Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

2014年02月

IMG_9495
新所沢駅の近くにあるお店。
IMG_9530
昼は鈴木庄兵衛商店という港屋インスパイアのお蕎麦屋さんですが、2013年7月から二毛作で中華そばを始めました。
IMG_9533
なので、やましょう中華そばは夜のみの営業となります。

評判が良いので前から来たかったのですが、19:30開店と言うハードルの高さで来れず仕舞い。
しかし、公式ブログを見ると、2/3から1時間早まって18:30開店となっています。
嬉し過ぎて、記事を見つけたその日に行ってきました。
IMG_9529
店内は黒くて艶のあるタイル張りのテーブルに立派な観葉植物がおかれ、相当オシャレです。
全くラーメン屋さんっぽくないですが、蕎麦屋っぽくもないです。
IMG_9499
港屋もオシャレな黒テーブルみたいですから、その辺りもインスパイアでしょうか。
あまりに立派なので、店主さんに撮影許可を伺うと快くOKしてくれました。
IMG_9493
メニューは塩煮干と醤油煮干。
開店当初は塩煮干だけだったようです。
普通のラーメンで塩か醤油と言われると、べんてん以外では断然に醤油を選びます。
IMG_9497
しかし、塩煮干が売りっぽいので、「塩煮干」700円と「煮玉子増し(半個)」50円にしました。

こちらは券売機で食券を買ってカウンターに渡し、番号札をもらうシステム。
呼ばれたら席に取りに行きます。
IMG_9511
小さめの丼ですが、わりと具だくさん。
デフォで玉子半子なので、一個になって入ってます。
(本当は半個入るの忘れてて足したんですけど)
IMG_9525
無化調のスープはとてもまろやか。
しっかり煮干しなのですが、攻撃的ではありません。
上品で丸みがあります。
ガツンとパンチがある訳ではないですが、他にない独創的なスープだと思います。
IMG_9521
麺は低加水でザクザクとした食感。
硬めですが、主張し過ぎずスープとのバランスは良いと思います。
IMG_9512
チャーシューはかなり大きめで厚め。
直前に炙られています。
溶ける柔らかさではなく、ムチっとした弾力もある柔らかさ。
低温調理でしょうか?
食べ応えがあって美味しいです。
IMG_9517
メンマは食べやすい大きさにカットされた肉厚のもの。
味付けは結構しっかりで、硬めの食感も良いです。
IMG_9527
煮玉子は味薄め。
IMG_9515
刻み玉ネギは結構な量が乗っています。
煮干と刻み玉ねぎの組み合わせは鉄板と思っていましたが、上品な塩スープだとそこまでではない感じ。
醤油煮干の方が合っているかもしれません。

濃厚でソリッドな煮干を求める場合にはオススメできませんが、上品で美味しい煮干中華そばでした。

駅前にはTETSU系列の「煮干中華そばきみはん」がありますが、タイプが違いそうなので棲み分けできそうですね。
応援したいお店です。

IMG_9963

町田にある進化が中野に支店を出していましたが、2/10に町田駅前に移転オープンしました。
町田の進化本店はかなり歩いた覚えがあるので、こちらのほうが駅近で人気になりそうですね。

