IMG_9635
雪が谷大塚の行列店「らぁめん 葉月」。
FullSizeRender
2003年創業の老舗ですが、11月中旬からメニューがリニューアルとなりました。
僕は5年前に食べているのですが、その時の「らぁめん」は丸鶏をメインとした魚介白湯。
今回のリニューアルで「らぁめん」は清湯3種に変更されてます。
FullSizeRender
全ての「らぁめん」に基本和風出汁を使用とのこと。
昆布、椎茸、鰹節を使用したスープです。
FullSizeRender
FullSizeRender
「葉月らぁめん」900円(1日25食限定)
基本出汁×数種の節と煮干し、昆布。
「汐らぁめん」850円(1日25食限定)
基本出汁×貝と昆布の出汁。
「醤油らぁめん」850円
基本出汁×名古屋コーチン、鹿児島赤鶏の丸鶏。
IMG_9605
オススメを聞くと、女性スタッフは個人的に醤油が好きとのこと。
なので「醤油らぁめん」850円にしました。
IMG_9626
スープは計4種炊いていることになりますが、厨房のコンロには確かに雪平鍋が3つ。
FullSizeRender
豚鶏2種のチャーシューに太メンマ、九条ネギ、海苔3枚がキレイに盛られて「醤油らぁめん」の提供です。
スープはアッサリとして上品。
IMG_9631
出汁がガツンと効くのでは無く、鶏や魚も目立った主張は無くブレンドされてます。
ベースは洗練されていますが、タレによるのかノスタルジーを感じる味わい。
FullSizeRender
鶏油も過度には入らず、コクを感じます。
IMG_9632
自家製麺は小麦がギュッと詰まって食べ応えのあるタイプ。
風味もとても良いです。
IMG_9628
豚チャーシューは焼豚で香ばしく、適度な弾力。
IMG_9629
鶏チャーシューは流行りのムネ肉低温調理です。
太メンマは出汁が染み、サックリ噛み切れる柔らかさ。
FullSizeRender
具も全て手が込んでます。
IMG_9627
見た目は流行りの醤油清湯ですが、スープは結構個性的。
IMG_9636
看板にあるとおり、まさに「和風らぁめん」な感じです。
崇高さよりも親しみやすさを感じるラーメンでした。