daiwa の社長ブログ

印刷会社2代目社長の日々の出来事

2016年11月29日

Category :

_MG_0529 














弊社で制作している就活情報誌「くるめで働こう」 で、「経営者と語ろう」という企画を開催しました。

私の知り合いの優秀な経営者にお声がけさせて頂き、不肖わたくしも末席での参加です。

弊社スタッフも設営に配慮が行き届き、司会や進行も立派にやり遂げてくれました。本当に立派になったもんです。社長の顔が見てみたい(笑)。

受付から開始時間まではスタッフが学生さんの緊張をほぐそうと声をかけたりして場を和ませてくれていました。90分は長いかな?と思っていましたが、始まってみるとあっという間に終了。

_MG_0590














学生さんの参加者は近隣の大学4年生が4名に短大1年生2名という構成。

短大1年生は来年から就活がスタートしますが、就活が終了した4年生が4人も参加してくれたことから、彼等がいかに社会人としてのスタートを真摯に受け止めているかが伺い知れます。

東京の大手企業に入社して世界で活躍したいという大志を持つ方や、地元企業でしっかり根を下ろして地域を活性化したいという方など、いずれにしても大きな希望を持ち、本当に驚くほどしっかりしています。

自己紹介や参加動機、質問やコメントも素晴らしいもので、期待を遥かに上回って大いに盛り上がり、最後は感激して涙する学生さんまで・・・。

彼等に共通していたのは、ビジョンをしっかりと持っていたこと。そして、自分は何に向いていて、どういう仕事に就きたいか、どういう会社に入りたいかの基準が明確だったことです。

そういう意味では、20代前半にして「自分のものさし」をしっかりと持っているとも言えます。

その「自分のものさし」とは、表現を変えれば「価値観」とも言えます。価値観とは、仕事観や人生観にダイレクトに影響をもたらすとても大切なものだと考えています。

特にこれからはAIによる技術革新に拍車がかかるでしょうから、中途半端な技術よりもセンスや想像力といった「感性」と「価値観」などのヒューマンスキルがビジネスの中心に据えられるのではないかと思っています。

_MG_0541














同年代の子供を持つ身ですから、自分の子供とダブって見えてしまい、ついお説教じみた話もしてしまいましたが、彼等の方が百倍以上真剣に聞いてくれていたように感じました(汗)。入社された企業で成長していって欲しいと願うばかりです。

御参加頂いた楠病院の吉永常務理事、森山工業の森山社長、本当にご協力ありがとうございました。

また、学生の皆さんには大きな刺激と希望を頂きました。

そして、スタッフのみんな、素晴らしい企画と設営に感謝です。本当にありがとう!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字