Dales Mivisのラーメン、一人飲みなど

飲食関係者ではなく、メディア業界とも関係ありません。完全に趣味で個人行動してます。よろしくお願いいたします。 http://tabelog.com/rvwr/00008128/

カテゴリ: ハンバーガー・サンドイッチ・パン・ピッツァ等

FullSizeRender
9月13日にオープンした「eggslut(エッグスラット) 新宿サザンテラス店」。
IMG_0804
LA No.1の卵料理専門店が日本初上陸とのことです。
IMG_0574
場所は甲州街道沿い新宿駅新南口すぐ近くの新宿サザンテラス入口。
FullSizeRender
「J.S.BURGERS CAFE」等を手掛けるベイクルーズの運営です。
FullSizeRender
休日の11時頃に着くと30人弱の行列で、入店するまで約1時間。
FullSizeRender
IMG_0735
FullSizeRender
1Fにベーカリー「BOUL'ANGE」、2Fにロブスターの「Luke's Robster」も併設し、そちらは並ばず入れます。
FullSizeRender
メニューは各種エッグサンドにスラット、サラダ、ドリンク。
FullSizeRender
注文は日本限定の看板メニュー「ROUTE 20 SANNDOWICH(ルート トゥエンティ サンド)」。
IMG_0805
単品1180円(全て税別価格)で、フレッシュオレンジジュースとのセットは1560円。
FullSizeRender
それに「スラット」850円とビール「LONG ROOT Pale Ale」800円を注文しました。
FullSizeRender
注文したら席を取り、レシートに書かれた番号を呼ばれたら取りに行くシステム。
FullSizeRender
エッグサンドは食べやすい様に半分紙袋に入って提供されます。
FullSizeRender
結構大きく、直径10センチ以上で高さも7,8センチ。
FullSizeRender
ブリオッシュバンズ、チェダーチーズ、オーバーミディアムエッグ、スクランブルエッグ、ビーフパティにピクルスと具沢山です。
早速ほおばってみると、フワッと軽めで甘いブリオッシュにトロトロなスクランブルエッグ。
IMG_0759
ビーフパティは硬めでしっかり牛の存在感があり、チェダーチーズもたっぷりで濃厚です。
半熟の目玉焼きにピクルスのアクセントもナイス。
IMG_0758
具が過剰に多いかと思いきやバランスが良く、濃厚で絶妙な旨さです。
味もしつこくなく、後半になっても飽きることがありません。
FullSizeRender
フワフワなスクランブルエッグが他のグルメバーガーと差別化出来ていて、文句なしに美味しいです。
FullSizeRender
「スラット」は瓶に入ったマッシュポテト、玉子をスプーンですくってバゲットと一緒に。
FullSizeRender
熱々濃厚でマッシュポテトも美味しく、塩気もしっかり。
FullSizeRender
なかなか個性的で旨いです。
FullSizeRender
なお、朝7:30からの営業でメニューは変わらず、朝ならパティが入らない定番のエッグサンド「フェアファックス」が良さそう。
FullSizeRender
オシャレな行列店なので構えていましたが、「これは間違いなく流行るだろう」と感じさせる説得力。
FullSizeRender
駅から近く広い気持ちのいい場所なので、新宿の新名所になると思われます。

IMG_9631
群馬のみなかみ町にあるピッツァ店「ラ・ビエール」。
IMG_0723
この地域で飲食店を検索すると、必ず上位に来る有名店です。
FullSizeRender
店頭の駐車場は少ないですが、お店向かって左側を100mほど進むと温泉街無料駐車場。

