FullSizeRender
青物横丁に9月21日オープンしたばかりの「横浜家系ラーメン 裏大輝家 青物横丁店」。
FullSizeRender
蒲田や日吉の「大輝家」新業態で、スープやタレを変えているとのことです。
FullSizeRender
場所は青物横丁駅から徒歩2,3分の国道沿い。
FullSizeRender
満席の場合は食券を購入してから外に並ぶシステムです。
FullSizeRender
メニューは各種ラーメンにトッピング、ご飯もの。
FullSizeRender
ライスは100円でセルフ食べ放題となっています。
FullSizeRender
店内はカウンター12席にテーブル1卓でスタッフ3名。
FullSizeRender
出来立ての店内は清潔感があり、卓上調味料も豊富です。
FullSizeRender
「ラーメン」800円
お好みは全てふつう。
FullSizeRender
スープからはみ出る大判チャーシューが迫力です。
IMG_1802
スープは少しトロリとして骨粉も感じる濃厚さ。
IMG_1808
濃厚なガラの旨味に強めの醤油でパンチあります。
IMG_1814
濃厚でもそれほど重すぎず、醤油の強さも「王道家」よりは控えめ。
「杉田家」あたりの直系をイメージするような旨味の詰まったスープです。
FullSizeRender
麺は酒井製麺のちぢれ中太麺。
しっかりとした食感が強いスープにマッチしてます。
IMG_1816
大判のチャーシューは燻製風味でスモーキー。
IMG_1797
薄切りで肉の旨味は淡白ですが、見た目もボリュームも良い感じです。
FullSizeRender
IMG_1776
セルフのライスコーナーには「大輝家 裏カッパ」という「裏武蔵家」っぽいオリジナルのカッパ。
IMG_1781
FullSizeRender
また、卓上には「王道家」的なライス用のニンニク漬けやマヨもあります。
FullSizeRender
正直、ライスはパサパサなものの、このカッパやニンニクマヨがあれば大丈夫。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
「裏武蔵家」「王道家」の良いとこどりなサービスですが、客としては嬉しく楽しいです。
IMG_1853
なお、青物横丁で家系ラーメンと言えば駅のすぐ近くに有名な「まこと家」
FullSizeRender
しかし「裏大輝家」はより雰囲気が明るく入りやすさがあり、お昼前から行列が出来るタイミングもありました。