料金トラブルから大阪・ミナミの飲食店店長に暴行を加え、骨折させたとして、大阪府警南署は26日、傷害容疑で、吉本興業所属のお笑いコンビ「メッセンジャー」の黒田有(39)=大阪府東大阪市吉田=、飲食店経営会社役員樋口勝紀(40)=同市御厨東=両容疑者を逮捕した。同署によると、黒田容疑者は「けんかを止めに入っただけで殴っていない」と容疑を否認、樋口容疑者は容疑を認めた上で「黒田(容疑者)は止めに入ってくれただけ」と供述している。
 逮捕容疑では、黒田容疑者らは25日午後11時55分ごろ、大阪市中央区宗右衛門町の飲食店で、店長の男性(23)の顔面を殴り、左目の下の骨を折るなどのけがを負わせた疑い。男性は2カ月の重傷。
 同署によると、黒田容疑者らは25日午後9時ごろ計4人で入店。4人分の料金として25万円を請求され、支払いを拒否。店長と口論になり、樋口容疑者が暴行を加え、黒田容疑者も店長の髪をつかみ、けるなどした。かなり酒を飲んでおり、支払いの際には両容疑者だけだったという。
 黒田容疑者は東大阪市出身で、1991年にメッセンジャーを結成。関西のテレビを中心に活躍し、2007年には上方漫才大賞を受賞した。複数のレギュラー番組を持っており、関西テレビは26日正午から放送予定だった出演番組を急きょ、さしかえた。
 吉本興業広報部の話 逮捕されたことは事実。詳細が確認でき次第、報告します。