FullSizeRender
お店は並んでいるので店内のリストに記帳して呼ばれるのを待ちます。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは各種ピッツァにサイドメニュー。
ピッツァはナポリピッツァとのことです。
FullSizeRender
家族で伺ってまずはド定番の「マルゲリータ」1112円。
フレッシュなトマトソースにたっぷりのモッツァレラが良いです。
IMG_9612
具材やソースも良いのですが、特筆すべきはモチモチの生地。
ほど良く塩気が効いていて、この生地だけで食べ続けられそうなくらい旨いです。
FullSizeRender
続いて「ラ・ビエール」1490円。
店の名前が付いたメニューは舞茸等キノコにチーズ、ペペロンチーノオイル。
IMG_9618
シャキシャキのキノコにチーズは素晴らしい取り合わせ。
IMG_9621
ここのピッツアはホントに旨いです。
FullSizeRender
生地は水上の美味しい水に、地粉を使っているそう。
具材も旨いですが、特筆すべきはモチモチの生地。
FullSizeRender
適度な塩気もあって生地だけ食べても美味。
FullSizeRender
立地もあるのか、都内のピッツァ店に比べると格段に安くて美味しいです。

IMG_9404
アド街でも紹介された人気点「サライケバブ 大久保」。
FullSizeRender
大久保駅北口から信号渡ったすぐの路地にあり、よく行列が出来ています。
IMG_9433
大久保は多国籍な街ですが、この近辺はイスラム街で食材や料理店も多数。
このお店はトルコ人の兄弟がやっており、とにかく愛想が良くて気持ちの良い接客です。
IMG_9414
メニューは基本的にビーフとチキンのケバブ。
FullSizeRender
ケバブサンド、ケバブラップ、ケバブライスにケバブ海苔巻きまであります。
FullSizeRender
注文は「ビール&ケバブセット」750円。
FullSizeRender
ケバブはビーフとチキンのミックス、ソースはホットでお願いしました。
ビールはトルコの「エフェス」が無かったのでスーパードライ。
FullSizeRender
完成間近になるとビールを渡され、続いて大きなケバブが登場です。
狭い路地ですが、イスが2個ほどあってそこで食べることも可。
FullSizeRender
ケバブはかなり大きく、かぶりつくとソースが鼻に付くのでフォークスプーンが付いてます。
スパイシーなビーフとチキンは驚くほどたっぷりでジューシー。
IMG_9431
下からチキン、キャベツ、トマト、ビーフと入っていて、ニヤけてしまうくらい具だくさん。
ホットソースはちょうど良い辛さで、キャベツやトマト、肉とのバランス最高。
FullSizeRender
外国人のお客さんが

「ソース多めにして」

と言うと

「うちのはソース多いよ。大丈夫(笑)」

とやりとりしてましたが、ホントに良い感じです。
IMG_9432
また、ピクルスの代わりに桜大根が入っているのもユニーク。
IMG_9420
ケバブはわりと好きなのですが、ここは味も量もCPもベストに近いレベル。
IMG_9407
外国人、日本人問わずにこやかに話しかけてくる接客も素晴らしく、ハッピーな気持ちになれます。

FullSizeRender
池袋No.1ハンバーガー店「No.18」。
今年3月に移転し、以前より外観内観ともにオシャレになりました。
IMG_6559
場所は池袋駅東口から徒歩10分ほどの六ツ又陸橋近く。
「麺屋 六感堂」左手路地の奥に隠れ家の様にあります。
FullSizeRender
ランチメニューは各種ハンバーガーにドリンクやポテト、サラダのセットなど。
「ベーコンチーズバーガー」1350円に+150円でサラダを付けました。
IMG_6578
サラダはロメインレタスにアボカドで結構立派。
アボカドとソースがドロッとするもサッパリで、リッチで旨いサラダです。
IMG_6584
これが150円は相当なCP。
なお、サラダは数量限定とのことです。
FullSizeRender
「ベーコンチーズバーガー」は大きめで、具が高く積まれてキレイ。
暑いバンズにパティ、自家製ベーコン、トマト、レタス。
FullSizeRender
パティは挽き肉ではなく、手でちぎられたハンドチョップです。
なので牛肉の弾力をしっかり感じられ、ハンバーグと言うよりステーキに近い食感。
ミディアムレアに焼かれ肉を堪能できます。
IMG_6591
峰屋のほんのり甘いバンズも美味。
FullSizeRender
自家製ベーコンはスモーキー過ぎず、こちらも肉を堪能。
シャキシャキレタスにジューシーなトマト、濃すぎないソースでバランス抜群です。
FullSizeRender
ハンバーガーなのにオイリー過ぎず食べやすく、ジャンクフードではなくご馳走。
FullSizeRender
僕が食べたハンバーガーの中で1,2を争うグルメバーガーです。
FullSizeRender
FullSizeRender
なお、アルコールは昼も注文でき、「生ビール(カールスバーグ) パイント」850円。
FullSizeRender
昼には注文できませんが、テバカラなどサイドメニューもあるので、一度夜にも来てみたいです。