認知度も高く、開店と同時にほぼ満席です。

IMG_9971

お祝い花は佐野実さんなど。
飯田商店もあります。

IMG_9965

本店同様、店内はなかなかに激しいロック。

中野では鯵の醤油をいただきましたが、こちらの売りは塩だそうです。
駅前店限定の「鯵煮干の塩そば」750円にしました。

IMG_9981

なお、スープとの相性から麺の硬めは出来ないそうです。
他の方が聞いていましたが、大盛も無し。
卓上調味料もありません。

IMG_9985

そして、出てきた一杯はかなりシンプル。

IMG_9995

柚子の香りが良いです。


IMG_9997

スープはしっかり煮干が効き、かなりの切れ味。
一口目からウマい!と思える味の強さです。
同じ塩煮干のやましょう中華そばとは趣が違う煮干の塩ラーメンです。


IMG_9999


麺は細くてボソッとした食感。
北海道産の石臼挽き全粒粉を使用しているそうです。
コシを感じる前に口の中でほぐれていきますが、そのスカスカさが逆に良いですね。


IMG_9991


チャーシューは恐らく低温調理。
しっかりと肉を感じる硬さで美味しいです。

IMG_9993


しかし、チャーシューは小さめ、メンマは2本で全体的に量は少なめ。
若い男性ならご飯ものを足した方が良さそうです。

IMG_9989

丼の縁に付いてくるワサビはそれほど味変しませんでしたが、ラーメン自体完成度が高いと思います。
店舗が2階にあるため、1階で看板を持って立っているスタッフがいましたが、すぐに必要無くなりそうです。

IMG_9887


そろそろ、無理をして神奈川のラーメンも攻めていくことにしました。
神奈川で一番行きたいお店と言えば、文句無しに飯田商店。
なのですが、湯河原はさすがに厳しいです。
時間的にも、交通費的にも。
いずれは行こうと思いますが、今回は話題の新店に来てみました。


IMG_9845

駅は東神奈川で、目印は「ミュージックパブたかこ」。
1/18にオープンした新店で、店主さんは町田の一番いちばんご出身だそうです。


IMG_9855

店内には飯田商店と同じ「あきらめねぇよ」のタオル。


IMG_9853

わんたんは出身先同様、とら食堂から皮を取り寄せているそうなので、「らーめん」700円に「わんたん 2コ」100円を追加しました。


IMG_9863

まず先にラーメン。

IMG_9859

そして、レンゲ皿に注射器が置かれます。

そう、見間違いではありません。
注射器。
これがこのお店が話題になっている理由です。

中の黄色い液体は煮干オイルで、途中で入れて味変するためのもの。
これはとりあえず後にとって置きましょう。


IMG_9881

スープは鶏ベースの醤油清湯。
味は濃いですがアッサリで、鶏がもの凄くグイグイくるわけではありません。
上品でロックンロールワンのようでもあります。

味はもっと濃いですけど。

IMG_9873

麺は菅野製麺の細麺。
シコシコとした食感で、スープに合っています。


具はチャーシュー、メンマ、青菜、ワンタン。

IMG_9871

IMG_9879

チャーシューはデフォで豚が3枚(1枚は小さかったのでサービスかも)、鶏が1枚とたっぷり。
しかも厚みがあり、かなりのボリュームです。
豚はおそらく焼き豚でしょう。
パサついておらず、美味しいです。

IMG_9875

メンマは硬めで良い食感。

IMG_9877

ワンタンは味薄めですが、皮はさすがに美味しいです。


IMG_9885

ある程度食べたところで、注射器からオイルを投入。

店主さんから最初に言われたとおり、最初はちょっと勢い良く出ます。
半分くらい入れてスープを飲んでみると、驚くほど煮干になっています。
結構ガラリと変わるものなんですね。

さっきまで主役だった鶏さんは、もはや煮干しのサポート役。
鶏が好きな方なら、入れるタイミングに注意です。

僕は、オイルの重要性を気が付かされました。

煮干オイルによる味変も良いですが、元々のラーメンのレベルがかなり高いです。

飯田商店さんともお友達だそうで、さすがの実力ですね。
遠征した甲斐のあるお店でした。

23642244


お次はお肉もラーメンも美味しいお店。
僕はモツもかなり好きなんですが、ここはモツもラーメンも凄いクオリティです。

23642252

2014年1月訪問

JR浅草橋駅近くにあるダイニングバー。
四日市トンテキなど、肉料理が充実しています。

しかし、飲んで肉を食べるだけでは浅草橋まで遠征しません。
こちらでは、たまにラーメンを提供しており、その日のツイートにより、ラーメンのある無しが分かります。
この日は「〆のさつま地鶏ラーメン」という魅力的なラーメンがありました。


23642126

基本酒場ですので、まずはビールとおつまみ。
飲み物は「エビス生」350円×2、

23642131

「グラス白ワイン」300円。

23642242

19時まではハッピーアワーで、生ビールは500円が350円になります。
ワインはグラス400円が300円。
ボトルはなんと2800円が1800円と1000円引きです。

