DL3FhsKUMAAZ01H
写真:ゆー@magneter @neccoUK)さん
ありがとうございます。



金沢の地に突如降り立ったダークヒーロー、その名はYASAGARASU(ヤサガラス)

彼は一体何者なのか。

この5か月間の動きを、少し長くなりますが振り返っていきたいと思います。




【目次】
1:さらわれたゲンゾー
2:キミだーれ?
3:折れない心
4:グッズ担当の女
5:母ちゃんが見てる
6:ナンシーという光
7:ヤサガールの到着
8:絶望という名の

おまけ:やっさんとガンズくん







1:さらわれたゲンゾー


それは5月28日の松本戦を控えた金沢の街で、気が付けば進行していました。





謎の「YASAGARASU」シンボルが各地に。


一体何が起きているのでしょう。

にわかにクラブ公式をジャックする形にまでなりました。


その松本戦で起きたこととは…。


なんか黒い人が登場し、よくわからないまま終わったとのこと…。

アウェイゴール裏を煽ったという噂などが聞かれましたが、謎は深まります。
と同時に、


すごくちゃんとした紳士だったということも同時に漏れ伝わり、さらに謎は加速。




そして次のホーム戦である山口戦を前にして、さらなる犯行声明が。


クラブマスコットのゲンゾーをターゲットにスタジアムで暴れることを予告。

そして実際に

スタジアムでバトル開始。

意味の分からない緊張感が伝わってきます。

やはりこの試合でもアウェイサポを煽り、金沢を負けに追い込まんとするパフォーマンスを披露したようです。


そして試合後、衝撃的な光景が!!



ゲンゾーがヤサガラスに捕らわれ、連れ去られる。

周囲の人たちすごい普通に眺めてますけど、クラブマスコットが誘拐されるという大事件です。

ニュースにもなってしまいました。



と、そのタイミングで

ヤサガラスのツイッター開始。

ここから物語は一気に加速していくのです…。








2:キミだーれ?



ゲンゾーを捕らえたヤサガラスは、次のホーム戦である横浜FC戦でスタジアムを占拠すると表明。



ゲンゾーなきツエーゲン金沢の試合をジャックし、絶望の計画を完遂させるということなのです。



しかし、肝心の試合日は雨予報。

観客が少なかったら困るヤサガラスは焦りました。



彼なりの努力(後で明らかになりますが、これはお母さんに作ってもらったものです)




そんなヤサガラスの傍若無人な振る舞いに、ついにクラブ公式も声明を。

とりあえずゲンゾーを返せ」は今年のJマスコット界の名言トップ10に入るのではないでしょうか。
えらい我慢強かったな。



クラブの人にかまってもらえたのでヤサガラス様もご満悦です。

するとそこにさらに絡んでくる人が。

対戦相手として金沢にやってくる予定のフリ丸(横浜FC)。



アウェイのお客様にとても丁寧に事情を説明するヤサガラス。
お気づきかと思いますが、基本彼はこういう物腰です。



一方クラブ公式は

本当に心配してるのだろうか



ということで、何か含みを残しながら試合日になりました。


無事雨は上がり、

なんかすごい楽しそうな光景が生まれていた。

この人の言う「漆黒」ってなんなんだろう…。マスコットパラダイス?

