Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

2014年07月

2014-07-31-18-03-15
7/31に池袋にオープンした鬼金棒の支店。
2014-07-31-17-38-36
鬼金棒は池袋の麺屋武蔵二天から独立したお店なので、凱旋帰還という感じですかね。
2014-07-31-17-40-51

場所はラーメン激戦区のサンシャイン通り近くで、同系統としては蒙古タンメン中本、
2014-07-31-18-04-13
花田が近くにあります。
花田と間違えそうだった隣の中華店は「花田となり」としてまぜそば店になってました。
2014-07-31-17-45-36

店内は過剰なほどに鬼のデザイン。
2014-07-31-17-47-38
カウンターまで鬼金棒のビス?が付いてます。
2014-07-31-17-44-03

水はカウンター上に蛇口が付いていてセルフなのですが、ヌルいのが残念。
2014-07-31-17-43-24
髪留め、紙エプロンはカウンター背後の柱にあります。
2014-07-31-17-42-06

まぜそば店になるとの情報もあったのですが、メニューは本店と同じ。
つけ麺もありません。
2014-07-31-17-42-12

注文はデフォの「カラシビ味噌らー麺」800円。
2014-07-31-17-42-56
カラとシビが調整可能です。

神田でシビを増したらかなりビリビリ来たので、今回はどちらも普通で。
パクチーも考えたのですが、100円から150円に値上がりしていたので無しにしました。
2014-07-31-17-53-58

ロットごとに中華鍋でファイアーされたモヤシ、ヤングコーンを載せて完成。
2014-07-31-17-54-58

スープは濃厚な味噌味で、シビは普通でも結構効いてます。
味噌の甘さが強いので、むしろカラは増しても良かったかも。
2014-07-31-17-55-28

麺は平打ちの中太麺。
硬めに茹でられてはいる様ですが、フワッと軽い食感でコシはありません。
なので、見た目ほどボリュームは無い感じ。
2014-07-31-17-56-16

チャーシューはホロホロと柔らかいのですが、若干甘めで味濃いめ。
2014-07-31-17-54-18
モヤシはクタっとしており、コリコリしたヤングコーンが良いです。
2014-07-31-17-54-27

シビは効いているものの、鬼金棒出身の卍力に比べると分かり易いカラシビ。
全体的に味が濃いので、パクチーは足した方が良かったかも。
カラシビも増して、汗だくで食べた方が満足度高い気もしますね。

味噌は花田、辛さは中本がありますが、シビを求める方に人気が出そうです。
なお、ベテランっぽい店員さんにまぜそばの話を聞いてみたところ「色々あって」みたいな感じでした。
落ち着いたら限定で考えているそうです。

2014-07-31-11-56-41
西新宿の麺屋翔、月末恒例月イチ限定つけ麺は、
「旬のオマール海老つけ麺」950円。

先月のマグロは逃しましたが、5月の鮭は劇的な美味しさでした。
ここの鮮魚系は外れがないと信じて訪問です。
2014-07-31-11-56-28

オマール海老つけ麺は昨年の12月にもやったそうですが、今回は更に改良したそうです。
前日作ったスープを冷やし、当日のスープに投入。
また、牛骨も使用しているとのこと。
2014-07-31-11-56-31

11時開店、11:30到着で20人超の行列。
店内待ち入れれば30人くらいですかね。
翔の限定はいつも並びますが、オマール海老なので、なお並んでいる気がします。
たまにスタッフの方が出てきて、暑さを心配してくれます。
2014-07-31-12-15-35

並んで40分で着席。
流れるような作業で3分後にはつけ麺が提供されました。
相変わらず月イチ限定は回転が良いです。
2014-07-31-12-07-13

鮭の月イチ限定では心の味製麺を使用していましたが、今回は菅野製麺っぽいです。
2014-07-31-12-13-57
全粒粉入りの様で、そのまま食べると小麦の風味が鼻に抜けますね。
ツルッとしてコシがあり、美味しい麺です。
2014-07-31-12-14-59

つけ汁は濃厚な海老ですが、塩分や油はきつくなく、食べやすいです。
五ノ神製作所のつけ麺に比べるとパンチでは劣りますが、最後まで飽きずに食べられる濃度。
間違い無く美味しいのですが、鮭に比べると想像できる味なのは確か。
2014-07-31-12-14-19