料理は

「牡蠣の塩辛」380円
「新鮮ポークのタンたたき」780円
「トリュフのオムレツ」1280円
「〆のさつま地鶏のラーメン」680円

を注文しました。
的矢の牡蠣など、ラーメン以外にもそそるメニューがいっぱいです。


23642123

牡蠣の塩辛は塩気が強くて良いつまみですね。
牡蠣の旨味もしっかりあります。


23642061

タンのたたきはかなりレア。
真ん中にゴマ油と塩で和えられたネギがあり、それを乗せて食べます。
クニクニとした歯ごたえでかなり新鮮。

23642058

生肉好きでタン刺しも色々食べてきましたが、この新鮮さは凄いです。
朝〆だそうで、皮付きですが全く気になりません。


23642065

オムレツはトリュフの香りタップリ。

23642119

素晴らしく良い香りです。
玉子はもちろん半熟で、薄味なので香りがしっかり楽しめますね。


23641946

そして、お目当ての〆のラーメン。
塩と醤油があるそうで、醤油にしました。


見た目は完璧な醤油清湯が登場です。
見るからにヤバイですね。
680円で味玉まで乗りますか。


23641966

スープは猛烈に鶏。
さつま地鶏しか使用しないそうです。
油少なめですが、醤油の甘じょっぱな味と濃い出汁が相成って結構なパンチ。


23642023

麺は王子の「えんや」に依頼している自家製麺とのこと。
(入り口に「えんや」のショップカードがありました。)
しなやかでコシがあり、モチモチとした食感もお見事。
細麺ですが存在感がありますね。


23642040
23642054

具は鶏肉、タケノコ、味玉。
鶏肉は出汁を取ったものだと思いますが、ムチムチとした良い食感。

味玉は黄身がかなり濃厚でした。

こんなレベルのラーメンがダイニングバーで食べられて良いのでしょうか?
かなりレベル高いですよ。

原価も結構するそうです。

店主さんとお話しさせていただいたところ、スープには的矢のムール貝、水出しした煮干、日本酒に漬けた高級昆布なども使用しているそうです。


どこかで修行されたのか伺うと、

「洋食屋はスープ作りが命ですから」

と。

とは言っても、洋食屋さんならどこも美味しいラーメンを作れるわけでは無いでしょうに。

ホントに凄いです。
また、東京ウォーカーの取材があったそうで、サニーデイ田中とラーメン官僚のオススメなんだそうです。

ちなみに、ラーメンのみの注文は出来れば遠慮して欲しいとのこと。
ラーメンも、豚肉も、雰囲気も、店主さんも最高のお店でした

20765492

お次は二郎です。
今までに行った二郎は、行った順で歌舞伎町、小滝橋、大宮、ひばりヶ丘、関内、荻窪、赤羽。
二郎マニアの方には全く及ばない店数ですが、心に残ってるのは関内の汁無しです。
ここは汁無しの聖地とも言われています。


訪問は2013年8月

関内という場所柄、なかなか行けなかったのですが、
休日を利用して遠征してきました。

土曜開店5分前で20人ほどの行列。
猛暑日でしたが、アーケードがあるので助かります。


隣にある居酒屋の前を開けて並ぶようで、
助手さんが出てきて丁寧に誘導していました。


こちらはとても回転がいいとの前情報なのですが、
店員さんが次のロットの麺量をお客さんに聞いており、前の人が食べ終わる前に麺を茹でていますね。
そりゃー回転が良いはずだ。

また、汁なしの場合、麺量と同時に助手さんに申告が必要です。


20765495


注文は「小ブタ」750円+「汁なし」80円+「粉チーズ」80円+「ニラキムチ」80円。
滅多に来れないので豪勢に盛りました(笑)
こちらは汁なしが有名で、半分以上の方が汁なしを注文していました。


