aamall

2017年07月30日

2017年07月30日

フォロー

普段、チヌトップの際にはPSSC-82TとPSSS-74Sの2本体制で臨んでいます。
82Tは基本的にトッププラグを結んだままですが、74Sはトップに出きらず深いレンジのまま付いてきて目の前でうろうろしてるやつへのフォローや、どシャローで餌を探してふわふわしてるやつをサイトで狙う為に持ち込んでいるんですが、これがなかなか難しい。
昔から見える魚は釣れないといいますが、リアクションではなくチヌの食性に訴えかけて口を使わせるのは簡単ではありません。

そこで練習を兼ねて、今日もチヌ狙い。
普段あまりやらないポイントへエントリーし、まずは見えるチヌを探してサーフや磯場をうろちょろしますが、少し曇ってることもあってなかなかチヌを見つけられないので、取り敢えずウェイクマジックをキャスト。
んで、一発。
RIMG0062
すぐに二発目。
RIMG0064

んで、三発目。
RIMG0073

怒濤の三連発をかましたところで再びサイトに切り替えますが、やはり見えチヌは見当たらず。

闇雲にワームをキャストすると一瞬でプラスチック片にされてしまうほどフグが群れてる地域なので、ウェイクマジックで誘き寄せて、食いきれないやつをサイトで狙おうと思いましたが、そんなことする必要がないくらいに食っちゃう。
RIMG0079

RIMG0076
これは違うか。
RIMG0083

RIMG0086

RIMG0093

RIMG0094
単独釣行なので似たような写真になりますね。もはや順番も不明です。

ストップ&ゴーや強めのジャークからのステイ、連続トゥイッチなど、小技を効かすとあまりにも躊躇なくウェイクマジックに襲いかかってきます。

途中ふと我にかえって、食い気満々で追っかけてきたやつがバイトする前に無理やりピックアップし、うろちょろしてるところにワームをキャストして誘うも丸っと無視。
ならばと、浮力のあるワームを浮かべて小刻みにシェイクするも無視。

まあ仕方がないですね。
あえて例えるなら、この野郎ぶっ飛ばしてやる!と鼻息(鼻息?)荒く追いかけてきた相手に、まあまあこれでも食べて落ち着いてと言いながら唐揚げ勧めている様なものですから、それはまあ食わなくて当然かなと。

結局、無理やりサイトで狙おうとしてそっぽ向かれた3回を除いて、13チェイス10キャッチ。(画像一枚どっかいった)

途中、数日前から異常発生しているというアブに脛と手首と背中を2ヶ所かじられて、日差し照りつける波止場にうずくまっていた30分を差し引いても、3時間きっちり楽しめました。
RIMG0103
潮位的に帰着が厳しくなりそうだったので、昼前には終了。
サイトの難しさと、ウェイクマジックの爆発力を再認識した1日でした。

dakaizura at 19:37|PermalinkComments(0)クロダイ