IMG_0756
日本橋高島屋S.C.の「BROZERS'(ブラザーズ 日本橋高島屋店)」。
人形町の有名バーガー店「BROZERS'」の支店です。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
メニューは人形町同様に各種バーガー、サンドイッチ、ホットドッグ。
FullSizeRender
それにクラフトビールもあるので「496」800円(全て税別)を注文しました。
FullSizeRender
家族で伺い、僕は「チリビーンズチーズバーガー」1400円。
堂々たる標高の高いバーガーで、フライドポテトにオニオンリングが添えられます。
バーガーには畳まれたレタスにトマト、パティ、チリビーンズ、チーズと豪勢。
IMG_0806
備え付けの三角袋にいれていただきます。
パティも悪くありませんが、レタスやトマトの方が主張する感じ。
IMG_0804
バランスとしてはヘルシー路線で、肉を味わいたいならダブルの方が良さそうです。
チリビーンズのコクもあり、肉を重視しなければ満足できるお味。
味は強めの塩コショウにシンプルなトマトでサッパリです。
FullSizeRender
息子は「エッグチーズバーガー」1400円。
IMG_0800
こちらはエッグの存在感があってボリュームも増します。
FullSizeRender
ややお高めのグルメバーガーですが、日本橋高島屋で食べられるのは素晴らしい。
FullSizeRender
クラフトビールを飲んでゆったり出来るお店です。

IMG_9463
京王百貨店新宿店の中地階に2018年オープンした「ジュウニブン ベーカリー(20/10)」。
メディアの露出も多い超有名なベーカリー「365日」の系列店です。
IMG_9466
イートインスペースは無く、店頭販売のみ。
FullSizeRender
売場も大きくありませんが、食パンにハード系、総菜系などバラエティに富んでます。
IMG_9461
「365日」の看板メニュー「クロッカンショコラ」に近い「ショコラフランス」も。
IMG_9458
しかし、お酒に合わせたいと思っていたので総菜系にしました。
IMG_9473
「風船パン」324円
IMG_9459
風船の様な袋に入っていて、有塩バターを包み込んだパン。
FullSizeRender
ふんわりとして柔らかく、お餅の様にもの凄くモチモチです。
FullSizeRender
練りこまれたバターは過度ではなく、香りも良くほど良い生地の粘り。
これは毎回買いたいレベルの美味しいパン。
FullSizeRender
「ベーコンエピ」346円
良くある長いものではなく、輪っかになったもの。
枝豆にパルミジャーノっぽいチーズもあり、一般的なベーコンエピと印象がかなり違います。
IMG_9471
生地はハード系の様な硬さはなくモチモチ。
ベーコンはあまり存在を感じませんが、チーズたっぷりで単体でワインのツマミになります。
FullSizeRender
「バターチキンカレーパン」281円
薄皮で油少な目サクサクな食感でカレー多め。
FullSizeRender
辛すぎずもスパイシーでかなり本格的なインドカレーです。
インドカレーは好きで色々食べているのですが、カレー店に負けないレベル。
商品名を「バターチキンカレーパン」とするだけの出来で、カレーパン好きの間で話題になっていそう。
FullSizeRender
「ゴルゴンゾーラと自家製ベーコンのプチカンパーニュ」280円
生地がモチモチでほんのり香ばしい。
ゴルゴンゾーラの青カビの香りにクルミ。
ベーコンは具としてではなく香り付けみたいな感じですが、ワインに合いまくり。
FullSizeRender
京王百貨店は地下に「PAUL」も入っていますが、全く別路線。
予想以上に美味しかったので、他のパンも試してみたいです。

