FC岐阜のギッフィーは相変わらず、驚くほど精力的に挑戦を続けています。

前回の記事でも触れましたが、彼の他には真似できない魅力のひとつに「新しいダンスを取り入れ続ける」というのがあるんですよね。
次々とステージで新曲を披露してくれます。本当にいつ練習してるんだというほどの。




この5月には、クラブの公式ダンスチームGGGが始動。
ダンスステージが一層本格化した、見ごたえのあるものとなっています。

そんなギッフィータイムで披露された曲の数々。
最新曲がふんだんに取り入れられたそのラインナップを、改めて紹介していきたいと思います。
その数20曲

ギッフィーの新しいものに対する感度、パフォーマンスへの貪欲さがよく分かる、その圧巻のプレイリストをご覧ください。
(全然最新曲じゃないものも含まれていますが、ご了承ください)





E-Girls「Follow Me」2012年



言わずと知れたE-Girlsの出世曲(サードシングル)。
この動画では照明を含め、ギッフィーのパフォーマーとしての力量が最大限に表現されていますね。


【公式動画】







防弾少年団「MIC Drop」2017年

防弾少年団(BTS)の世界的人気を決定づけた曲。
オリコン1位、全米28位を記録。
この曲に限らずギッフィーはK-POPヒットにもかなり積極的に挑戦していますね。

【公式動画】








Bruno Mars ft. Cardi B「Finesse」2017年


世界的スターであるブルーノ・マーズが90年代リスペクトを惜しげもなく披露した最新ヒット。
管理人が生で見て感動したダンスです。
そりゃ好きな曲をいきなりマスコットが目の前で踊ってくれたら惚れるでしょうが。

【公式動画】






DOBERMAN INFINITY「DO PARTY」2017年


おっさんが”いつの間にかLDH所属のユニットになってた”と驚く率の高いドーベルマンインフィニティの、オリコン4位を記録したヒット。
「ドパーティー」と読みます。
ギッフィーの「メンバーに岐阜出身者がいる」曲推しの一貫した姿勢は今後も続きます。

【公式動画】







Chris Brown「Yeah 3x」2010年

クリス・ブラウンの全米15位を記録したダンスヒット。
かつてDeNAベイスターズも場内で流してたし、スポーツとの親和性もある曲なのかも。
それにしてもポンチョでも当然のように踊るギッフィー、とんでもないな。

【公式動画】







Aqours「青空Jumping Heart」2016年


「ラブライブ!」シリーズから生まれたヒット曲。オリコン3位を記録。
ひとりのファンのためにこの普段やらないジャンルの曲を選んだというのがギッフィーの只者ではない感を引き立てますね。
 




TWICE「CHEER UP」2016年


やはり現代K-POPアイドルの中心的存在、TWICEのアルバム収録曲。
このツイートにもあるように、ギッフィーは毎回2~3曲ステージで違う曲を披露します。
とんでもないサービス精神。

【公式動画】






AKB48「ヘビーローテーション」2010年

2010年に日本で2番目に売れた曲。
慣れてないって言ってますけど、ギッフィー女の子っぽいキュートな動きも映えますよね。

【公式動画】







星野源「ドラえもん」
2018年

今年上半期で3番目にヒットした曲(Billboard Japan)。
他の曲ではあんまり見ない独特の振付で惹きつけられますね。

【公式動画】







cinema staff「HYPER CHANT」2018年

ギッフィーとも仲の良いシネマスタッフによる、FC岐阜のオフィシャルサポートソング。
ギッフィー自身が振り付けを考えたらしい。
それにしてもステージじゃない広場で踊ると、また違ったストリートパフォーマー感が。

【公式動画】






三代目 J Soul Brothers「R.Y.U.S.E.I.」
2014年

三代目の代表曲。カラオケでも大人気ですね。
ガンズくんも踊れるところは踊ろうとする姿勢が素敵。他のマスコットとのコラボももっと見たい。

【公式動画】







G2 ft. DUB4REASON、MEGAHORN、裂固、MAR、久世良輔「BIG UP MY TOWN」2018年

岐阜命名450年という節目に合わせ、岐阜のミュージシャン6組が提供したFC岐阜オフィシャルパワーソング。
なんというか…FC岐阜って、めっちゃミュージシャンと交流してますよね…。

【公式動画】






SKE48「オキドキ」2011年

SKEファンに大きな反響を呼んだダンス。
他のアーティストのステージに自然と紛れ込んで当然のように踊るギッフィーの姿は、たまに見られる光景だったりします。

 





Chris Brown & Tyge「Ayo」2015年


再びクリス・ブラウンの曲。全米21位を記録しています。
このくらいのリズムの曲がギッフィーのステップの綺麗さを一番実感できますね。

【公式動画】







Aqua Timez「虹」2008年

Aqua Timezで2番目に売れた曲。オリコン2位まで行きました。
もう10年前の曲なんですね…。
本当に岐阜出身者推しのギッフィー。

【公式動画】






BIGBANG「BANG BANG BANG」2015年

これもK-POPソング。動画再生回数が3億回超えてます。
さぬぴー普通に踊れてない?

【公式動画】






祭nine.「HARE晴れカーニバル」2018年


FC岐阜アンバサダーである祭nine.のオリコン1位獲得曲。
やはりミナモとのコラボは素晴らしいですね。
あと祭nine.が来場したとき、普通にそこらへん歩いててちょっとびっくりしました。オリコン1位アーティストなのに!

【公式動画】






DA PUMP「U.S.A.」2018年

今年の話題性ナンバーワンダンスソングと言ってもいい曲。
もちろんJマスコットで一番早く踊ったのはギッフィーでした。(その後ドロンパが踊った)
この早さ、クオリティの高さこそが誰にも真似できない彼の魅力…。

【公式動画】






MOMOLAND「BBoom BBoom」2018年

なんと6月に日本デビューを果たしたばかりの話題K-POPガールズユニットの曲を早くも踊る。
オリコンやビルボードでトップ10入りするなど大ヒットしている曲とはいえ、どんだけ早いの

【公式動画】






青山テルマ「世界の中心」2018年

そして最後は超最新話題曲。
30代あたりを狙い撃ちにした2000年前後リスペクトな曲ですね。
ギッフィー、間違いなくあんたがJマスコットダンス界の中心だよ!

【公式動画】





以上20曲でした。
このほかにも色々踊っていて、果たしてどれだけレパートリーがあるのかと驚愕するばかりです。
最先端を突っ走るギッフィーのこれからの活動にも熱く注目していきたいですね。





にほんブログ村