Dales Mivisのラーメン&一人飲み

これまで食べログメインでレビューしてきました。 これからはこちらと両立していきます。 食べログは↓です。ともどもよろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

2017-07-19-11-51-06
大塚駅南口から数分の場所にある「やっぱりインディア」。
2017-07-19-11-51-15
お店は2階にあり、階段入り口に立て看板が立っています。
2017-07-19-12-12-55
食後に気付いたのですが、ラッシー無料券が置いてありました。
2017-07-19-11-53-49
店内はテーブルのみ26席。
人気なようで、12時過ぎには店内待ちもありました。
2017-07-19-11-51-42
厨房にはインド系外国人のシェフ2名。
「ダバインディア」と「シバカリーワラ」出身の方だそうです。
2017-07-19-11-52-12
ランチメニューはカレーセットにタンドリーチキンセットなど。
2017-07-19-11-51-18
カレーは日替わり4種で、この日は
ポークキーマとなすカレー
チキンクルマカレー
三種豆カレー
バターチキンカレー
でした。
2017-07-19-11-51-32
注文は「二色カレーセット」950円
辛口のポークキーマとなすカレー、チキンクルマカレーにしました。
2017-07-19-12-00-04
通常はナンかライスを選択するようですが、+100円でチーズクルチャに変更。
ライスも乗ってきて、こちらはおかわり出来るようです。
2017-07-19-11-59-46
チーズクルチャは大きく分厚く、チーズたっぷり。
2017-07-19-12-01-42
+100円でこれなら、チーズクルチャにした方がお得です。
2017-07-19-12-00-24
ポークキーマはスパイスが香り、濃厚な旨さ。
辛口と言っても「ダバインディア」で食べた激辛では無く、食べやすいです。
2017-07-19-12-00-27
チキンクルマカレーは辛さがほとんど無く、マイルド。
ナッツのコクもあり、大きな鶏肉がひとつ入ってます。
カレーはもちろん美味ですが、チーズクルチャが特に気に入りました。
カレーなしでも食べられるほど好みです。


「饗 くろ㐂」が7月から 9月中旬まで週替わりで行っている「夏麺」。


この時期は毎週金曜の「紫 くろ㐂」と「あさり味噌そば」はお休みです。

「くろ㐂の夏麺20177弾」は夏麺 1番人気メニュー「冷やしカレーそば」1100円。

提供は817日(木)~ 823日(水)までの提供です。


前の日まで夏期休業だったからか、初日の列は結構多め。

開店時で20人超え、開店から10分ほどで 30人近く居たと思います。


しかし、「くろ㐂」なので回転はかなり早め。

平たいガラス皿でカラフルな一杯が提供されました。



オイルは3種類で、煮干しマー油、バジルオイル、自家製ラー油。


ローストトマトとパプリカ、ラー油の赤。

バジルオイル、ゴーヤの緑が映えます。


麺はコシのある平打ち麺。

カレースープはサラッとしており、食べ進めるうちに結構辛くなって行きます。

恐らく複雑なスパイスではありませんが、香ばしいマー油、華やかなバジルがアクセント。


ジャマイカの郷土料理「ジャークチキン」が乗っており、こちらは程よいエスニック感。

ネットリとした食感のポテト、パプリカのピクルスも美味。


ゴーヤのお浸しは苦みが無く、ローストトマトは旨味凝縮。

チキンだけで無く、野菜も旨いです。

麺を食べ終えた後は、スパイシーなスープが残ります。


夏麺用に「キーマ飯」200円もありましたが、白飯でスープカリーにしても良さそう。


僕はご飯では無く「ハートランド」500円。

ジャークチキンとの相性は最高です。

image
船橋の東海神駅すぐ近くの「零一弍三
(すうじ)」。

JR船橋駅から歩いても10分ほどでした。

2017-08-11-12-00-39
こちらの店主さんは二郎インスパの「ちばから」と煮干の「中華ソバ
伊吹」で修行された方。

今年3月のオープン当初は二郎インスパイアのみを提供していましたが、5 月に煮干ラーメンのお店として再スタートしました。

2017-08-11-11-54-09
休日の
12時前に伺うと外待ち数人。

店内にも5人分待ち席があります。

2017-08-11-12-07-09
先に食券を買ってから列に並ぶので、息子と伺って「煮干し蕎麦」
750円と「濃厚煮干し蕎麦」800 円を購入。

image
なお、その日の杯数はブログ及び
Twitterにてお知らせ。

この日は淡麗55杯に濃厚35 杯。

2017-08-11-12-07-32
店内で券売機を見ながら待っていると、濃厚は人気で
12時過ぎに売り切れていました。

2017-08-11-12-21-40
店主さん一人で調理と片付けをされており、とてもテキパキ。

2017-08-11-11-55-05
合間に口頭注文の「油そば
(和え玉)」200円を作ったりもしますが、流れるような調理です。

2017-08-11-12-25-37
「煮干し蕎麦」は清湯ながら濃厚な色合い。

スープは煮干しの尖りはなく厚いお出汁。

2017-08-11-12-25-47
節の様な味わいも感じる、「和」の優しくも物足りなさ皆無の旨いスープです。

2017-08-11-12-26-03
麺は自家製の低加水細麺。

ザクッとした食感でスープとの相性も抜群です。

2017-08-11-12-25-27
チャーシューは
1センチほどの分厚いものが2枚。

柔らかいだけでなく肉の食感もしっかりあり、食べ応えあります。

2017-08-11-12-27-04
濃厚煮干しそばはビターでキレのある煮干し。

2017-08-11-12-27-12
ペタペタと動物系の味わいも濃厚で、塩分もわりと高め。

中毒性抜群です。

2017-08-11-11-55-03
濃厚煮干しも旨いですが、煮干し蕎麦の後引く味わいがかなり好み。

食べやすさと贅沢感が同居してます。

↑このページのトップヘ