IMG_1813
東京駅近く丸ビル5Fにある「KUA `AINA(クアアイナ)」。
ハワイ人気バーガー店の日本チェーンで、日本にグルメバーガーを浸透させたお店だと思います。
FullSizeRender
FullSizeRender
祝日昼の開店20分後に伺うと数人の行列。
席は数十席あり、注文待ちの行列なのでそれほど時間はかかりません。
IMG_1821
家族で伺って、まずは「生ビール LARGE」627円(全て税別価格)。
LARGEは大きさの確認が入るほど巨大で、量は1リットル弱でしょうか。
FullSizeRender
「さいたま新都心店」で知っていたので注文しましたが、丸ビルでもサイズ変わらず。
この値段でこのビッグサイズはアメリカ的で素敵です。
FullSizeRender
ハンバーガーは基本セットメニューで「バーガー+フレンチフライ+ドリンクS」。
注文は「チーズバーガーセット」1127円に「サイズチェンジ」191円。
サイズチェンジは191円でパティが約150gから約230gに変更できます。
また、パンとチーズを選択することができ、定番のカイザーロールにチェダーを選択。
FullSizeRender
提供されたチーズバーガーセットは2つに分かれており、下のバンズにパティ、チェダーチーズ、グリルオニオン。
もうひとつのバンズにレタス、トマトが乗っていて、その2つを重ねて紙袋に入れていただきます。
IMG_1835
パティはかなり大きく、ブリンと肉の存在感。
値段を考えるとゴージャスに肉です。
FullSizeRender
トマト、レタスが爽快さを添え、ソースはかなりアッサリ。
後半は卓上のマスタードを追加しました。
最近は洗練されたグルメバーガー店も多いですが、ここは肉のボリュームと味がハワイ的。
正直グルメバーガーとしては、凝った味わいではなく素材重視。
しかし、値段を考えるとかなり旨いです。
FullSizeRender
なお、同行者は「厚切りモッツァレラベーコンバーガーセット」1383円。
IMG_1828
濃厚なモッツァレラにスモーキーなベーコンがナイスでした。
FullSizeRender
丸ビルの5Fは飲食店が立ち並んでいますが、この店だけオーダー待ちの行列が常にある感じ。
チェーンなグルメバーガーですが、チープさは皆無です。

FullSizeRender
最近流行っている高級「生食パン」。
先日、大宮の「乃が美」で買ったところ、予想を超える美味しさでした。
IMG_1360
今回は「俺のBakery&Cafe 新宿京王モール」へ。
「俺のイタリアン」で知られるグループのお店で、都内に5店、武蔵小杉に1店あります。
IMG_1353
場所は駅近くの京王モール内。
食パンだけで無く各種サンドイッチも販売しており、イートインスペースもあります。
IMG_1358
食パンは

「銀座の食パン~香~」1000円
「銀座の食パン~夢~」900円
「山形の食パン」900円

の3種があり、全て1本(2斤)。
IMG_1354
「生食」として一番オススメされている「銀座の食パン~香~」1000円を購入しました。
FullSizeRender
岩手県「なかほら牧場」自然放牧牛の牛乳に国産小麦「キタノカオリ」を使用とのこと。
IMG_1417
手で割いて食べてみると、パンの耳も硬くなくふんわり柔らか。
モッチリした白い部分は小麦の甘さを十分に堪能できます。
IMG_1420
きめ細かい食感で香りも良く、まるでお餅の様にモッチモチ。
間違いなく「生」で食べたほうが良い食パンです。
甘さも自然な感じで、天然な味わい。
正直、「乃が美」の方がふんわりで小麦の甘さも上。
しかし、このレベルが新宿駅すぐ近くで買えるのはありがたいです。
主役になれる「生食パン」でした。

