aamall

2018年06月17日

夏到来

今年もウェイクマジックが本領を発揮する季節になりました。
RIMG0279
海水温もそこそこ上昇しているみたいなので、あと少しで本格的なシーズンインですね。
今年も楽しみです。

dakaizura at 20:47|PermalinkComments(0)

2018年06月04日

NIMS-80ULST

レスポンスマスター80
RIMG0275
まだ根魚しか釣ってない。

dakaizura at 21:36|PermalinkComments(0)

2018年05月10日

チヌトップ

チヌトップ開幕戦は、ワンズバグ。
_20180510_175359
また年無しに1寸足らず。
水温が上がりきらないこの時期は、ジャスティーンやウェイクマジックよりも、止めて誘えるワンズバグが効果を発揮します。
ハイシーズンが待ち遠しいですね。

dakaizura at 18:05|PermalinkComments(0) クロダイ 

2018年05月01日

山陰

いくつかのニューアイテムを携えて、GW恒例年に一度の山陰エギング。

結果は清々しい程の釣れなさっぷりで、エリアを外したのかアオリイカの気配どころかエギンガーの気配すらないといった有り様。
唯一の釣果は、朝マヅメに波にのって踊るワカメを掻い潜ってボトムまでジグヘッドを落とし込んだ時に反応してくれたこいつ。
_20180506_192125
去年アオリイカを掛けたまま横波をくらって粉砕したギャフの代わりに、B-TRUEラバーランディングネットとAr.ランディングシャフトを組み合わせたネットを新規導入していましたが、残念ながら移動中にしこたま岩肌に擦り付けただけで出番なく終わってしまいました。
これはちょっと近い内にリベンジですね。

ちなみにこのランディングネット、ワンアクションフリップ機能搭載なので、別途ジョイントユニットを購入しなくてもコンパクトに持ち運ぶ事ができます。
_20180506_200254
シャフトとネットの軸芯がずれないのが良いですね。
_20180506_191252
また、専用カバーにはシャフト固定用のベルクロが付属されていますので、運搬時にはバタつきを抑える事ができますが、実釣時に磯等で持ち歩く際には、ネットがプラプラ揺れてあちこちに引っ掛からない様な工夫が必要ですね。
私は今回の反省を生かして、シャフトエンドとネットトップを磁石で連結してみました。
_20180506_193839
これなら持ち運ぶ際にもホルダーから勝手に落ちることなく安心です。

アルカジックのシャフトはなかなかの軽量っぷり。
_20180506_191808
持ち運びにも便利な仕舞い寸法40cm、全長3m設定で使い勝手の良いアイテムになっています。
_20180506_192355
元々はチヌで使おうと思って導入したので、鱗が付く前に墨が付かなくて良かったなと思うことにします。傷は付きましたけども。

また、これからの季節重宝するのがE.G.ストレッチ・ロング レインパンツ。
_20180506_192322
先行発売されたE.G.ストレッチ・レインジャケットと組み合わせるとこんな感じです。
気に入ったのは、いちばん引っ掛けやすいビザ、ヒップ部分に補強が入っていることと、レインには珍しくD環が付いているという点。
E.G.ストレッチパンツ系共通の機能ですが、スマホのリーシュコードを引っ掛けたり、ちょっとした小物をぶら下げたり、釣れない時に指を絡めたりするのにとても便利です。

dakaizura at 19:56|PermalinkComments(0) エギング 

2018年04月21日

ボトムメバル

_20180422_173918
スプリットリグでの一匹。
メバリングと言えば、ジグヘッド単体や、ミノー等のプラグ系、はたまたフロートリグなんかが選択される事が多いのですが、ボトムに張り付くメバルを狙うのであれば、スプリットリグもお勧めです。
スピーディーにボトムまでリグを送り込める上に、ワーム自体はスローにフォールさせることが出来ますし、ワンタッチでリグのウェイトを変更することが出来るので、ころころ変わる状況にマッチした攻めが可能になります。
ぼちぼちメバルも終盤に差し掛かってきていますが、色々なリグを駆使してもう少しだけ楽しみたいなと思います。

dakaizura at 17:55|PermalinkComments(0) メバリング 

2018年04月12日

春アジ

春アジ新規ポイント開拓。

リグはキャロ&フロート。
最近はめったに波止で釣りをする事が少なくなりましたが、その分色々な発見が増えました。
_20180414_044246
チヌトップで見つけたシャローエリアのデイ。
まずアジングしないだろうというロケーションで28cm。