具は温野菜と栃木産の牛サーロイン。
サーロインは提供の度に生の状態から炙られており、柔らかくてシルキー。
贅沢な食感です。
2014-07-31-12-20-39

〆のスープ割り、トマトでも足されたのかと思ったら、細かい肉(羊?)の煮込みでした。
クミンの風味でエスニックっぽくなり、最後に驚きの味変。
デフォのつけ汁より、スープ割りの方が断然好みでした。

なお、僕のちょっと前に、終始美味しんぼを読みながら食事している中年の方が居ました。
何がしたくてこの人は30分以上並んだんだろう、と。
僕がスタッフだったらガッカリしてます。

2014-07-11-12-18-11
新宿区落合にあるラーメン店。
2013年3月のオープンです。

2014-07-11-12-00-31
メニューは中華そば、淡麗煮干そば、つけ麺、まぜそばなど。
2014-07-11-11-59-46
淡麗煮干にも惹かれますが、看板メニューの「中華そば(背脂煮干し)」700円にしました。

2014-07-11-12-01-02
こちらの中華そばは燕三条系のインスパイアで、中華そば以外には背脂は入りません。
2014-07-11-12-10-51
濃ゆいルックスの一杯が登場。
2014-07-11-12-10-37
玉ねぎ増しが無料とのことで、そちらもお願いしました。

タマネギはデフォでも入っていますが、増しだと更に入るようです。
今回は忘れていたようで別皿でもらいました。

2014-07-11-12-11-05
スープの表面には油の層があり、背脂も浮いています。
売りでもある背脂は国産A脂とのこと。

2014-07-11-12-11-28
脂の下には煮干しの苦みが効いた濃いめのWスープ。
背脂はサラッとしており、甘みがありますね。
大きく刻まれた辛めの玉ネギも相性が良く、パンチがあるスープです。

2014-07-11-12-12-08
麺は中太でモチモチとしたもの。
多加水であまり好みではないタイプですが、スープが美味しいので苦にはなりません。

2014-07-11-12-11-42
具はホロホロのチャーシューとメンマ。
悪くはありませんが、特に特長はなし。
2014-07-11-12-12-45
別皿の大量の玉ネギを加えると、シャリシャリと食べるスープみたいになります。

麺や具はそれなりでしたが、煮干し×背脂×玉ねぎのスープはジャンクで良かったです。

2014-07-29-18-24-52
元ラーメンフリークの店主が手掛ける「KABOちゃん」。
オープンして間もない去年の4月に伺いましたが、その頃のラーメンメニューは「しもふり中華そば」のみでした。

現在は塩中華そばやスパイシー味噌、つけ麺もあります。
夜に伺いましたが、外待ちも出来るほどの人気。
店主さん1人で全てこなしており、BGMはビートルズです。
2014-07-29-17-51-07

花椒などを用いたスパイシー味噌を食べようと思っていたのですが、本日から「冷やしつけ麺」850円が始まったのでそちらに。
食材を冷やすのに限りがあるため、数量限定だそうです。

そして、夜限定で提供しているかき氷。
先に注文した方が良いとのことで、「贅沢コロ桃」650円も同時注文。
ちなみに、全て前金制です。

なお、かき氷は日替わりで4種類くらい用意しており、店主さんのTwitterでお知らせされます。
店内にメニューは貼ってないので、みなさんTwitterを見てるんでしょうね。
2014-07-29-18-03-52
つけ麺は1.5玉か2玉から選べるので1.5玉で。
グレープフルーツが乗ったユニークなつけ麺の登場です。
2014-07-29-18-04-29

麺は細麺で、シコシコとした食感。
2014-07-29-18-04-58
煮干等で取られた出汁に浸かっています。
2014-07-29-18-01-42

つけ汁はピリ辛なアッサリ冷製。
細麺にも味が良く絡み、物足りなさがありません。
2014-07-29-18-01-47
揚げネギの香ばしさもアクセントとして効いてます。
(揚げネギによる香味油も入ってますかね)
2014-07-29-18-04-25

チャーシューは豚バラ2枚と鶏。
伺ったのが29日だったので、肉の日ということで、岩中豚を使用したそうです。

なので、冷えていても脂身が上品な甘さ。
2014-07-29-18-04-14
しかし、鶏のモチモチ感も負けてませんね。
スモーキーな風味も感じられ、かなり美味しいです。
肉の処理は一流ですね。
2014-07-29-18-04-39

