image
新横浜の「ラーメン博物館」に10月14日オープンした「浅草 來々軒(らいらいけん)」。
image
明治34年創業のレジェンド店復刻版です。
image
プロデュースするのは先日まで「ラー博」に出店していた「支那そばや」。
image
場所は「支那そばや」跡地ではなく、「無垢」があった場所になります。
image
主なメニューは以下のとおり。

「らうめん(青竹打ち)」1100円
「らうめん」930円
「シウマイ」1個150円

image
店内は仕切りの付いたカウンター8席に6人掛けテーブル2卓。
image
スタッフは5名ほどと多く、佐野さんの娘さんもホールを担当しています。
image
「らうめん(青竹打ち)」1100円
麺は青竹打ちと機械製麺の細麺があり、青竹打ちは1日100食限定。
image
丼には刻みネギが散らされ、焼豚2枚にメンマが乗ります。
image
スープを飲んでみると、思っていたよりもアッサリと優しいお出汁。
ガラなどの素材が明確に顔を出すことはなく、高級中華の「つゆそば」に近いお味です。
image
最近はノスタル系も流行っていますが、多くは昭和の味濃いめなスタイル。
しかしここ「來々軒」は明治の「ご馳走」と言った感じの凛々しさがあります。
image
今「ラー博」1Fには「來々軒」特設ブースがあり、そこにある大正9年の文献には

image
「支那蕎麦の來々軒は、他店に比して単価は安いのではないが、他店に比べにならぬほど旨い」

と書かれており、安くはないご馳走であったことが伺えます。
image
青竹打ちの麺は中太でモチモチと粘りも感じるもの。
これも佐野や喜多方のような手揉みではなくシンプルです。
image
縁の赤い焼豚はブリンブリンの弾力。
image
結構硬くてワイルドで、当時はこんなタイプの焼豚だったのかも知れません。
image
創業当時の味と比べるなんてもちろん無理ですが、アッサリ上品で美味。
特に「支那そばや」が手掛けているのに、ガツンとした出汁にしていないのが見事だと思います。
image
強めな味の分かりやすい「昔ながら」とはちょっと違う世界観で醤油も脂も控えめ。
image
なかなか他にはない一杯に仕上がっている感じでした。