キャロでは見向きもしなかったのに、フロートで縦の釣りに切り替えたとたんに高反応。
ストマックにはシラスがびっしり入っていたんですが、速い動きには反応せず。

藻が切れはじめるこの時期、海面のゴミで横の釣りがしづらい時でもフロートならなんとか釣りになりますね。
他のエリアでもアジの好釣果が聞かれはじめていますので、このタイミングをのがさず新規開拓を進めていきたいと思います。

dakaizura at 08:04|PermalinkComments(0)

2018年03月11日

夕マヅメ

夕マヅメに狙いを絞って超短時間釣行。

少し早めの17時前にポイントインしましたが、釣れ始めたのは太陽が完全に島陰に隠れた18時過ぎ。

マズメの高活性なメバルを広く狙う為に、PSSS-76T+ウエイトアジャスターをフル充填した10gフリーシンカーで広く探っていましたが、釣れるのは20cmに満たない子メバルばかり。
しかも広い範囲にいるわけではなく、流れが当たっている藻場の一部分だけに反応が濃く出るといった感じです。

取り敢えず付き場が見えたので、今度はPSSS-82T+ぶっ飛びロッカー2のLL-HFに、0.6gラウンドロック+Vフライで丁寧に狙います。
ちょっとだけ潮上にキャストして、しっかり馴染ませてからスポットへ。
張らず緩めずでじっくり攻めると、先ほどまでのサイズに混じってひと回り大きな22〜24cmが立て続けにヒットします。
_20180313_224141

厳密に言えば、キャロでも釣れた魚かも知れませんが、考えてヒットさせた一匹はとても価値があると思います。

しばらく荒食いを楽しみましたが、その後はお決まりの暗くなったら反応が消えるというやつに見舞われて終了。
わずかに30分の時合いでしたが、しっかり楽しむ事が出来ました。

ここが始まったということは、そろそろ近場のポイントも良くなっているはず。

いまからのアフターシーズン、乗り遅れる事なく楽しんでいきたいと思います。

dakaizura at 00:52|PermalinkComments(0) メバリング 

2018年02月25日

最近のメバル

そもそも魚が抜ける時期ではあるんですが、最近のメバルはどうも苦戦続き。

先日、絶対釣れると踏んで500km移動して吹雪の中で延々粘ってノーバイトだったポイントへリベンジに行こうかとも思ったんですが、ちょっと傷が癒えていないので今回は少しエリアを変えて、プリでちょこちょこと良い思いをしたポイントへ。
_20180225_235747
まだ明るいうちからエントリーして藻の位置等を確認したんですが、今年はどうやら藻の繁茂も少なく、おまけにベイトの気配も感じられません。
夕マヅメを綺麗にスルーし、すっかり暗くなった頃に一匹ゲットするも後が続かず。
_20180225_235921

潮止まりまで粘るも状況は改善しそうにないので、新規開拓兼ねて初めてのエリアのサーフへ移動して攻めてみますが、ほとんど生命感を感じることなく終了。

ここ数年、波止場から離れて磯やゴロタ、サーフなどを攻める機会が多くなりましたが、やはりなかなか一筋縄ではいきませんね。
少しずつではあるものの、きっと何かしらが積み重なっていると思いますので、取り敢えず結果が出るまでもう少し頑張ってみようかなと思います。

dakaizura at 00:30|PermalinkComments(0) メバリング 

2018年02月05日

フィッシングショー大阪2018

今年もエバーグリーン、アルカジックの両ブースで2日間お世話になりました。
_20180206_223903

ソルティーセンセーションスペリオル。
_20180205_122643
まだプロトの段階なので、これからもっと良いロッドに仕上げていきたいと思っています。

その他にも、個人的に気になる収納アイテムがちらほら。
_20180206_224040

_20180206_224101
新作ランディングツールと自称たこ焼きな方。
_20180206_224138
B-TRUEコーナーでは、カメレオンと総長の異色コンビが可愛らしくて素敵でした。
_20180205_122859

_20180205_122755
アルカジックブースでは、ブランドスタッフがアイテムの勘所なんかを惜しみ無く公開。
_20180208_225607

ショアグライダーのシークレットな使い方も公開。
_20180208_225814
とても釣れそうです。

とまあこんな感じで、とても充実した三日間でした。
1518008206154

両ブースにご来場頂いた皆様、ありがとうございました。

dakaizura at 23:11|PermalinkComments(0) 日々徒然 

2018年01月06日

2018

明けましておめでとうございます。

というわけで2018年の釣り初めは、1月2日のまるっと外した夕マヅメ限定短時間釣行を無かったことにして1月6日のデイアジング。
_20180107_163758
風が強いこともあって、70Sに3.5gスプリットをメインで使用します。
ワームはアピール力強めに2.5inchギムレットを選択。