途中でグレープフルーツを麺に絞って味変を楽しみ、
2014-07-29-18-10-20
最後は丼の出汁を入れてスープ割り。
「和」の清涼感も出て、サッパリです。
2014-07-29-18-17-36

麺を食べ終わったらお次はかき氷。
「贅沢コロ桃」650円です。
たっぷりの氷にたっぷりのシロップ。
加糖はされているようですが、フルーツの旨味が凝縮されていて、いやらしくない甘さ。
2014-07-29-18-17-46

日によるみたいですが、この日は低温調理で歯応えを残した身が入っており、ザクっとした食感が素晴らしいです。
2014-07-29-18-18-29
また、途中でシロップをかけてから再度、氷を削っているので中にもシロップたっぷり。

冷やしつけ麺も秀逸な出来ですが、かき氷の旨さにびっくりしました。
次回はスパイシー味噌からのかき氷行ってみます。

2014-07-16-11-15-07
湯島にある超人気な担担麺のお店。
しばらくお休みしていたようでしたが、事業主が変わって再開した様です。
2014-07-16-11-15-15

平日の開店10分後に行ったのですが、店内満席。
店内の待ち席が7人分あるのですが、そちらも埋まってます。
相当な人気店ですね。
2014-07-16-11-16-27

メニューは担担麺系のみ。
担担麺、つゆ無し担担麺、黒胡麻担担麺のみで、それぞれの3辛と4辛があります。

基本っぽい「担担麺 3辛」830円にしました。
食券を渡すと無料のライスを聞かれますので、お願いします。
2014-07-16-11-37-22

店内はダウンライトでオシャレ。BGMもJAZZです。
2014-07-16-11-16-32
紙エプロンもしっかり設置。
2014-07-16-11-45-22

担担麺はシンプルなルックス。
2014-07-16-11-44-47
香りが良くて胃袋が刺激されます。
無料ライスもそれなりの量。
2014-07-16-11-46-03

スープはゴマが強く、ラー油はそれほど辛くはありません。
2014-07-16-11-45-26
花山椒はビリッと効きますが、こちらも過剰ではありません。
シビカラの刺激重視では無く、バランス重視な感じですかね。
2014-07-16-11-26-37

麺は三河屋製麺の細麺で、
2014-07-16-11-46-36
コシはそれほど無い感じ。
2014-07-16-11-49-34
麺も悪くないですが、麺を食べ終わった後のライス投入の方が合いますね。
肉そぼろ、干しエビなどとスープ、ライスの相性は最高です。

辣が控えめで優等生な担担麺なので、刺激を求めるには4辛の方が良いかも知れません。
とは言いつつも、食後は滝汗でしたけど(笑)

2014-07-23-12-04-12
東新宿駅近くに7月8日オープンしたラーメン店。
2014-07-23-12-16-18
戸塚ハイツという味のあるマンションの1階にありますが、外観は白と赤でポップな感じ。
2014-07-23-12-05-26
店内もキレイです。

店主さんは閉店した恵比寿の有名店「香月」ご出身らしいです。
2014-07-23-12-04-41
お一人で全てやられているそうですが、醤油、塩、味噌、ピリ辛味噌に餃子まであってバラエティ豊か。
基本メニューっぽい「醤油ラーメン」700円にしました。

2014-07-23-12-07-58
有名店ご出身だけあって調理にキレがあり、手際がよいです。
2014-07-23-12-08-15
ちょっと大きめの丼で提供されました。

2014-07-23-12-08-39
背脂の量は聞かれませんが、結構な量が入っています。
豚骨、鶏ガラで取られた醤油清湯に甘い背脂が合ってますね。
2014-07-23-12-08-35
スープはほど良い醤油と出汁感で満来の様な感じ。
背脂は脂っこくなく、サラッとしてます。

2014-07-23-12-09-36
麺は細くてシコシコとしたもの。
硬めで好みの麺です。

2014-07-23-12-09-07
ちょっと硬めのバラロール、
2014-07-23-12-08-07
メンマは平均点と言った感じですが、
2014-07-23-12-08-10
ネギ2種類が嬉しいです。
特に青ねぎの切り方が巌哲っぽい手の込んだもので良いですね。

