FullSizeRender
東京駅すぐ近くに2022年6月オープンした「中華そば 長岡食堂 東京ラーメン横丁店」。
FullSizeRender
「町田商店」「豚山」を手掛ける㈱ギフトホールディングスの「長岡生姜醤油ラーメン」インスパイアです。
IMG_2340
「東京ラーメン横丁」は全てがギフトホールディングスのお店で以下のとおり。

・中華そば 長岡食堂
・味噌らーめん いと井
・風雲児
・横浜家系ラーメン 町田商店
・ラーメン豚山
・油そば 元祖油堂
・九州釜炊きとんこつ がっとん

FullSizeRender
「中華そば 長岡食堂」は東京ラーメン横丁と横浜の2店舗展開しています。
FullSizeRender
主なメニューは以下のとおり。

「醤油ラーメン 並」850円
「醤油半チャーシューメン 並」950円
「醤油チャーシューメン 並」1050円

FullSizeRender
「塩ラーメン 並」850円
「塩半チャーシューメン 並」950円
「塩チャーシューメン 並」1050円

FullSizeRender
チャーシューはデフォ40g、半チャーシューメン80g、チャーシューメン120gとなってます。
IMG_2283
店内はカウンター8席にテーブル3卓でスタッフ4名ほど。
IMG_2287
卓上におろし生姜があり、入れ放題になってます。
FullSizeRender
「醤油半チャーシューメン 並」950円
濃い色合いのスープにドッサリ薄切りチャーシュー、メンマ、青菜、なると、ネギ。
FullSizeRender
この系列はスタッフの接客が良いのですが、注文から2分で提供されるスピードも凄いです。
FullSizeRender
スープは生姜ガツンではなく、やや甘めでコクのある醤油にオイルの厚み。
FullSizeRender
恐らく出汁も清湯にしては厚めで、アッサリでも旨味が強いです。
FullSizeRender
そのままでも悪くは無いですが、「卓上のおろし生姜は早めに乗せることに。
FullSizeRender
2さじくらい加えると、よりガツンと「生姜醤油」になります。
FullSizeRender
麺は平打ちの中太ストレート。
モチモチとして太いスープに負けてない感じです。
FullSizeRender
チャーシューは薄切りで柔らかくジューシー。
FullSizeRender
この系列は肉が旨いのも特徴で、「半チャーシュー」は+100円で倍になるのでお得です。
FullSizeRender
メンマや青菜お浸しもソツなく丁寧な仕事。
全体的に満足度が高く、良く出来た「長岡生姜醤油」だと思います。
IMG_2292
同資本の「風雲児」「豚山」が良かったので伺ってみましたが、やはりこの系列は安くて美味しい。
FullSizeRender
東京駅すぐ近くで1000円未満、おろし生姜入れ放題は資本ならでの一杯に感じました。