FullSizeRender
武蔵新城に3月15日オープンした「麺楽 軽波氏(カルパシ)」。
FullSizeRender
千歳船橋、下北沢に店舗を持つスパイスカレー名店「Kalpasi」初のラーメン業態です。
FullSizeRender
場所は武蔵新城駅南口から徒歩3分ほどの住宅街。
FullSizeRender
店頭に並び方が書いてあり、平日昼でもすぐ行列になってます。
FullSizeRender
メニューは多彩で主に以下のとおり。

「鶏醤油」900円
「淡麗煮干し鶏醤油」900円
「強煮干し鶏醤油」950円
「柚子鶏白湯」950円

「特製」350円 ※チャーシュー2枚+味玉
「マトンわんたん2ケ」200円
「茄子のアチャール飯」250円
「本日のミニカレー飯」400円 ※今後販売予定

FullSizeRender
「マトンわんたん」がお店オススメとなっていますが、「特製」には入らないので注意が必要です。
FullSizeRender
店内はオシャレなカウンター8席に絞って営業。
FullSizeRender
スタッフ3名で店長は「MAIKAGURA」に居たらしく、調理スピード速めです。
FullSizeRender
「味玉強煮干し鶏醤油」1100円+「マトンわんたん2ケ」200円
背の高い丼に美しい琥珀清湯スープ。
チャーシュー2種にメンマ、マトンわんたん、味玉、海苔、アーリーレッドで美しいです。
FullSizeRender
スープはアッサリとした無化調の鶏煮干し。
FullSizeRender
「強」と言ってもビターではなく、濃密お出汁の煮干しです。
FullSizeRender
麺はストレート細麺。
FullSizeRender
低加水でややパツパツな食感です。
FullSizeRender
チャーシューは低温調理の薄切りロースにバラ。
FullSizeRender
ロースは定番な感じですが、バラはインド産カシアシナモンを使用してエスニック風です。
IMG_2985
マトンわんたんの餡はもう確実にマトンキーマ。
FullSizeRender
餡小さめでもインパクトがあり、「Kalpasi」ならではのマストアイテムです。
FullSizeRender
「茄子のアチャール飯」250円
インド風の鉄の小皿にライスと茄子アチャール。
FullSizeRender
ライスはちゃんとタイ産ジャスミンライスです。
FullSizeRender
茄子も柔らかくて美味しいのですが、茄子のつけ汁が最高のソース。
FullSizeRender
酸味と旨味がシャープに決まり、マスタードシード含めバスマティライスと相性抜群です。
FullSizeRender
ラーメン自体は奇をてらわず、カレー要素ほぼ無しで丁寧かつ濃密に作った一杯。
FullSizeRender
これだけでも完成度高いですが「マトンわんたん」「茄子のアチャール飯」が「Kalpasi」らしい強烈な個性を放ち、下手にラーメンにカレー要素を入れるより効果的です。
FullSizeRender
なので「本日のミニカレー飯」が待ち遠しいものの、提供開始はまだ時間かかりそうとのこと。
FullSizeRender
下北沢で出しているスパイスジェラートもどうせなら欲しいところですが、こちらはほぼ無理だそうです。