11時開店で11:16には入店。
11:17には提供されました。


一番奥の席だったので、店主の湯切りが見えましたが、凄いスピード。
しかし、接客はとても丁寧です。

コールはニンニクヤサイカラメ。

20765357


色々盛ったので、バラエティ豊かなルックスになりました。


20765372


麺は平打ちの太麺。
硬めでコシがあり、表面がツルっとしています。

20765484

天地返しです。
二郎の中では一番好きな麺かも。

黒コショウが効いていて、麺がスルスル入っていきます。

20765409


粉チーズはシルキーで、とろける感じで良いですね。
黄身と合わさると濃厚になってまるでカルボナーラ。
トッピングして良かったです。

20765476


フライドオニオンも香ばしくていい風味。


20765385


豚さんは5枚。
デフォは2枚で、小ブタにすると+100円で3枚プラスなのでお得です。
ブタさん、端はちょい硬めですが、それ以外は柔らかくてしっとり。
神ブタと言って良いんでしょうか?
とても美味しいです。


20765401


ニラキムチは辛すぎず、いいアクセント。
汁なしなので、スープの油がなくて食べやすいですね。


食べているうちに次のロットが茹でられますので、
落ち着いて食べるわけにはいきませんが、間違いなく美味しい二郎だと思います。

並んでから退店するまで30分弱。
とてもエキサイトな関内二郎体験でした。

19639611

※最終訪問は雪が舞う2/14。
この写真は開店直後の2013年6月です。
開店祝いの花も映ってますね。

2014年2月

2月14日は言わずと知れたバレンタインデーですが、「煮干しの日」でもあります。
全国煮干協会が制定したもので、

2「に」1「棒」(ぼ)4「し」

だそうです。
去年は凪系列の「炎のつけめん」の限定、銀河つけめんで煮干しを補給しました。

今年の煮干しの日は、最近始めた煮干しが好評なこちらへ。

IMG_9035


1月末に限定で始めたそうで、好評のため続いているようです。
なお、メインの「四つ葉そば」は鶏。
ハマグリ出汁を加えた「蛤そば」も人気です。

悪天候の中行ってきましたが、雪が舞う昼の12時前でも外待ち。
凄い人気ですね。

「煮干しそば」の張り紙には「昼 夜 限定10食」と書かれていますが、二本線で消されています。
杯数は結構ありそうです。

IMG_9034


注文は「煮干しそば」750円と「しめ鯖の握り 3カン」300円。
ご飯ものは種類が増えており、青森シャモロック塩焼き丼もかなり気になります。
しかし、隣がお寿司屋さん(店主さんのお父さんのお店)ですからやはり寿司ですよね。
以前食べたマグロ丼も美味しかったですし。

IMG_9040

煮干そばも凄いですが、しめ鯖の本格的っぷりが凄いです。
これが3貫で300円って、ヤバいですよね。

IMG_9044


煮干しスープは泡立っていますね。
端麗でも濃厚でも泡立っているスープは間違いないと思ってます。

口に入れた瞬間から相当な煮干しの旨み。
もちろん苦味もありますが、旨みが勝っています。
上品に見えつつ、煮干しの濃さはかなりのもの。

IMG_9050


麺は細くてパツパツとした食感。
煮干しスープにピッタリです。

IMG_9047


チャーシューは鶏と豚の低温調理。
豚は薄めですが、普通でも2枚入っています。
上質なローストビーフのような見た目で、ムチムチと柔らかく美味。
チャーシュー丼も食べてみたいくらい好みです。

メンマは穂先メンマ。
三つ葉や柚子の皮の清涼感も良く、完成度高い一杯です。

IMG_9038


しめ鯖の握りも、ラーメン店と思えない本格的なもの。
柔らかくて味も良く、下手な寿司店よりしっかりしてます。
井出商店などの和歌山ラーメンには早寿司がありますが、レベルが違いますね。

IMG_9036


同行者の蛤そばも味見しましたが、前より蛤が濃厚になっている気がしました。
ここは何を食べても美味しいですね。
センス抜群だと思います。

食べログでの評価 4.5

20202153

2014年2月

八王子にある煮干の名店です。

麺メニューは制覇しましたので、初めて大盛に挑戦してみました。
「煮干らーめん 大盛」820円です。

24235132

相変わらず、上品なのにしっかりした煮干しの旨味と苦み。
24235136


そして、しなやかなのにムチっと弾力のある自家製麺。

24235137

麺は昔より硬めになりましたかね?
ここ最近は弾力がしっかりと感じられます。


24235139

大盛にするとチャーシューが1枚増えるんだよな~。
と思ってチャーシューに目をやると、

24235140


ん?バラロール?
いつものバラチャーシューよりも巨大でボリュームがあります。
普通盛りには半分入っているようでした。


食後に店主さんに
「バラロールって最近入れはじめたんですか?」
と伺うと、

「そうです! 色々試してるんです! でも、そのうち止めちゃいます!」
とご返事(笑)

