IMG_3147
先日サンフランシスコ店もオープンした「Japanese Soba Noodles 蔦」。
FullSizeRender
現在は11時台・12時台が整理券制で、13時以降は店舗右のテラスに並べば入れます。
FullSizeRender
日本に「蔦」は1店しかありませんが、なんと12月上旬には代々木上原に移転。
巣鴨での営業は11月19日(火)が最後となります。
FullSizeRender
この日の注文は「塩Soba」1080円。
FullSizeRender
黄金スープに九条ネギのグリーン、ルビーグレープフルーツのオレンジが映えます。
IMG_3163
スープは濃密にサーモンや貝の旨味。
塩でも優し過ぎず厚みがあり、上品なのにクッキリな味わいです。
FullSizeRender
モチモチのしなやかな自家製麺含め、非の打ちどころが無い完成度。
IMG_3168
ディルやボッタルガソースも鮮やかな味変です。
FullSizeRender
息子は看板メニュー「醤油Soba」1080円。
IMG_3160
こちらも軽やかで華麗な出汁とトリュフ。
IMG_3159
今回は特に貝の旨味が良く出ている感じでした。
FullSizeRender
FullSizeRender
なお、現在は「らぁめん花月嵐」にて大西店主プロデュースの「醤油Soba」販売中
IMG_3158
これもかなりのクオリティですが、やはり「蔦」の醤油Sobaは貫禄が違います。
IMG_3178
また、11月2日(土)~3日(月・祝)は松戸モリヒロフェスタに出店。
主催の「とみ田」店主の想いに動かされてのことで、「蔦」最初で最後のイベント出店だそうです。
FullSizeRender
FullSizeRender
その「とみ田」と言えば昨年はチルド麺「銘店伝説」のキャンペーンでオリジナル丼をもらいましたが、今年もキャンペーン実施中。
FullSizeRender
今年は「とみ田」「吉村家」「蔦」から選ぶことができ、「蔦」はなんと有田焼なので必ず応募する予定です。
IMG_3153
とにかく話題が尽きない「蔦」ですが、巣鴨での営業は残り一か月未満。
100回以上通ったので感慨深く、最低でももう1回は巣鴨に伺いたいと思います。
FullSizeRender
※巣鴨店はそのまま残し、別の何かをする予定だそうです。