Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

FullSizeRender
店主さんが交通事故から復活し、神田に今年7月下旬移転オープンした「丸山吉平」。
移転オープン当日に伺って美味しかったので、再度伺ってきました。
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは新たに「肩ロース」が加わり、ロース、リブロース、ヒレなど。
まだ「カレー」は未提供の様です。
FullSizeRender
前回は平日ランチセットにしたので、今回は人気の「リブロース200」2000円に「わさび」50円。
FullSizeRender
単品はライスが付きませんが、今回はライスの代わりに「ビール中瓶」600円を注文しました。
FullSizeRender
スタッフは店主さんに男性スタッフ、女性スタッフ2名。
IMG_9142
接客は女性スタッフなので、以前のヒリヒリ感は無く店内の雰囲気も和やかです。
FullSizeRender
10分ほどで「リブロース」にみそ汁が登場。
FullSizeRender
また、この日は券売機上に「おしんこあります」とあり、言えば無料で付けてくれました。
IMG_9165
分厚くカットされたリブロースは赤身多めですが、食べてみると驚くほど柔らかくジューシー。
前回いただいたランチセントのロースより、赤身のジューシーさが格段に違います。
IMG_9169
脂もスッキリ切れがあり、思っていたより重くありません。
FullSizeRender
塩やワサビ醤油でいただくと、もう最高です。
FullSizeRender
息子と伺ったのでもう一皿は「ぼーひれ180」2500円+「わさび」+「ごはん」200円。
IMG_9153
林SPF豚の「ぼーひれ」は中心がしっとりレアで、モッチリ食感。
IMG_9154
パサつきなど一切なく、肉質が良ければ揚げる技術も素晴らしい。
IMG_9164
こちらもワサビ醤油が非常に良く合い、息子も感動してました。
FullSizeRender
「ごはん」を少しもらいましたが、変わらずここのご飯は甘くて美味しい。
FullSizeRender
正直、とんかつにはビールよりご飯が合います。
IMG_9168
再訪して確信しましたが、ここのトンカツはやはり素晴らしい。
IMG_9156
食後ももたれることが無く、「トンカツ=脂っこい」とは別モノの様な気がします。
FullSizeRender
場所が浅草橋から神田に変わり、駅からも近くなって使い勝手アップ。
「アジフライ」など、今後の展開も楽しみです。

FullSizeRender
歌舞伎町の大久保公園にて開催中の「激辛グルメ祭り2019」。
FullSizeRender
8月23日(金)から8月28日(水)までは「3rd Round」です。
今回伺ったのは淵野辺の「拉麺一匠 Dead or Alive」。
FullSizeRender
店主さんは7月に放送された「マツコの世界」で唐辛子愛を語った方です。
IMG_9212
催事メニューは3点。

「朝天麻辣白湯麺」S800円 M1000円 l200円
「ハラペーニョホッパー」2個800円
「死神オブザデッド」1200円

注文は「朝天麻辣白湯麺」S800円。
辛さが1から3まであり、激辛すぎるのは無理なので1辛にしました。
IMG_9221
厨房では店主さんが鍋で都度スープを作成。
完成するとブレスケアと一緒に渡されます。
IMG_9222
スープは麻辣湯的な色合ですが、飲むと結構な辛さ。
痛いとまでは行きませんが、唇と喉にビリビリと来ます。
FullSizeRender
辛さの度合いはお店の申告制ですが、1辛とは思えないパンチ。
白湯ベースなので軽くとろみはありますが、ほど良い「辛旨」を超えた辛さです。
FullSizeRender
麺は固めに茹でられた平打ち麺。
具はタケノコに刻みチャーシューなどでちょっと寂しいです。
IMG_9223
頑張ってスープを飲み進めると、ただ辛いのでは無く確かに感じる奥深さ。
しかしお腹も熱くなってくるし、ちょっと僕には辛過ぎな感じでした。

IMG_6209
浅草橋の創作居酒屋「酔壱や(よいや)」。
「ダウンタウンなう」の「本音でハシゴ酒」でも紹介されたお店です。
FullSizeRender
店主さんは香川出身とのことで、夜の部では創作和食に加えて「讃岐うどん」を提供。
ランチは讃岐うどんのみ提供しています。
FullSizeRender
メニューはぶっかけ、ごまだれ、かけ、肉、カレーなどのうどん。
天ぷらなどのトッピングもあります。
IMG_6212
注文は「ぶっかけ 冷」400円に「ちくわの天ぷら」100円。
店内は薄暗くオシャレで、昼時になると次から次にお客さんがやってきます。
FullSizeRender
注文から5分ほどで讃岐うどんの登場。
締められたうどんに大根おろし、生姜、ゴマ、青ネギが乗り、揚げたてのちくわ天も乗ります。
IMG_6226
うどんを食べてみると、モチモチと心地よい弾力。
硬すぎるコシでは無く、歯に絡むようなうどんです。
IMG_6217
ツヤツヤのうどんは恐らく醤油で食べても旨いはず。
ぶっかけのタレはアッサリで、ゴマが良い仕事してます。
IMG_6219
揚げたてのちくわ天も大きくて食べごたえあり。
外観等で連想するよりも本格的で旨い讃岐うどんです。
IMG_6218
メニューに「香川直送さぬきうどん」とあるので、帰りに女将さんに聞いてみました。
すると「愉楽家(ゆらくや)」というお店のものだそう。
IMG_6229
今までに十軒くらいのうどん店を試しているそうで、どおりで旨いはずです。
しかも一杯400円で落ち着いて食べられるので、女性の一人客も結構いらっしゃいました。

