IMG_3169
四谷三丁目の行列店「一条流がんこラーメン総本家」。
家元が作る誰も真似できないラーメンが人気のお店です。
IMG_3013
壁に掛かったメニューには「ラーメン」800円としかありませんが、「上品」と「下品」の2本スープ。
上品は清湯で、下品は様々な食材から出汁を取った濃厚スープです。
IMG_3010
注文は「100」800円で奥さまに前払い。
「100」はタレ無しの下品スープです。
FullSizeRender
大きな低温調理チャーシューに悪魔肉、味玉、メンマ、海苔。
800円でもこれでもかと言うくらい具が乗り、麺が見えません。
IMG_3031
濁ったスープはサラッとしており、ギュウギュウに詰まった出汁の旨さ。
動物系にイカトンビ、煮干し等ありとあらゆる素材の旨味が混ざり合い、唯一無二の濃いスープ。
FullSizeRender
「100」はタレが入りませんが、出汁の塩味だけで十分な塩気です。
数年前から「100」を食べてますが、前より尖り無くまろやか。
なお、家元は日曜にカニ、貝、海老を使った「スペシャル」をやり、そのスープを使った下品が「不純」。
前に「カニの不純」を食べたときは出汁が濃すぎて口内がジーンとするほどでした。
IMG_3030
「純正」と呼ばれる定番「100」の方が、食べやすくて僕は好み。
(とは言っても一般のラーメンに比べるとかなり濃ゆい出汁ですが)
IMG_3019
ちょっと塩っぱい「悪魔肉」にチャーシューとたっぷりの具材も食べごたえ十分。
FullSizeRender
唯一無二の一杯堪能しました。
FullSizeRender
今度は「上品」をいただきます。