image
大岡山に10月10日オープンした「なるめん」。
横浜関内の「ナルトもメンマもないけれど。」がメニューをリニューアルして移転オープンとなります。
image
場所は東急目黒線大岡山駅から徒歩3,4分。
看板が一切出ておらず扉も閉まっていて、地図を見ながら行っても見つけるのに苦労します。
クリーニング店「サニット」向かって右隣の黒い建物がお店。
image
扉に書かれているように、満席の場合は道路向かいに並びます。
image
外観は怪しいですが、店内は明るく清潔感。
広めのカウンター6席のみで、店主さんが一人でやられています。
image
現在のメニューは「らぁめん(細麺)」830円と「辛いらぁめん(手打ち麺)」880円の2品。
image
僕は関内移転前、元住吉にオープンした際に伺っていますが、BGMはその時と変わらず奥田民生です。
image
「辛いらぁめん(手打ち麺)」880円
小ぶりの丼にチャーシュー、メンマ、茹でもやし、青ネギ、海苔。
image
スープはサラリとした豚骨で節が効いています。
image
「辛い」と言っても激辛では無く、香ばしいラー油がメイン。
ちょっと担々麺的な風味があります。
image
麺は茹でる前にしっかり手揉みされたボコボコの手打ち麺。
image
太さが不揃いで細い部分はピロピロ、太い部分はモチモチで旨いです。
image
チャーシューはスモーキーな香りもする焼豚。
image
メンマや青ネギも良く、特に海苔がスープに合っている感じでした。
image
元住吉時代の清湯とは別モノになりましたが、個性的で美味しい一杯。
特に手打ち麺が凄く良かったです。