FullSizeRender
池袋No.1ハンバーガー店「No.18」。
今年3月に移転し、以前より外観内観ともにオシャレになりました。
IMG_6559
場所は池袋駅東口から徒歩10分ほどの六ツ又陸橋近く。
「麺屋 六感堂」左手路地の奥に隠れ家の様にあります。
FullSizeRender
ランチメニューは各種ハンバーガーにドリンクやポテト、サラダのセットなど。
「ベーコンチーズバーガー」1350円に+150円でサラダを付けました。
IMG_6578
サラダはロメインレタスにアボカドで結構立派。
アボカドとソースがドロッとするもサッパリで、リッチで旨いサラダです。
IMG_6584
これが150円は相当なCP。
なお、サラダは数量限定とのことです。
FullSizeRender
「ベーコンチーズバーガー」は大きめで、具が高く積まれてキレイ。
暑いバンズにパティ、自家製ベーコン、トマト、レタス。
FullSizeRender
パティは挽き肉ではなく、手でちぎられたハンドチョップです。
なので牛肉の弾力をしっかり感じられ、ハンバーグと言うよりステーキに近い食感。
ミディアムレアに焼かれ肉を堪能できます。
IMG_6591
峰屋のほんのり甘いバンズも美味。
FullSizeRender
自家製ベーコンはスモーキー過ぎず、こちらも肉を堪能。
シャキシャキレタスにジューシーなトマト、濃すぎないソースでバランス抜群です。
FullSizeRender
ハンバーガーなのにオイリー過ぎず食べやすく、ジャンクフードではなくご馳走。
FullSizeRender
僕が食べたハンバーガーの中で1,2を争うグルメバーガーです。
FullSizeRender
FullSizeRender
なお、アルコールは昼も注文でき、「生ビール(カールスバーグ) パイント」850円。
FullSizeRender
昼には注文できませんが、テバカラなどサイドメニューもあるので、一度夜にも来てみたいです。

FullSizeRender
四谷三丁目に2018年12月オープンした「OKUDO 東京 荒木町店」。
IMG_5369
新宿御苑の「Okudo 東京」2号店です。
IMG_5407
場所は粋なお店が建ち並ぶ荒木町の奥で、荒木公園の近く。
FullSizeRender
モダンな雑居ビルの3Fにあり、店内は清潔感があってオシャレです。
IMG_5375
「アジアンキッチン」とあり、夜はアジアンなおつまみにピッツアなど。
IMG_5382
IMG_5381
ランチは麺類に丼物で、夏季限定でつけ麺やマーボー麺もあります。
IMG_5379
注文は看板メニューの「担々麺」750円。
それに「マーボー丼(ハーフ)」450円を追加しました。
FullSizeRender
「担々麺」はゴマと青ネギたっぷりの真っ赤なスープ。
そこにたっぷりの肉味噌が塊で載り、独特の存在感です。
IMG_5401
前に御苑の「Okudo 東京」で担々麺と純レバ丼(ハーフ)を食べたのですが、担々麺の見た目は同じ。
スープはゴマペーストを使用せずアッサリ清湯です。
IMG_5404
見た目ほど辛くは無く、ラー油の旨さに上品な出汁の旨さ。
ゴマと青ネギのシャキシャキ食感も良いです。
IMG_5400
麺が中太でモチモチとしており、担々麺としては結構ユニーク。
甘辛な肉味噌を溶かすとボロネーゼの様な風味もあり、ギンギンに辛くは無いけど旨いです。
FullSizeRender
「マーボー丼(ハーフ)」はマーボーたっぷり。
IMG_5388
こちらも山椒の痺れは控えめで、カラシビというより上品な旨さ。
旨いのですが、「担々麺」と味が被るので、「純レバ丼(ハーフ)」の方が良かったかも。
FullSizeRender
担々麺、マーボー丼ともにパンチでは無く、ちょっと高級店の様な味わい。
FullSizeRender
夜の料理もなかなか美味しそうです。

↑このページのトップヘ