たまたま、バラロールに出会えたわけですね。
これからの試作も楽しみです。

まあ、チャーシューは普通のものの方が美味しかったですけど(笑)


食べログでの評価 4.5


21227423


次に、ラーメンで一番遠出したお店。
場所は「つくば」です。
今までには、つくばマラソンでしか降りたことがありません。
 2013年9月の訪問です。

駅から1.8キロも離れており、昼しか営業してないという難易度が高いお店。
食べログではそれほどでも無いですが、ラーメンデータベースでは高評価です。
「筑波大学循環(左回り)」のバスに乗ればいいそうですが、ちょうど出たばっかりなので歩いてみました。
早足でも20分ちょいかかって汗だくです。

平日の11:40頃に着くと、食券を買う列と食券を買った列に分かれていました。
食券を買う列で20人以上。食券買った人の列で20人以上。
異常なまでの行列店ですね。平日でこれですから・・・。

21227411

ちなみに、30食限定の特濃煮干ソバは既に売り切れ。
味玉も前の方で売り切れ。
お金を入れても点灯するのは「煮干しソバ」のみです・・・。
21227396


※後述する和え玉やニボ茶めしは口頭注文。
 と言うわけで、「煮干ソバ」730円を注文。黒(醤油)、白(白醤油)、S(塩)があり、何も言わないと黒だそうです。
初めてなので黒でお願いしました。

21227399

着席は1時間ちょっと経った12:50頃。
カウンターに「鶏胸肉のコンフィ」100円という追加トッピングが書いてありましたので、追加しました。

ふと気付くと、BGMがTBSラジオ。大沢悠里のゆうゆうワイドです。
同じく煮干しのめときや、蘭鋳もゆうゆうワイドでしたが、ただの偶然でしょうか(笑)

21227361

 一度に二杯ずつ作っているようで、着席から5分ほどで提供。

21227370

スープですが、ちょっと苦味があるものの、煮干の旨味が素晴らしいです。
特濃は鶏白湯も入るようですから、最初はこちらで正解ですね。
醤油の塩分も程よく、純粋な煮干を味わえます。
和え玉を追加する予定だからスープを残さなきゃいけないのに、レンゲが止まりません(笑)。
理性が効かなくなるくらい美味しいスープだと思います。

21227381

 麺は菅野製麺のストレート細麺。表面がツルッとしており、エコ箸だと掴みにくいです。(割り箸もあります)
パツパツとした食感で美味しい麺です。

 21227387

チャーシューはバラでジューシー。
追加した鶏胸肉のコンフィがしっとりとして良かったです。
100円で3枚追加されますので、なかなかお得。
メンマは薄味で硬く、ラーメンの邪魔をしない感じ。

21227393

 半分くらい麺を食べたところで「和え玉」150円を口頭注文しました。
チャーシュー片、刻み玉ネギ、煮干し粉?が乗っており、底にタレがあります。
150gくらいでしょうか?結構ボリュームがあります。
油もちょっと入っているようなので、まずはそのまま混ぜて油そばスタイルでいただきます。
スープに浸かってないからか、ややボソっとしてムチッとした食感。

