DJQRYHqVYAEkoNu
撮影:えふ @efu_ka_ 様 ありがとうございます。



プロ野球・埼玉西武ライオンズの人気マスコット、レオライナの兄妹。











奔放で快活な妹と、その妹が大好きすぎる兄のコンビは、球界でも随一の存在感を誇ります。
今日はそのうち、妹のライナについて見ていきたいと思います。





康そのもの





ライナさんはプロ野球女性マスコットの中でも屈指のスポーティーなスタイルで、常に注目を集めていますね。


こんなポーズでもモデル並の美しさ。





体が柔らかすぎて顔が見えない


パ・リーグの女性マスコットってやたら金銭を要求してくるイメージ(ポリーさんとか)


そんなアクティブなライナさんはTwitterでも大人気。

ライナさんの喋りのワンパクさ、子供っぽさと獣っぽさのハイブリッドといった趣です。




よくたべるね


そしてライナさんといえば、どうしても避けて通れない話題があります。




食べることが大好きということ。


「よくたべるね」と言ってほしいそうです(なういねて)


食に対する関心は非常に高いようです。


自分で作るのはそこまででもないようですが(兄の評価)。



というわけで、本拠地であるメットライフドームの名物グルメにも興味津々。


野獣の顔


最後の一行で意識が食欲に乗っ取られた様子


とにかくよく動き、よく笑い、よく食べる。
健康的女性の鑑みたいなライナさんには、そりゃもう色んな男性が近寄ってくるわけです。

オードリー春日さんのこの眼光の鋭さは何?


ここで、今年ライナさんの周りに起きたボーイフレンドとの事件を2つほど紹介。



ピザデート事件




遊びに来ていた日本ハムファイターズのフレップとピザを囲んでデートしたという、やたら情報量の多い1ツイート。

どういうことなのでしょうか。

事が起こったのは試合中。
メットライフドームの名物グルメ「L's CRAFT」のピザ。
石窯焼き立てピザが球場で味わえるという人気の一品に興味を惹かれたフレップですが、



なぜか当然のようにライナさんにごちそうする流れに。

アングルによっては兄が激怒して乱入してきそうな親密な雰囲気でしたが…
食べてたらライオンズ外崎選手のホームランの一報が。
まるでデート感なし
礼儀正しくその場を立ち去るフレップですが…

ライナさんはまだ食べたりなかった。

彼女と付き合うには、彼女の食欲ととことん付き合うということなのですね…。




嫁にください事件

人気ユニット・ケツメイシが10月、日本シリーズ(セ・リーグ主催試合)の真裏でメットライフドームにて開催するライブ。
その名称が

「お義兄さん!!ライナを嫁にくださいm(_ _)m

この謎のタイトルが発表された時、野球ファンとマスコットファンは一時騒然となったものでした。
ライオンズの本拠地でライブをするからといって、マスコットの名前をタイトルに入れてくるとは…と思っていたら


本当にケツメイシメンバーの大蔵さんが、ライナに求婚してきた。


流れで大蔵さんと対決することになってしまって焦る兄のレオ。

食べる事しか考えてないライナ


そしていよいよ大蔵さんとレオとの、ライナの結婚を賭けた対決が…


茶番で終了


ということで、無事騒動は完結しました。
しかし何故か、その同じ日に…



遊びに来ていたホークスのハリーにお持ち帰りされる事件も勃発。(なんなの)


色んな男性からアプローチされまくり、そのすべてをあっけらかんとマイペースで楽しむライナさん。
これが彼女のスタイルなのですね。




優勝へ


そんなライオンズは、圧倒的な打力を武器に勝利を重ね続け、10年ぶりのリーグ優勝を射程におさめていました。



特に終盤は大型連勝などもあり、ライナさんのテンションも最高潮。


しかし本拠地での優勝決定には至らなかったため、ライナさんは埼玉に残り、札幌へチームと共に遠征する兄に思いを託します。





妹からの想いを託されたレオ@札幌遠征中。




そして…



埼玉西武ライオンズ、2018年のパ・リーグ優勝決定。



その一週間後に地元・所沢で行われたイベントで、ライナさんは喜びを爆発させます。

10年ぶりの歓喜に身を委ねる兄妹。

ここからいよいよクライマックスシリーズ、日本シリーズ…悲願の日本一への最後の戦いが始まろうとしています。


いつも全力でチームを応援してきたライナさんは、最高の笑顔で一年を終えることができるのか?


頑張れ、レオ&ライナ!






【おまけ】兄がすごい



最後に、この記事ではあんまり触れられなかったことを少しだけ。



レオは球界でも屈指のフィジカルモンスター系マスコットとしてお馴染みですが、最近はステージでのダンスも大きな反響を呼んでいます。
今年特に話題になったのがこの2曲。


T.M.Revolution「Hot Limit」


三浦大知「EXCITE」

このステージだけでお金を払う価値があると思える出来…。
球場に行く理由を増やしてくれるマスコットの存在は、本当に貴重です。



にほんブログ村