思っていたら、一応明かしたものの、ミス・ドラキュラの正体は結局わからず。

彼女がなにを思って、あんな現代(?)の妖精みたいなことをしていたかもわからず。

「怪物くん」の怪子ちゃんだったらいいなあと思っていたんですけれど。
フランケンを従えているし。

でも一応きちんと終わっていたので良かったです。



daisy6 at 08:34青年誌  
スポンサード リンク
ベストセラー
お役立ち
ホームページで広告収入をゲット!A8.net
あなたのホームページ・メールマガジンに広告を載せてみませんか?成功報酬型で広告費を支払うエーハチネット

アクセストレード

トラフィックゲート

バリューコマース

月額263円からのかわいいサーバー!ロリポップ!
Click Here!
Click Here!
楽天ダウンロード



ブックオフオンライン
ユーブック
意外と使えるyahooショッピング

Archives
最新記事
livedoor プロフィール
記事検索
iconicon

iconicon



家電オンライン 特集

フェリシモ「コレクション」(頒布会)
日比谷花壇 フラワーギフト 花のある暮らし
  • ライブドアブログ