2ヵ所ほどランガンして、アジ、メバル、カサゴ、ベラ、極めつけに40cm級のホウボウで5目達成。
_20180107_163308
サイズ的には最大でも25cmまでと少々控え目でしたが、2018年も魚種豊富に楽しめそうです。

それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。


dakaizura at 23:41|PermalinkComments(0) アジング 

2017年12月30日

釣り納め

2017年釣り納めは、闇磯でのメバル狙い。
_20171231_174430
延々と磯場を歩きながらフロートとジグヘッドをローテーションするも、メバルからの反応は無く。
この時期のメバリングはあまり得意ではありませんが、ノーフィッシュでは納まるものも納まりませんので、大きく場所を移動。
5gジグヘッドフルキャストしてもカウント5以内に着底するような激シャローエリアにエントリーします。

こちらもあちこちフロートで探りましたが、入ってすぐのストラクチャー周りで20cmくらいのメバルが食ってくれただけで、それ以降は先ほどと同じく反応無し。
多少藻がまばらなエリアに入ったところでシャローマジックにチェンジ。
うっすら月明かりに照らされて浮かび上がるストラクチャー目掛けてキャスト。

その2投目。

コンッ!という手ごたえに反射的に合わせを入れると、ロッキーハンツマンが一気に絞りこまれます。
右の根廻に突っ込もうとするのをバットパワーで無理矢理浮かせようとするも、嘲笑うかの如くひん曲げられるロッド。

スピード、重量感ともにレギュラーサイズを遥かに超えていることは一目瞭然。
周囲は巻かれたら一発アウトのストラクチャーまみれ。
今年一年を締めくくるに相応しいシチュエーションです。

瞬間的にガチガチのドラグノブに手が掛かりましたが、ラインは巻き変えたばかりのAr.PE Range Blade0.5号にバスザイルマジックハードR8lb。
これは多分大丈夫。

藻だらけの岩から飛び降りて足場を確保。
時折伝わるラインからの危険信号にひやひやしながら、強引かつ繊細、そして大胆にロッド操作で寄せにかかりますが、これはあまりにも強すぎる。

ヘッドライトを点けて水面を照らすと、浮かび上がったのは銀色に輝く巨体。

うん、これは無理。
すぐにドラグを調整し、時間をかけてランディング。
RIMG0206
80cm。
立派なスズキサイズですね。
フック開いてました。

この一匹で場が荒れたのか、その後も相変わらずメバルからの反応は無く、翌日も朝から大掃除が待っているのでここで納竿としました。

2017年、生活環境ががらりと変わり、近年に無いくらい釣りに行けない一年でした。
バタバタと忙しない日々を送りましたが、なんとか一年乗り切れたのも皆様のおかげと感謝しています。
来年は状況も少しは落ち着き、色々と余裕が出てくるはず。きっと。多分。
今年の鬱憤を吹き飛ばすかの如く楽しんで行きたいと思いますので、変わらぬご指導、ご支援のほどよろしくお願いいたします。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

dakaizura at 17:41|PermalinkComments(0) メバリング 

2017年12月09日

ゴロタメバル

プリのメバルを求めて少し足を伸ばす。

いつもならフロートリグをメインに使用するのですが、この時期のゴロタ浜ということもあって、今回はドットテール2.5inchとラウンドロック3gのジグヘッドリグ。
ロッドもロッキーハンツマンで、まんま伊豆の大魔人セットです。

同行者はフロートリグでしたが、どうやら浮いている個体はあまりいないらしく、今日良かったのはストラクチャー付近でのボトムステイ。
ボトムでふわふわ浮かんで漂うドットがメバルを魅了した…のかはわかりませんが、真っ暗闇のゴロタ浜で良い感じにメバルを連れてきてくれます。
_20171209_120508
根掛かりに注意しながら丹念に探り、ストラクチャーがあればショートジャークで跳ね上げてフォール&ステイで食わす感じ。

