聖教新聞 一面だけは読んでやる!

無宗教のボクが、なぜか聖教新聞をとっている。 とっている時点での負けは認めよう。 お金も勿論だが、 この紙くずを、毎日ポストから、ごみ箱に入れる作業は、 ホントに無駄だ。 このまま洗脳されるのか! はたまた、その文面に涙するのか! 勝負の 大作 戦だ! 毎日、一面だけ読んでやる!

2020年05月

女性が社会を輝かせる

5/31
今日の一面

池田大作先生
四季の励まし
女性が社会を輝かせる

特に、
あんたんとこの組織じゃな…。

"できない”を嘆くより”できる”を楽しみたい

5/30
今日の一面

危機の時代を生きる
"できない”を嘆くより
”できる”を楽しみたい
47年間の入院生活-難病と向き合う

"できない”を嘆くより
”できる”を楽しみたい 
の、見出しについて言いますと、

そう言われましても、
入信できないのです。
で、
入信を楽しむことも
できないのです...。

希望の絆 女性月間

5/29
今日の一面

さあ”婦女一体”で朗らかに前進
6月 希望の絆 女性月間
6・4「世界池田華陽会の日」
6・10「婦人部の日」を皆で祝賀

女性月間って響きは、いいね。
男性月間だったら、
なんか別のモンを想像してしまいそう。

女性の立場が、強いとか、弱いとか、
そういう問題じゃなくて、

単純に好きか嫌いかの問題で、
強さが、スマートに出てれば、
好きなんだけど、

そうでない場合、
男性は、避ける傾向にあると思うな。
統計学的に。

なんか、そうでない強さを、
前面に打ち出して、女性の立場が、とか、
選挙がどうのこうのって、いう方々が、
多い気がするのよねぇ。

いわゆる、ヒステリックとかが、
一番わかりやすい例かな。
訴えたいことが、まったくこっちに伝わらない。

また、なんか言ってる。盲目的に。
ってなっちゃう。
分かるかなぁ、分かんねぇだろうな...。

挑戦と成長の時は今!

5/28
今日の一面

挑戦と成長の時は今!
6月から作品募集
未来部 各種コンクール
-中・高等部-
読書感想文コンクール
-少年少女の部-
少年少女希望絵画展

子ども、中高生ならではの、
微笑ましい感想や、絵画を
希望します...。

乗り越える鍵は皆が地球規模で考えること

5/27
今日の一面

危機の時代を生きる
新型コロナのパンデミック
乗り越える鍵は
皆が地球規模で考えること

記事は置いといて、
有吉さんが、占いが嫌い
っていうネット記事があった。

読んでみた。
要約すると、今回のコロナ騒動、
占い師は誰一人として当てなかったし、
解決方法も占わなかった。

ホームレスのおじさんや、
新橋のおじさんの方が、
よっぽど占い師より、いいこと言う。

占い師はカウンセラー。病気の人を診ているだけ。
話して気持ちが軽くなるのは、その人が病気だから。
らしい。

同意する。
宗教も同じ。
すがるのが、悪いとは思わないけど、
右に行けと言われたら、右に行く様な、
盲目的な信じ方はダメ。

そう思う...。
  • ライブドアブログ