FullSizeRender
6月13日にオープンした「サバ6製麺所 成城学園前店」。
大阪を中心に10店舗以上展開するラーメン店で、関東初上陸です。
場所は小田急線成城学園前駅北口より徒歩1,2分。
成城大学のすぐ近くで、男女問わず学生がひっきりなしにやってきます。
IMG_8071
店内はカウンター11席に2人用テーブル×4。
開店したばかりでも既に人気で、11時30分頃で外待ち4人でした。
FullSizeRender
メニューは豊富でサバ醤油そば、サバ塩そば、中華そば、つけ麺。
つけ麺はまだ提供していないようです。
FullSizeRender
ご飯ものも多く、サバ寿司、やきめし、天津飯、玉子かけご飯。
サバ寿司は売り切れでしたが、セットものを注文する方が多かったです。
注文は「サバ醤油そば」750円。
スタッフ3名でテキパキ作られます。
FullSizeRender
丼は小さめで、チャーシュー3枚にメンマ、ネギ、カイワレ。
デフォでも具だくさんで、キレイに盛り付けられています。
IMG_8086
スープはなかなかの黒さですが、しょっぱすぎることはありません。
コクのある醤油ダレに揚げネギが主張し、オイルも多めでパンチある味わいです。
後半はザラッとした食感もあったので、サバは出汁では無く節粉かも知れません。
魚介出汁が前面に出ると言うよりは、タレ濃いめのバランスです。
FullSizeRender
麺は太麺で硬めの茹で加減。
濃い味わいのスープの中でも存在感があります。
IMG_8080
チャーシューは赤身中心の焼豚でムッチリ。
このチャーシューは肉質も良くかなり好み。
IMG_8082
穂先メンマも食べやすく切ってあり、たっぷり入ってます。
FullSizeRender
また、お願いすると冷蔵保存してある「辛ニラ」が登場。
FullSizeRender
FullSizeRender
こちらは結構辛く、ニラ自体の味も強くインパクトあります。
関西では京都の「新福菜館」や「第一旭たかばし本店」、それに大阪の高井田系など黒いスープも流行り。
FullSizeRender
「サバ6」も同じく黒いスープで、関西らしさを感じます。
良い意味で分かりやすく、学生には間違いなく人気出ると思います。