2014-07-23-12-16-03
目新しくはありませんが、丁寧に作られた背脂醤油で美味しかったです。
ご近所の方にも認知されつつある感じでした。

2014-07-26-13-11-58
川越と言えば芋が有名ですが、鰻も有名。
夏バテ予防に鰻の蒲焼を買って帰ることにしました。

有名なのは「いちのや」と「小川菊」。
どちらも江戸から続く老舗です。

持ち帰りについて電話で両店に確認してみました。

「いちのや」

蒲焼
3/4串 2808円
1串 3672円


うな重
3/4串 3078円
1串3909円
2014-07-26-13-52-23

「小川菊」

蒲焼
並 2500円
上 3050円
特 4100円


うな重
並 2700円
上 3250円
特 4350円

値段はそれほど変わらずと言った感じでしたが、電話で予約出来るか聞いたところ、

「いちのや」:「う~ん、15分くらいお待ちすると思います」
「小川菊」:「はい!できますよ!」

歯切れがいいので小川菊にしました。
いちのやは予約は受け付けていないのかも。
2014-07-26-13-05-24
「いちのや」と「小川菊」は近所にあるので、まずは「いちのや」を観てみることに。
店舗の外に鰻の匂いが漂っています。
駐車場も広く、いかにも大型店と言った感じ。
法事などでも使われそうですね。

2014-07-26-13-10-14
お次に「小川菊」。
小江戸らしい路地にあり、風情もあります。
店頭には「お持ち帰りできます」の文字も。

店内も落ち着いた雰囲気で、店員さんの応対も丁寧。
お店でゆっくり飲んで、鰻食べてみたいですね。
2014-07-26-13-54-48

ということで買ったのは「蒲焼上」3050円。
丁寧に包装され、紙袋に入れられています。
2014-07-26-13-55-22
開けてみると、山椒とタレもついていますね。
2014-07-26-13-55-54

数年前に比べると鰻自体がお高くなっているので、大きさは仕方ないでしょう。
焼き目は美しいです。
2014-07-26-13-56-02

身は蒸されていて、もの凄くふんわり。
香ばしさも、脂のノリも素晴らしいです。
実は短冊に切って家族でちらしにして食べたのですが、旨味が濃厚で充分でした。
最近はスーパーの鰻も高いので、鰻屋で買った方がお得感バッチリです。

2014-07-10-18-14-53
昨年の5月、新橋にオープンしたラーメン店。
2014-07-10-18-01-34
新宿の「満来」から派生した「ほりうち」の支店になるようです。

店内は広くて清潔感があります。
店員さんも満来同様に白い割烹着。
2014-07-10-18-01-39

「らぁめん」690円を注文しました。
2014-07-10-18-02-43
並盛150g、大盛250gが同価格ですが、締めなので並盛で。
2014-07-10-18-06-50

ものの数分で提供です。
2014-07-10-18-08-51
スープは満来同様の、アッサリとした豚醤油清湯。
醤油は控えめで、ゴクゴク行けるタイプです。
2014-07-10-18-08-19

麺は平打ちの中太麺。
硬めに茹でられており、コシがありますね。
具はチャーシュー、メンマ、青菜、海苔。
2014-07-10-18-07-35
チャーシューは丼の半分くらいを占め、巨大です。
硬めですがパサッてはおらず、モモでは無さそう。
2014-07-10-18-07-31
メンマ、青菜も量多め。
新橋のお昼事情は知りませんが、これだけ具が多くて、大盛250gも690円はなかなか良いのでは無いでしょうか?
2014-07-10-18-14-46

しかし、ラーメンだとやや麺が浮いている感もあるので、辛味と酸味が効いた「ざるらぁめん」の方が良さそう。
こちらはデフォ250g。
大盛350gでどちらも740円です。

なお、営業時間は、新橋ならではの午前3時まで。
らぁめんはサッパリしているので、並盛は飲んだ後の締めに間違いなく重宝されていそうです。
そのための並盛設定なんでしょうね。

