IMG_0151
大塚のミシュラン一つ星「創作麺工房 鳴龍」。
IMG_0107
外国人のお客さんも増えましたが、相変わらず夜はアラカルトで軽く飲めます。
IMG_0106
アラカルトメニューは夜のみで

「水餃子」400円
「炙り焼きチャーシュー(オニオンソース)」500円
「海老ワンタン」400円
「しらす冷やっこ」400円
「ごまきゅうり」300円

と豊富で低価格。
FullSizeRender
「しらす冷やっこ」400円を頼むことが多いのですが、久々に「炙り焼きチャーシュー(オニオンソース)」500円にしました。
IMG_0114
IMG_0119
赤身中心のブリンとしたチャーシューはポークステーキの様で、500円と思えない最高な一品です。
FullSizeRender
そして麺は超久々の「担担つけ麺」930円+味玉。
キレイに畳まれた自家製の低加水細麺に坦坦つけ汁です。
IMG_0126
担担つけ汁は看板メニュー「担担麺」よりも辛めでお酢のアクセント。
IMG_0144
白湯に見えるもナッツペーストが浮いた清湯ですが、牡蠣が効いたお出汁が濃密です。
IMG_0142
麺の底にはトマトピューレが敷かれ、フルーティさを演出。
IMG_0143
「担担麺」とはひと味違った味のバランスで、麺への味の絡みも良好。
IMG_0131
チャーシューやメンマは乗りませんが、つけ汁には担担麺の肉そぼろ。
FullSizeRender
最後のスープ割りは存分に鳴龍の絶品お出汁を堪能できます。
FullSizeRender
前回食べた「酸辣麺」同様、「担担つけ麺」も素晴らしい。
次回は「鳴龍」で一番好きな「醤油拉麺」行きたいと思います。