よく晴れた、鹿児島ユナイテッドの2017年ホーム開幕戦の日。

彼は姿を現しました。

P_20170311_120129
P_20170311_120141

ゆないくー。


と、昨年「小林くんさん」として人気を博した、スタッフの小林浩宣さん。


P_20170311_120420
誰もが待ち望んだ、新マスコットのデビュー戦です。


jpg

最初は足下がおぼつかないような歩き方だったものの、少しずつ慣れてきたのか。

DSCN1312

こんなあざといポーズを繰り出したり、

DSCN1315
サポからお土産を受け取って喜んでみたり
(※このお土産は僕のですが)


DSCN1300
いちはやくゆないくーコスプレを実践していた名物サポさんと交流したり。
(かなり腰が引けていましたが)


南国の刺すような日差しの中、
30分間の濃いグリーティングの時間を乗り切ったのでした。



それにしても、

DSCN1308

小林さんがくーをかなり丁寧にリードする姿が、随所に目立っていたこの日。


それは舞台をピッチに移してからも同様でした。


ホームタウンセレモニーの間は

DSCN1321
DSCN1322
ゴールの真裏で二人並んで様子を見守っていましたし、


試合直前には


二人そろってチャントに揺れていました。




ハーフタイムでは、
「くーからのおくりもの」と題し、
バズーカで観客にタオマフをプレゼントするという企画があったのですが
DSCN1355
DSCN1356
小林さんが調整する姿を、くーは興味深そうに見守り…


DSCN1373
発射も共同作業。


DSCN1371
最初こそスタンドに届かなかったものの、徐々にうまく飛ばせるようになりました。


そして引き上げる時も

DSCN1375
DSCN1376



そう、この日、ゆないくーは、ずっと小林さんのそばにいたのです。



試合は鹿児島が5-0の快勝。

DSCN1383
↑勝利の瞬間の二人


チームの勝利には、祝勝の挨拶とパフォーマンスがつきものです。


ゆないくーは、小林さんの誘導のもと…
DSCN1391

DSCN1393
選手たちとタッチを交わし、

DSCN1392
挨拶を行い、


DSCN1403
ゴール裏で、選手たちと歓喜のパフォーマンス。



その全てが、ゆないくーにとって初めてのことです。

小林さんは、一つ一つ、教え込むように手を取り、引っ張り、そして送り出していきます。


小林さんに見守られながら、飛び跳ねるゆないくー。





思えば、この日のゆないくーの登場までには、かなりの時間がかかりました。
初めてその存在を明らかにされてから1年以上。

その、存在しながら不在であった空白期間を埋めてきたのが、
他でもない、小林くんさんという存在でした。

「生マスコット」として、他の九州マスコットとの交流を行ったり、サポーターと触れ合ったり。

IMG_5604
※昨年ホーム最終戦


その一年の活動の蓄積が、
こんなふうにして、ゆないくーに引き継がれるのだとしたら。




DSCN1369
それは、決して意味のない空白の1年などではなかった、と言えるでしょう。



マスコットは育っていくもの。

みんなで育てるもの。

育つのを、みんなで見守っていくもの。



ゆないくーをつなぐ手が、いつか自信を持ってほどかれる日まで…。

DSCN1348

一緒に歩いていきましょう。




ゆないくー、ようこそ、この世界へ。





【おまけ】
語尾


スタジアムで配られた鹿児島ユナイテッドの観戦ガイドに、
ゆないくーへのQ&Aが掲載されているんですが…


一か所だけ、



なにその語尾と思う部分が…。

ちょくちょく犬アピールしていくのでしょうか。



にほんブログ村