FullSizeRender
大久保に2022年12月オープンした「辛麺 華火 大久保店」。
FullSizeRender
FullSizeRender
歌舞伎町に本店を持つ「宮崎辛麺」のお店で新宿御苑、静岡、山口にも系列店があります。
FullSizeRender
場所は大久保駅から徒歩1分の高架沿い路地。
FullSizeRender
「護摩龍」や「のせ屋」と同じ通りで、かつて「麺や 丸三」があった三角地です。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは「辛麺」のゼロ辛~極辛、「トマト辛麺変更」に各種トッピング、ご飯もの。
FullSizeRender
FullSizeRender
「とろとろ豚ナンコツ」や豚ナンコツ、小鉢、お酒の「晩酌セット」980円もあります。
FullSizeRender
また、麺は中華麺orこんにゃく麺から選択。
FullSizeRender
更に平日ランチはライスor麺大盛orソフトドリンクが無料となってます。
FullSizeRender
店内はカウンター7席でスタッフワンオペ。
FullSizeRender
インスタのQRコードがあり、フォローするとその場でトッピング一品無料になります。
FullSizeRender
「辛麺 中辛」850円+「トマト辛麺変更」200円+インスタフォローサービス「パクチー」
辛麺にトマト煮、バジルソース、シュレッドチーズに粉チーズ。
歌舞伎町本店で普通の「辛麺」いただきましたが、「トマト辛麺」は見た目がかなり豪華になります。
FullSizeRender
ベースのスープはアッサリとした牛骨清湯。
溶き玉子に挽肉、少量のニラが入り、底の方にはニンニクもあります。
FullSizeRender
中央には巨大なイタリアントマト水煮が丸々一個。
IMG_7380
このトマトを崩し、バジルソースやチーズと一緒にいただくと完全にイタリアンの世界です。
FullSizeRender
丼の端にある唐辛子を溶かすと辛さが増しますが、トマトとチーズがこれをカバー。
FullSizeRender
韓国唐辛子の甘さとトマト、バジルソース、チーズ、ニンニクのマリアージュ最高です。
FullSizeRender
麺はこんにゃく麺を選択。
モチモチとして美味しいですが、量はそれほど多く無いです。
FullSizeRender
「ランチ無料ライス」
FullSizeRender
ランチ無料ライスには、もちろんスープやトマト、チーズをのせてリゾット風に。
FullSizeRender
FullSizeRender
スープが旨いので、このスープ飯ももちろん旨いです。
FullSizeRender
歌舞伎町本店で「トマト辛麺変更」注文が多かったので試してみましたが、間違いなく大当たり。
FullSizeRender
+200円でトマト水煮、カットトマト、バジルソース、シュレッドチーズ、粉チーズと下手にトッピング足すより全然豪華です。
FullSizeRender
普通の「辛麺 中辛」は結構辛かったものの、トマト辛麺は味の深みが増して結構別の一杯。
FullSizeRender
ご飯との相性も断然「トマト辛麺」が上だと思いますし、平日ランチのCPは凄いと思います。