手前で反応が無くなったので、ジャベリンジェット5gを遠投して更に沖まで。
_20171209_120445
サイズは大きくても24cmくらいまででしたが、藻が生えきらないこの時期ならではの釣りを楽しむ事が出来ました。

dakaizura at 16:06|PermalinkComments(0) メバリング 

2017年11月25日

デイアジ

風の強い日が続いていますが、なんとか合間を縫って2時間ほどデイアジング。
_20171126_185603
全体的にサイズは小さいものの、デイアジングらしく良いサイズのアジは流れの中の表層付近。
時折小さなイワシの群れが見えますが、持って帰ったアジはほとんど何も食べていない様子。
釣果的には良いタイミングにあたったらしく、ほぼワンキャストワンヒットで40匹くらいキャッチして、22cm超えた中から7匹だけキープ。
途中メバルも意識して探ってみましたが、こちらはまだ少し早いみたいですね。
次はもう少しサイズを狙っていきたいと思います。

dakaizura at 18:57|PermalinkComments(0) アジング 

2017年11月12日

今年の冬支度

ライトゲームを楽しむ上で、この時期のウェアというのは本当に悩みどころでして、私自身も色々なアイテムを導入してきたわけですが、今秋にエバーグリーンから発売されたアイテムがとても良さげなので紹介しておきます。

まずはE.G.レインスーツEGRS-302。
DSC_0146
通常、レインウェアというのは30〜70デニールのナイロン素材で作製されるそうですが、この302は210デニールの素材で作られています。
ちなみに、1デニールというのは長さ9000mで1gの糸ということらしいです。
数値が高くなればなるほど、重量は増えるけど丈夫といったイメージですかね。
波止場などで特にストレス無くライトゲームを楽しむのであれば圧倒的にオーバースペックなのですが、例えば藪こぎが付き物のライトロック、ポイントを求めて延々磯場を歩くメバリングやブリームゲームなどではシェルとしての役割を十二分に果たしてくれます。

釣りでは一般的に、雪山登山の様にウェア選びが生き死にに直結するような事は少ないので、レイヤーシステムさえきちんとしてしまえば、動きが少ない波止の釣りはホットスーツ、ランガンが基本のメバリング等はE.G.レインスーツEGRS-302で対応することが出来そうです。
ちなみに、身長170cm、25年剣道をやってて太ももの事を後ろ足と呼ばれる体格の私が着た場合、XLでちょっと大きいかなといった感じ。(裾はそこそこ余ります)
中にたくさん着込んでも大丈夫そうですね。

また、ホットスーツやレインスーツのインナー、というかミドルウェアとしてして役に立ちそうなのがE.G.ライトウォームフリースジャケット。
DSC_0156
比較的毛足が長くて柔らかな素材を使用しているので、ライトダウンに比べて保温力こそ及ばないものの、伸縮性があって肌触りが良く、動きやすい仕様になっています。
また、真冬でも基本打ちが終わる頃には面から湯気が出るほどに汗っかき体質な私は、磯場を歩くと短時間でそこそこの汗をかくので、ダウンではどうしても首回りにビニール素材がへばりついていましたが、フリース素材は通気性が高いので湿気などが逃げやすく、まあまあ快適にランガン出来るのではないかと期待しています。
ちなみに、身長170cm、25年剣道をやってて上腕の事を前足と呼ばれる体格の私が着た場合、こちらはXLでちょうど良い感じです。(首は少しだけ窮屈)

取り敢えずは今シーズン使ってみて、効果のほどを確認してみたいと思います。



dakaizura at 17:06|PermalinkComments(0) タックルその他 

2017年11月02日

新色&収納

エバーグリーンから発売されたボックスが良い感じです。
E.G.インナーボックスリバーシブル。
_20171018_204631
一番の特徴は、WormSlip加工が施された上蓋。
いままで使用していたボックスでは、開閉の度に蓋に数個のワームがくっついてしまい、他のカラーと混ざったり蓋に挟まれて千切れたりといった不具合が発生していましたが、これは蓋にワームがくっつかず、快適に使用できます。
_20171018_204654

_20171018_204710
こんな感じで裏表にワームを収納出来ます。
ちなみに、ギムレットの新色ワームも。
レモンチャート・グロー、ひとくちイワシ、ナマシラス、伝説の白のうち、ここにはひとくちイワシと伝説の白をスタンバイ。
_20171107_212520
画像は伝説の白。

カラーについては正直特にこだわりは無くて、ソリッド、クリア、グローくらいしか意識して使い分けることはありませんし、このカラーでしか釣れない、なんて場面には過去に一度しか遭遇したことはないんですが、手駒は多い方が現場であれこれ悩めて楽しいのも事実。
個人的にひとくちイワシはグッとくるカラーです。

これから始まるライトゲームの本格シーズン。
しっかりと活躍してもらいたいと思います。

dakaizura at 22:06|PermalinkComments(0) タックルその他