2014-07-10-17-58-53
新橋にある人気もつ焼店。
17過ぎに予約なしで入ることが出来ましたが、18:30までとのこと。
1人なので十分です。

予約の電話は引っ切り無しで、当日予約は結構断られていました。
なお、ネット予約もあるので小岩の豚小家みたいな大型店かと思いましたが、カウンターと外テーブルのみ。
2014-07-10-17-57-44
2階は座敷もあるようですが、1階の雰囲気はあくまでももつ焼き屋さんな感じです。
店員さんはおふざけな会話を交わしていますが、接客はしっかりしていました。
2014-07-10-17-16-10

飲み物は瓶のサワー系充実で嬉しい限り。
焼酎はキンミヤです。
2014-07-10-17-15-40

お気に入りの「コダマしそバイスサワー」450円にしました。
中は250円で、+100円で濃いめも出来るみたいです。
2014-07-10-17-19-38

お通しはガツポン酢。
ほとんどがオニオンスライスですが、サッパリとしてアテに良いですね。
もつ焼き屋なので、野菜たっぷりは嬉しいところ。
2014-07-10-17-14-01

刺身はレバ、ハツ、タン。
三種盛りは1人には多そうなので、「レバ刺し」490円。
2014-07-10-17-20-35

豚は毎日群馬から直送している上州豚です。
レバ刺し、デカくてご立派。
2014-07-10-17-24-43
臭みなど無く、甘くて美味いです。
ごま塩、おろしニンニク、おろしショウガが乗りますが、醤油皿も付いてきました。
2014-07-10-17-15-47

人気メニューっぽい「ハラミポン酢」640円も注文。
2014-07-10-17-30-34
ハラミを塊で焼いて、レアな状態でカット。
もつ焼き屋にしてはお高めメニューですが、これ、半端無く美味いです。
2014-07-10-17-30-47
柔らかくてジューシーで、ムチムチとした食感。
さすが上州豚と言うことなんでしょうね。
おろしポン酢で食べるのも良いですが、軽く塩コショウしてあるので、ワサビで食べるのもナイス。
2014-07-10-17-51-56
串は珍しい「べんけい」140円を注文。
スネですね。

串の上部は、カシラやタンに比べると、ホクホクと柔らかいです。
下の方はやや硬め。
キリッとした塩コショウ加減も良く、美味しいです。

複数人で行った方が美味しいものがたくさん食べられそうですが、雰囲気的には1人でも落ち着きます。
お会計は2220円でした。
2014-07-10-17-17-25
新鮮な刺身やハラミ、最高でした。
豚モツの刺身、どうにかならないんですかね…。

2014-07-06-13-21-27
三ノ輪にあるラーメン店。
2014-07-06-13-09-48
店頭には「神奈川淡麗中華そば×新潟5大ラーメン」とあります。
店主さんが神奈川の「麺や食堂」と新潟の「らーめん潤」で修業されたからだそうです。
2014-07-06-13-10-34
王道中華そば、淡麗塩そばなどは神奈川仕込み、背脂中華そばは新潟仕込みなのでしょう。
生姜醤油は長岡系ですかね?
油そばや冷やし中華もあり、メニューは多いです。
2014-07-06-13-13-48

基本と思われる「王道中華そば」680円にしました。
2014-07-06-13-14-02
澄んだスープの中に麺が綺麗に折りたたまれており、美しいです。
ビジュアルだけでやられてしまいそう。
2014-07-06-13-14-32
スープは鶏と魚介でしょう。
比較的アッサリしていますが、鶏の旨味が感じられます。
油少なめで、青ネギと合わさると「和」な感じも。
淡麗好きなら物足りないことはなく、上品で美味しいです。
2014-07-06-13-21-16

麺は古丹製麺の中細ストレート。
2014-07-06-13-15-22
硬めに茹でられており、コシがあります。
小麦がギュっと詰まった様な、しっかりとした食感。

具は豚、鶏の低温調理チャーシューと太メンマ。
2014-07-06-13-16-06
チャーシューはともに厚みがあり、贅沢です。

豚はムチッと柔らかく、鶏はハーブの風味。
2014-07-06-13-13-56
メンマもザクザクと良い感じです。

飲んだ〆用っぽい「かけ王道中華」550円もありますが、130円の差なら、飲んだ後でも具入りを食べたいですね。

シンプルな一杯ではありますが、スープ、麺、具のどれもが丁寧に作られている印象です。
優等生な美味しさでした。
スタッフの対応も丁寧で、好感が持てます。

↑このページのトップヘ