daiwa の社長ブログ

印刷会社2代目社長の日々の出来事

2016年06月04日

Category :
013_パネル2

 














春先に、「若者UPプロジェクトシンポジウム」が久留米市と久留米商工会議所の共済で開催され、商工会議所の代表でパネリストとして参加してきました。 

他のパネリストは日本マイクロソフトの女性課長さんやITベンチャーの起業家社長など、私以外は優秀な方ばかり(汗)。

平たく言えば、障害を持たれた若者や「ひきこもり」などで社会人として自立できない若者にどのように社会にかかわってもらい、少しでも自立の援助ができないかという内容です。

生涯自立できない方々には、最低でも5,000万円の補助が必要です。勿論、それは税金で賄われます。
働き方の多様化や得意分野を活かしたり、何等かの方法で自立とまではいかなくとも、月間10万円程度、生涯収入5,000万円でも自力で得ることができれば、一人当たりの税金は1億円削減できるわけです。

少子化と高齢化によって、ただでさえ国民一人当たりの高齢者負担が増えていく今後の日本では大きな問題です。

016_パネル5
















僕は、趣味や趣向、オタクと呼ばれる特定の分野において天才的な知能や能力を持った人たちを、もっと有効に活用できないかという提起をしました。

だって、東大卒のIQが抜群に高い引きこもりのオタクも多いと聞きますし、ゲーム開発やサイバーテロを防御する仕事などは、在宅でいいはずですからね。

002_控室にて





しかし、難しい時代になったもんですねぇ・・・。

 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字