金沢サポーターとも試合前にやりあいます。
というかこのコールリーダーの方、めちゃくちゃ格闘の達人っぽい構えでちょっと笑う。




そして試合が始まり、ついに金沢に絶望がもたらされてしまうのかと思いきや。



漆黒に支配せんとするヤサガラスの目論見は、ここで完全に外れてしまうことになります。




ぜひこの渾身のプロモーションビデオを見ていただきたいのですが。

捕らえたと思っていたゲンゾーが、金沢を守るニューヒーロー
ゲンゾイヤー
に進化し、ヤサガラスを一蹴する
という奇跡が起きたのです。


命からがら逃げかえったヤサガラス。



ここで多くの人はようやく理解します。


ヤサガラスの存在理由とは、
スーパーヒーローのゲンゾイヤーを盛り上げるための当て馬(噛ませ犬?)だったということに…。




さてここで、その一部始終を見とどけさせられたフリ丸さんの感想を見てみましょう。


ありがとうございました






3:折れない心


ヤサガラスはゲンゾイヤーのやられ役。
そんなことがハッキリしてしまったわけですが、ただ一人、


彼だけは全く諦めていませんでした。

まだまだスタジアムに現れていくことを表明。

と同時に、「貴様らがスタジアムに集まれなければ二度とゲンゾイヤーは現れない」と
間接的にもっと集まれと呼びかける心優しき悪の化身。



その次の試合もヤサガラスはゲンゾイヤーに負けてしまいました。



しかし金沢のチーム状態はなかなか上がらず。
なかなか苦しい状況に追い込まれていきます。


そんな中、ヤサガラスはサポーターたちを鼓舞します。


熱い



かわいい





その2か月後

気がついたら完全にサポーターと一体になってた。

そう、彼はただのヒール役で終わらなかった。


その不屈の魂と、溢れるサービス精神と、根の優しさとが絡み合い、
少しずつ金沢の顔としての地位を確立していったのです。


そのサービス精神はアウェイサポにも同様に発揮され






とても楽しい空間が作り出されていきます。



また、ゲンゾイヤー(ゲンゾー)とは直接のバトル以外にも



サポーターを巻き込んだリレー対決をやったり
(途中で転んだのはこのブログ冒頭の写真を撮影した人です)


あっち向いてホイやったり



ねるとんやったり。




繰り返される交流と闘いの日々の中で、どんどん金沢の風景に溶け込んでいくヤサガラス。




いや言えよ







4:グッズ担当の女


そして特筆すべきは、ゲンゾイヤー&ヤサガラスが揃い踏みした直後から、
金沢のグッズ・プロモーション攻勢が本気を出しているところですね。





この二人をフィーチャーしたグッズなどがどんどん発売されていきます。









それにしてもグッズ担当の女とは一体何者なのでしょうか…。
まちがいなくヤサガラスとすごく仲が良いことだけは伝わってきますが。




自ら店頭販売に出るクラブ関係者の鑑。なんだ悪の営業トークって。



ちょっとほしい






5:母ちゃんが見てる


さて、ヤサガラスは常々、ツイッターのフォロワーを増やすことに腐心していて。
節目の数字に到達する時をかなり気にしています。


この日もフォロワー1700人到達にあと一歩というところだったのですが



逆にフォロワー数が減り、突然の激昂。


しかしそのタイミングで!

母ちゃん登場



これ一番恥ずかしいやつや

そして「家出してやる」と。実家暮らしだったのね。

その後無事フォロワーも目標人数に到達。たった2時間強で家出は終了しました。



またある日。テレビで「天空の城ラピュタ」が放送されているとき。








なぜか母ちゃん顔出し



ところでその頭のやつ何?





さて、そんなヤサガラスに、
自らの闘う理由を大きく変えてしまうような、転機が訪れるのです…。




6:ナンシーという光

ツエーゲン金沢に、新キャラナンシーが突然登場。






ゲンゾーのことが好きで仕方ない女の子。

そんな突然の彼女の登場に

ヤサガラスは困惑するしかなく…


その次の試合でも

ナンシーが気になって仕方ないヤサガラス。

かと思えば

ナンシーが登場しなかった試合を嘆くヤサガラス。

完全に意識を彼女に持って行かれています。


そんな彼をよそに

温泉デートしてた。



そしてついにヤサガラスはアクションを起こします。

告白するも撃沈



フォロワーが増えてもそれどころではありません。


諦めずもう一回アタックするヤサガラスですが、そこで悲しすぎる返答が…


な、ナンシー!?
なに、ツエーゲンを憎むのはやめて、だと…
たとえお前の頼みであっても、それだけはできない!
お前こそゲンゾーゲンゾーと、いつもゲンゾーを追いかけまわしやがって!
見ろ、奴はツエーゲンを勝たせることで頭がいっぱいだ!
お前もサポーターの一人にしか過ぎないんだぞ?


