FullSizeRender
新宿駅西口すぐ近くのラーメン店が入れ替わる施設「#新宿地下ラーメン」。
FullSizeRender
5月21日(火)~5月26日(日)は「町田汁場 しおらーめん進化 本店」が出店です。
FullSizeRender
「進化本店」としては最後のイベント出店となり、厨房には関口店主の姿。
FullSizeRender
開業18年となる「進化本店」は6月16日を持って営業を終了し、新たなお店としてリニューアル予定です。
FullSizeRender
FullSizeRender
今回のメニューは以下のとおり。

「特選しおらーめん」1800円
「しおらーめん」1300円
「特製しおつけ麺」2000円
「しおつけ麺」1500円
「特上名古屋コーチンチャーシューめん」2500円

「特製しおらーめん&鶏塩飯セット」2300円
「しおらーめん&鶏塩飯セット」1800円
「特製しおつけ麺&鶏塩飯セット」2500円
「しおつけ麺&塩鶏飯セット」2000円
「特上名古屋コーチンチャーシューめん&鶏塩飯セット」3000円

「鶏塩飯」550円
「しお味玉」200円

FullSizeRender
ロック好きな関口店主らしいトートバッグも販売しており、店内BGMもロックです。
FullSizeRender
「特製しおらーめん&鶏塩飯セット」2300円
丼一面肉の特製ラーメンに鶏肉ドッサリのご飯セット。
FullSizeRender
セットにすると単品より50円お得になります。
FullSizeRender
スープは塩でも濁りがあり、優しく染み渡る出汁と塩ダレ。
鶏中心の出汁は押しつけがましい厚みではなく、旨味の微粒子がスッと染み渡ります。
FullSizeRender
塩ダレもパンチではなく丸みがあり、アタックより余韻。
「鶏塩」のジャンルでも凄い個性と貫録を感じます。
FullSizeRender
麺は修行元である「ひるがお」製ストレート細麺。
口当たり柔らかくモチモチ感があり、それでいて柔すぎずコシも感じる美味しい麺です。
FullSizeRender
チャーシューは豚肩ロース2枚に鶏モモ3枚。
FullSizeRender
豚肩ロースは大判の薄切りでちゃんと存在感あります。
FullSizeRender
FullSizeRender
鶏モモも大きくモッチリ柔らかで食べ応え十分。
FullSizeRender
コリコリメンマにキリッと塩気の効いた「しお味玉」など、具材も丁寧に仕込まれています。
FullSizeRender
「鶏塩飯」は食べやすくカットされた鶏にネギ、ゴマ。
FullSizeRender
ラーメンの鶏チャーシューと同じですが、ゴマ油風味の塩ダレが効いてます。
FullSizeRender
この味付けがご飯と相性抜群。
FullSizeRender
更にごはん自体がふっくら美味しく、良い米を使っていると思います。
FullSizeRender
味が似ている訳では無いのですが、どことなく「支那そばや」的な構成が感じられる気も。
FullSizeRender
「進化」にしか作れない極上な一杯で、これが新宿駅すぐ近くで食べられるのは最高としか言いようが無いです。