FullSizeRender
大塚のミシュラン一つ星「創作麺工房 鳴龍」。
連日行列ですが、猛暑で若干並びが落ち着いているようです。
FullSizeRender
僕が伺うのはアラカルトがある夜営業。
IMG_7828
7周年を機に加わった「トマトハイ」500円を注文し、まずはアラカルトで飲みます。
FullSizeRender
「ごまきゅうり(梅ソース)」300円
新たに梅味が加わり、サッパリと夏には最高。
FullSizeRender
「しらす冷やっこ(スパイシーごまソース)」300円。
豆腐のポーションは小さくなりましたが、なんと値下げして相変わらずCPは強烈。
濃厚な自家製ナッツペーストにラー油でリッチなツマミです。
FullSizeRender
「メンマ(ネギソース)」300円。
こちらはネギ油と刻みネギで和えられたコリコリメンマ。
前回も頂いたのですが、気に入ってしまい再度頂きました。
FullSizeRender
そして今回の麺は「酸辣麺」900円。
FullSizeRender
タワーのように高く盛り付けられた白髪ねぎに糸唐辛子がインパクトあります。
IMG_7857
スープは夏でも食欲をそそる辛味と酸味。
IMG_7872
鶏に牡蠣、牛などで取られたお出汁の厚みが、中華料理店の麺と完全に差別化出来ています。
FullSizeRender
麺は自家製のストレート細麺。
小麦の香りが鼻に抜け、滑らかな食感も良いです。
FullSizeRender
具は細い短冊チャーシューにニラなど。
アッサリと深い出汁に自家製麺で、1000円未満とは思えないゴージャスな一杯に仕上がってます。
FullSizeRender
看板メニュー「担担麺」に「醤油拉麺」も旨いですが、「酸辣麺」は更に中毒性抜群。
IMG_7856
猛暑にいただくとシャキッと身が引き締まります。
IMG_7852
やはりここは何を食べても最高で手抜きなし。
FullSizeRender
スタッフの接客も良く、「一つ星」の名に恥じない名店だと思います。