2018年、ツエーゲン金沢のホームゲーム試合前&ハーフタイムに行われた連続マスコットドラマ、
ヤサガラス劇場2nd Season

おおよそサッカーの試合の脇でやってるイベントとは思えない圧倒的な展開のショー。

この記事では、その第12話から第20話(最終話)までの概要をご紹介します。

最後に触れますが、既に2019年の3rd Seasonも決定しているこのマスコットショー。
シーズン開幕前に流れを確認しておきましょう。

なお、第1話~第11話のまとめはこちら。登場人物紹介もこちらに書いています。
ヤサガラス劇場2nd Seasonまとめ(前編)





【第11話までのざっくりまとめ】
記憶を失って純粋な悪の化身として戻ってきたヤサガラス。
しかしゲンゾイヤーとの戦い、ナンシーとの交流を経て、自らの戦う意味と向き合い、悪の組織の手先ではない自分の道を歩もうとするのであった…。



第12話 花よりゲンゾー


「ありえないっつーの、だと!!???」

【あらすじ】
浮気疑惑が持ち上がったゲンゾーを前にして、ヤサガラスは一気にナンシーを自分のものにしようと攻勢をかけるが、その答えはナンシーの強烈なパンチだった。
ゲンゾーを心から愛しているナンシー。ヤサガラスはまたしても恋に破れたのだった。
y12


【感想】
相変わらずカッコ悪いフラれ方に定評のありまくるやっさん。
ナンシーにフラれた時の「そうか…そうかぁ…!フハハハハ!!」がとても胸にしみました。



第13話 るろうにヤサガラス



「赤・即・斬! 来い、お前の全てを否定してやる!」

【あらすじ】
悪の組織に再度ツエーゲンを討つように焚きつけられたヤサガラス。
しかし既に彼は悪の組織など関係なく、己の信念と、1/3の純情な感情に従いゲンゾイヤーと立ち向かい、倒す決意を固めていたのだった。
y13
【感想】
るろうに剣心リスペクト回。ソードアクションが大変かっこいいです。なんでこれをハーフタイムのピッチサイドでやってるんだ感。




第14話 邪悪の化身登場






「この程度の力でツエーゲンを勝たせられると思ったか…笑止!」


【あらすじ】
悪の組織に離反し、ひとりでゲンゾイヤーに立ち向かおうとするヤサガラス。
しかし、組織の親玉である「邪悪の化身」黒ガラスによる無慈悲な制裁が下る…。
そしてその魔の手は、ゲンゾイヤーにも伸び…

y14
【感想】
ゲンゾーが一人で黒ガラスに立ち向かう姿が大変かわいらしいので見て。けっこうちゃんとしたハイキック。




第15話 ヤサガラス隊長登場





「ヤサーズブートキャンプは、自分自身を変える場所だ!」


【あらすじ】
「邪悪の化身」黒ガラスに完膚なきまで敗れ、それぞれ敗北感と屈辱感にまみれたゲンゾーとヤサガラス。
ふたりとナンシーは、自身のさらなるレベルアップのために緊急ブートキャンプを開催するのだった。

y15
【感想】
ビリーズブートキャンプとかまたすごいところからネタを持ってきましたね。
というか、ナンシーが終始やる気に満ちあふれてて素晴らしい。このポーズ。




第16話 レンゲ草の化身





「本当は分かっているんだろう、ヤサガラス…?」

【あらすじ】
白山ダービーで岐阜からやってきたギッフィーをスカウトし、ゲンゾイヤーとの戦いに挑むヤサガラス。
しかしギッフィーは加担するどころか、二人の戦いを止めた。
本当の敵(黒ガラス)の存在から目を反らすヤサガラスを叱咤するギッフィーだった。

y16

【感想】
ひたすらギッフィーがかわいい回。あれ?この構図前にも見たぞ?(第8話)
c9a6d48c-s



第17話 アイドル悪を撃つ






「お前は、たった一人だ」


【あらすじ】
正々堂々とゲンゾイヤーを討つ決意を固めたヤサガラスだったが、そこに現れた「邪悪の化身」黒ガラスの差し金で、背後からツエーゲンガールによって狙撃される。
卑怯な手を使ってでもツエーゲンを滅ぼさねば…。
再び悪の洗脳に染まったヤサガラスは、ナンシーを拉致するという手段を選択するのだった。

y17

【感想】
誰だよこの脚本考えた奴



第18話 滅びの言葉





「君は、人生の素晴らしさを教えてくれた…
俺様も、、、幸せになりたい。」



【あらすじ】
洗脳されたヤサガラスだったが、母ちゃんとナンシーの刺激的な叱咤に触れ、正気を取り戻す。
ナンシーへの心からの想いを一つ残らず伝えたヤサガラスは、最後の戦いへと赴くのだった。

y18

【感想】
ヤサガラスが最高にかっこいい愛の告白をする回。
あまりにもかっこよすぎて、前半にヤサガラスの母ちゃんが出てきたインパクトが思い切りかき消された感もあります。




第19話 邪悪の化身の正体






「ヤサガラスよ!苦痛と共に、すべての憎しみを、すべての怒りを、すべての恐れを、思い出すがよい!!」


【あらすじ】
ゲンゾイヤーとも共闘せず、たったひとりで黒ガラスに対峙するヤサガラス。
しかしそこで待っていたのは、黒ガラスが自分の実の父親であったという衝撃的な事実だった。
そのまま絶望の一撃に貫かれ倒れるヤサガラス…果たして?
y19

【感想】
緊迫の最終回直前展開。なんでこれをハーフタイムのピッチサイドでやってるんだ感。(2回目)





第20話(最終話) 最強のコンビ誕生





「ゲンゾイヤー、ナンシー、
そしてサポーター共、愛すべき愚か者たちよ…
ツエーゲンを… 頼むぞ…
フーハーハーハーハー…!」



【あらすじ】
黒ガラスの猛攻に追い込まれるゲンゾイヤー。
そこに傷つきながらも再び立ち上がったヤサガラスが現れる。
父である黒ガラスを倒すために、ゲンゾイヤーの最後の攻撃に共に貫かれたヤサガラスは、ナンシーの腕の中で満足気に別れを告げるのだった…。

y20-1
孫悟空がラディッツと一緒に倒れる的なアレで決着。
y20-2
1st Seasonと同じく死んで終わるというエンディング。
ただ前回のような突然現れた謎の敵にやられるバッドエンドではなく、敵を討って美しく散るという展開なのが素晴らしかったと思います。

まあみんなまた復活するんだろうと思って見てるわけですが。






そして2か月後。


ヤサガラス、チャンピオンカレーの神の力で復活。


軽い


ということで2019年も継続のヤサガラス劇場。

2nd Seasonでは「悪の組織との対峙」というテーマがあったわけですが、3rd Seasonではどんなフックが用意されているのでしょうか。新キャラの登場は?ナンシーとの恋路は?
今後も注目しましょう。