FullSizeRender
巣鴨の一つ星「Japanese Soba Noodles 蔦」。
FullSizeRender
先日価格改定を行い、「醤油Soba」「塩Soba」は現在880円になってます。
また、傑作だった夏季限定「冷製トマトクリームスープの和えつけSoba~冷やし中華テイスト~」はしばらくお休み。
IMG_4710
その代わりに7月1日から「醤油つけSoba」1060円がリニューアルとなりました。
FullSizeRender
麺の丼にガリシア栗豚チャーシュー、九条ネギ。
FullSizeRender
IMG_4717
そしてつけ汁にイベリコベジョータとメンマが入り、別皿で塩とホースラディッシュの様な薬味。
いつもの「つけSoba」だとここまで。
FullSizeRender
しかし、今回は魚介のそばつゆも新たに加わってます。
FullSizeRender
麺は全粒粉入りの平打ち麺。
多加水でモチモチとした食感で、小麦の香ばしさも感じる美味しい麺です。
FullSizeRender
塩でいつまでも食べられそうですが、新たに加わった魚介そばつゆへ。
すると、完全に「お蕎麦」の世界で麺とつゆがベストマッチ。
艶々の麺とつゆの相性最高です。
FullSizeRender
従来のつけ汁はコクのある醤油にトマト、ハーブ等のアクセント。
ナッツペーストで麺にも良く絡み、そばつゆとは全く違う美味しさです。
IMG_4735
久々に「つけSoba」食べましたが、このつけ汁はかなり個性的で好み。
「醤油Soba」のスープをただつけ汁にしたのとは別モノです。
IMG_4708
そして新作「自家製粉春よ恋 こむぎ餅」320円。
IMG_4732
わらび餅の様にモチモチで、かなり驚きのスイーツ。
自家製粉だからって、こんなモノまで作ってしまうのが驚き。
甘すぎない味付けも良く、専門店レベルだと思います。
FullSizeRender
なお、「つけSoba」は今のままでも凄く旨いのですが、近々麺はガラッと変えるとのこと。
FullSizeRender
自家製粉で餅まで作ってしまうのですから、麺のリニューアルもかなり楽しみです。