21227395

21227419

途中からは卓上の煮干酢をかけたり、つけ麺みたいにして食べました。
150円で具も乗っているし、なにより楽しいですね~。

なお、イチカワを中心として煮干狂會というものが結成されており、他には伊吹、麺処 晴、頓知房、宮庵(現在閉店)、おおぜき中華そば店。
一応全て訪問済みです。

どこも美味しかったですが、今のところここが一番ですかね。
もっと近ければ色々食べてみたいところですが・・・。

また、煮干狂會で「のどぐろ煮干し」を仕入れたとのこと。
以下の通りですが、恐ろしく並ぶんでしょうね。僕はどこも行けません…。


2/22(土)
おおぜき中華そば店
煮干中華ソバ イチカワ

2/23(日)
中華ソバ 伊吹
麺処 晴

提供杯数、価格、注文方法等、煮干狂會公式Twitterアカウントで。

640x640_rect_15507865


まずは今までで一番行ってるお店「べんてん」です。
2011年~2012年はほぼ毎週行ってました。
これは2013年12月の訪問記事です。

久々のべんてん。
今は通し営業のようで、夜は店主さんと、以前夜の部を仕切っていた方の2名体制でした。

べんてんで好きなメニューは塩ラーメンかつけメンマなのですが、ビールを飲みたいのでつけ麺に。

久々なので、呪文を唱えてみます。
「つけめん辛味別皿全卵麺の上と海苔。それとビール」
1450円です。

なんのこっちゃ?ですよね(笑)
辛つけの辛味を別皿にし、生卵を麺の上に落とし、海苔を追加したものです。

生卵と海苔を注文するのは初めて。
海苔はメニューにありませんが、噂どおり注文できました。
なお、生卵は全卵にも卵黄だけにもできるようです。

なお、僕が注文した後の方がメンマ増しを注文して通っていました。
以前はメンマ増しのハードルが高く、朝早くに無くなることが多かったのですが、変わったんですかね?

IMG_4523


まずはビール。
グラスが凍ってるんですよね。

IMG_4530


それだけでも嬉しいのに、短冊チャーシュー、メンマ、ネギに自家製ラー油がかかったおつまみ付き。
夜なんで刻みニンニクも盛っちゃいましょう。
これで500円なんて相変わらず素晴らしいです。

IMG_4542


そしてつけ麺の登場。

IMG_4547


海苔は四つ切りのものが5枚も付いて来ました。

IMG_4534


ネギがキレイに散ったたつけ汁はシャバ系ですが、出汁の旨味が濃厚です。
食後に店主さんとお話ししたところ、「ビルに入るような大型店舗でこの出汁が取れるわけがない。場所があるわけない」と仰ってました。

IMG_4538


そして大迫力の自家製麺。
茹で前で350gあります。
料金は変わりませんが、麺少なめ、麺半分というオーダーも出来ます。
最近流行りのガチムチな太麺とは違い、モチモチとして喉越しの良い中太麺です。
IMG_4540

IMG_4556


何しろ麺が多いので、別皿の辛みや生卵で味変して食べて行きます。
生卵を卵黄だけにして麺と絡めて食べる方法もありますが、べんてんの超ベテランさんにならい、全卵にして途中つけ汁に入れてみました。
卵白のズルッという感じが非常に艶かしいです(笑)

IMG_4536


辛味も加えるとパンチが出ますね。

べんてん、やはり美味しいです。
一時期狂ったように通っていた時期がありましたが、改めて食べてもやはり大好きな味です。

勤務地が変わって久々だったので店主さんとお話ししたところ、遠方から来られるファンも多いとのこと。
一番凄いのは上海で、最近は茨城、千葉からも来られていたとのことです。
唯一無二の味、いつまでも続いて欲しいものです。

食べログ点数4.5

デイルス・マイビスと申します。
食べログでラーメンを中心にレビューを投稿してきました。

しかし、食べログ運営局からちょっと過剰な削除依頼があり、不満を感じた部分がありました。
その内容については追い追い書くとして、これからは個人サイトでもレビューしようと思います。

食べログには便利な部分もあるし、参考になるレビューもたくさんありますので、これからも継続して続けて行きます。
ありがたいことに、私のレビューをを読んでお店に行かれる方も居りますし。

本当は1000レビューを達成してから個人サイトを開設しようと思っていましたが、900レビューを越えたので前倒しで始めます。

しばらくはお気に入り店の過去レビューをザザッと交えつつ更新。
食べログが1000レビュー行く頃には、こちらを中心としていくつもりです。
よろしくお願いいたします。

↑このページのトップヘ