daiwa の社長ブログ

印刷会社2代目社長の日々の出来事

2016年07月08日

Category :
マインドマップ




 











今回の社員Tさんによる社内OJT新人研修は「マインドマップ」なるもの。

マインドマップとは、思考・発想法の一つで、頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツール。

表現したい概念の中心となるキーワードやイメージを中心に置き、そこから放射線状にキーワードやイメージをつなげていくことで、思考を整理し、発想を豊かにして記憶力を高める為に想像力と連想を用いて思考を展開するというもの。

デジタル化社会になって久しいが、思考や物事の整理には「紙と鉛筆」が一番。僕もプレゼンのストーリーや細かい資料作成のアウトラインを決める際は「裏紙」にボールペンか鉛筆で書くことが多い。

この研修では、「私は何者か」という問いかけを紐解いていった。勿論、それは永遠のテーマであるし、人間は進化する生き物ですから経験や生きた年数によって変化していくでしょう。しかし、何かの節目や目的を見失いそうになったときには、「原点回帰」の意味でも有効なツールでしょう。

しかし、引き出しの多さと深さはとても20代とは思えないほどTさんのスキルは高いと感じます。それは、受講生の新人に対してしっかり「自己開示」をされたことでも伺えました。

何故なら人は人から受け入れられるには「自己開示」が欠かせないと思うからです。特に自分にとって恥ずかしいことや、過去の出来事をさらけ出す事で、より親近感が生まれます。

また、自己承認にも自己開示は絶対条件です。そして、自己承認できなければ、他者承認も難しいでしょう。

マインド1 
















まず、自分の氏名を中心に書き、血液型や干支、信条や大切にしていること、特性や性格を放射線状に書き、連想されることを紐づけしていきます。「アホ」ばっかりやっているバカ丸出しの僕でも、半面「クールに見られたい」との欲求もありますし、達成感を得たいとか、もっと高い景色を見てみたいなどの欲求もあります。

日常の生活だけではなかなか冷静に自己分析はできませんから、新人のみんなにとっても、勿論私にとっても貴重な機会を得ることができました。

Tさん、本当にありがとう!

宿題に「仕事をする意義」を出されましたので、次回までに自分を俯瞰視してみたいと思います。



 



 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字