FullSizeRender
埼玉県加須に3月15日オープンした「燕三条中華そば ぎと家 花崎店」。
FullSizeRender
春日部「ジャンプ」系列で武里「ぎと家」2号店です。
FullSizeRender
「ジャンプ」高山店主は「六厘舎」系列「ジャンクガレッジ」を立ち上げた伝説の方。
IMG_1690
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
お店には「六厘舎」「ハイマウント」、「ぎと家」出身「中華そば136」など数多くのお花が届いています。
FullSizeRender
場所は東武伊勢崎線花崎駅すぐ近く。
FullSizeRender
店舗向かいに駐車場が14台分あり、離れた場所に第2駐車場もある様でした。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは最初からフルラインナップで、主に以下のとおり。

「背脂煮干しそば」950円
「汁なしあぶらそば」950円
「つけそば」1050円
「淡麗中華そば」900円
「味噌そば」1050円
「担々そば」1050円
「汁なし担々そば」1050円
「担々つけそば」1150円

FullSizeRender
卓上に各メニューのお好み&無料トッピング表があり、食券を渡す際に伝えるシステムです。
IMG_1705
FullSizeRender
店内は広くカウンター6席にテーブル4卓でスタッフ多数。
IMG_1715
店内に10人ほどの待ち席があり、満席の場合は名前を書いてから食券を買って待ちます。
FullSizeRender
「背脂煮干しそば」950円
お好みは麺普通・背脂増し・玉ねぎ多め。
FullSizeRender
小ぶりの丼にチャーシュー、メンマ、たっぷりの刻み玉ねぎです。
FullSizeRender
スープはドロドロではないですが、凄く濃密な豚汁。
FullSizeRender
FullSizeRender
煮干はメインではなくアクセントになり、背油も溶けてガツンと太いです。
FullSizeRender
麺は自家製の手揉みされた平打ち麺。
「普通」でも薄くて溶けるようなモチモチ食感です。
FullSizeRender
チャーシューは厚みある赤身がゴロリと2個。
FullSizeRender
腕肉だと思うのですが、やや硬くて好み分かれそうな感じです。
FullSizeRender
メンマはノス感もある好みのタイプ。
FullSizeRender
たっぷりの刻み玉ねぎは濃厚スープと相性抜群です。
FullSizeRender
豚は硬いものの、濃厚スープを纏ったモチモチ平打ち麺は官能的なマリアージュ。
FullSizeRender
やや溶ける様な食感も良く「汁なしあぶらそば」も絶対良さそうです。
FullSizeRender
オープン直後の土曜とあって昼時はずっと行列。
FullSizeRender
それでも店内外スタッフが多く、さすがのオペレーションでした。