…!?
「それでもいいの」 
だと…!?
ナンシー…!

くっ、ゲンゾイヤー!
貴様には女心がわからんのか!

最低な奴め!
貴様は俺様、ヤサガラス様が絶対に叩き潰す!!




この動画本当に泣ける…。



ゲンゾー(ゲンゾイヤー)はナンシーのことなんて本当は見ていないのに、それでもナンシーは良いと。

そんな報われないナンシーの姿が辛くて仕方のないヤサガラス。
もしかしたら、自分が報われないことよりも辛いことなのかもしれません。


何よりナンシーのことを最後まで思いやるヤサガラス。



えっこれ、誰が本当の主人公なの?



また別の日。

しかしナンシーのテーマ曲、「夏色のナンシー」なんですね…。
そしてノリノリでダンスに参加するヤサガラス。


とりあえずナンシーのそばにいられるだけで幸せな感じになってるヤサガラス。
しかし事態は暗転します。


(以下、ラブレター全文)



ナンシーちゃん フハハハハ。

俺様は悪の化身ヤサガラス様だ!

お前を俺様の彼女にしてやろう。

俺様と付き合ったら、毎朝毎晩「おはよう」「おやすみ」の電話は欠かさないぞ。

欲しいものはどんな奴からでも奪い取ってプレゼントしてやるぞ。

俺様ならお前を幸せにしてやる。

だから今すぐ俺様と付き合うんだ!

あんなへっぽこ鳥のことは嫌いになれ!

お返事まってます。

恋する悪の化身 ヤサガラスより



MCの人「ヤサガラスちょっとストーカーチックですね」



ラブレター攻勢も人前で晒されるという羞恥プレイに変えられてしまった、かわいそうなヤサガラス。


しかし、少しずつ風向きは変わってきたのかもしれません。
その試合でのゲンゾイヤーとの対決後…。

ボロボロになったヤサガラスを、優しく支えて退場するナンシー。


ヤサガラスがただのやられ役、ヒールでないということを決定づけるシーンでした。
それは何より、彼の真っすぐな純粋さが呼び込んだ展開なのかもしれません。








最後に。ちょっと時間は戻ります。

7:ヤサガールの到着

「ゲンゾーガールズ」の募集に対して、ヤサガラスは


「ヤサガール」を募りました。
本当に募ったのかは分かりませんが。


そして…







本当にヤサガールが到着してしまいました。

なにこのビジュアル的な面白さ。

リーダーを先頭に、とても品行方正な集団であることだけは伝わってきますね。
謎のユニットと化したヤサガラス一味に今後も期待が高まります。










8:絶望という名の

結局のところ、ヤサガラスの「金沢に絶望をもたらす」という野望はいまだ実現していません。



しかし彼のもたらそうとしているものが何であれ、



全力を尽くしてツエーゲン金沢を熱く盛り上げているのは事実。
その真摯さは、もはや当て馬などではありません。



その姿は、紛れもなく物語の主人公。




ヤサガラスという不器用でひねくれてて、誰よりも真っすぐな男と、
それに関係する個性的な登場人物たちの不思議な群像劇。

これからも楽しみにしていていいですよね?


がんばれ、ヤサガラス様。






【おまけ】やっさんとガンズくん


そんなヤサガラス、実は松本山雅のガンズくんと妙に仲が良かったりします。


はじまりは、このツイートに噛みついたことから。



いつものノリで煽ってみたら


めちゃくちゃ正論で説教された。



ちょっとハッシュタグが照れ隠しっぽい感じがいいですね。

というか

かなり本気でヘコんだようです。


しかしそんなやりとりで、不思議と縁ができていきます。こんなやりとりも。







かわいそうな少年時代を過ごしたのね…



さらにこんなやりとり。



かわいい





ふたりの不思議な関係、今後どんどん深まっていくといいですね…。



にほんブログ村