2006年05月17日

マレーシア・ペナン2日目 −タイビザ取り旅行−

sea朝5時に目が覚める。
6時前から大音量のコーランが流れ、6時には教会の鐘が街に響き渡る。
ホテルの簡素な朝食をとった後に9時にタイのビザを申請に代理店へと行きました。

PARVEZ BOOK STORE
9:00a.m〜10:00p.m
No.419, Chulia Street, 10200 Penang
という代理店を利用。ここでトリプルのビザを取ったという情報をもらっていたのでここにした次第です。あと、スイスホテルを挟んだ同じような店「N.J」というところも結構日本人が利用している模様です。
文字どうり本屋さんなんですが、ここに両替所のカウンターのようなのがあってそこでいろいろな手配をしてくれるようになっています。
タイビザ申請もそのうちのひとつ。
お店にいきタイのビザを取りたいと言うと、
「シングルかダブルか? それともトリプルか??」
と聞かれあとは書類を渡され1箇所にサインをしてパスポートと写真を渡せばおしまい。
1分で終了するいたって簡単なシステムです。
自分で申請をしに行くとこうは行かないでしょう。
ちなみに自分は観光ビザのトリプルを申請。料金はビザ代金RM300に手数料RM20を合わせたRM320。T/Cのレートが0.032だったのでちょうど1万円。

ビザ申請代理店あとは街をぶらぶらする。
ペナンの街って朝が遅いです。ほとんどのお店がお昼になるまで開店しない。飲食店は夜からというところも少なくないみたいです。
そんな感じでいろいろ歩き回り、海を見に行ったり、フェリーに乗ったり、疲れたらネットカフェでインターネットをしたりして夕方まで過ごした。

マレーシアは他民族国家でありここペナン島もその例に漏れない(ただここは他と違い中国人の比率が高い)。よって中国、マレー(イスラム)、インドと食に関しても各国料理が堪能できる。特にペナンロードあたりはインド料理屋が多く、お昼はそのインド料理屋さんでカレーをいただいた。
お店で「日本人が食べられるような辛くないチキンカレーライスをください」
といって注文した。
出てきたのはオレンジ色をしたライスと別皿に盛られたチキンカレー。
・・・ボリュームあるね
curry例えば日本だとカレー皿半分にご飯をよそい半分にカレーといった感じになるけど、
ここはカレー皿いっぱいにご飯をよそい、別皿にカレー。しかもカレーの具はチキン半羽といった感じだ。。
でもとてもおいしい。ライスもニンジンとかいろいろな野菜が入っていてこれだけでも十分においしい。タイのカレーだと日本人の食べなれていないハーブや香辛料が使われていたりしていてなかなかなじめないけど、やっぱりインドカレーは日本人になじみのある味でしてすべてが受け入れられる味。ボリュームがあったけどペロリといけました。これでお値段RM5.5。
そして夜には昨日食べられなかった屋台のハンバーガーを見つけて注文。
大き目のバンズにお肉が3枚入っていて野菜もオニオン他が入っている。おいしい。RM3也。


daixsky_diary at 23:00│TrackBack(0)clip!タイビザ取り旅行 

トラックバックURL