IMG_0530
最近世間で流行っている「高級食パン」
老舗の「ペリカン」から、最近では「俺のBakery&Cafe」など。
IMG_0527
その中でも有名なのが「乃が美」。
大宮に「はなれ さいたま大宮店」があるので伺ってきました。
ちなみに埼玉には5店ありますが、東京には麻布十番1店しかありません。
FullSizeRender
場所は大宮駅西口から徒歩5分ほど。
「大宮そごう」の裏手を南に進むとあります。
平日の夕方に伺うと数人の行列。
予約も出来るようですが、並べば買えるようです。
FullSizeRender
店頭には

「パン・オブ・ザ・イヤー2016」金賞
「日本のおいしい食パン名品10本」に選出

とあります。
FullSizeRender
IMG_0531
ハーフサイズは売り切れで、「1本(2斤)」864円を購入。
紙袋に入ってスイーツの様です。
IMG_0533
包丁を使わず手で割くことができ、きめ細かくシルキーでふんわりな食感。
しかし密度が濃く、とにかく小麦の甘さが素晴らしい。
FullSizeRender
玉子不使用でカナダ産100%の小麦を使用。
焼かずに食べられる「生」食パン作りにこだわったとのこと。
FullSizeRender
これは間違いなく「生」で食べたほうが良い食パン。
なにも付けずにいくらでも食べられます。
FullSizeRender
これで864円は素晴らしいハイCP。
家族全員感動していて、間違いなくくリピートします。

IMG_6829
川越の超人気パン屋さん「川越ベーカリー 楽楽」。
FullSizeRender
FullSizeRender
メディアでも良く紹介される有名店で、向かいには系列の「サンドイッチ・パーラー楽楽」もありま

す。
IMG_6841
場所は駅から離れており、観光地の「菓子屋横丁」近く。
隣にイートインできるテラスもありますが、お店は小さめ。
なので混んでいるときは外で待ち、出口から人が出たのを確認して入店します。
湯河原の人気店「ブレッド&サーカス」も同じシステムですが、こちらの方がより店内は狭いです。
FullSizeRender
入ると目の前にショーケースがあり、そこからパンを選んでいく方式。
IMG_6837
IMG_6838
最後はパンと個数をスタッフと確認し、金額が確定したあとはセルフレジとなります。
FullSizeRender
「お味噌のパン」200円。
楽楽の人気No.1看板メニューで、1日500個売れるそう。
FullSizeRender
味噌と言っても濃くはなく、カステラの様な食感もクセになります。
FullSizeRender
「ソーセージフランス」260円
肉の味が濃いソーセージに濃厚トマトソース。
そしてモッチモチのパンがとにかく旨い。
「フランス」と付くのでフランスパンなのでしょうが、カリカリではありません。
気泡が少なく密度が濃くてモチモチ。
小麦をいやと言うほど堪能できます。
FullSizeRender
「マスタードチキン」150円
こちらはややハードでモッチリなな生地に刻みチキンとマスタードソース。
もろマスタードと言う辛さでは無く、ソースもおいしい。
FullSizeRender
「秋じゃがとサーモンのサクサク醤油ピザ」300円。
フレッシュなサーモンにホクホクポテト。
FullSizeRender
「とろとろ角煮と玉子のピッツァ」300円。
300円とは思えないほど大きな角煮は柔らか。
しかしピッツア系はパンがフワフワで、フランスパン系のパンの方が小麦味わえます。
IMG_6835
とにかく美味しくて安く、都内ならこの価格では無いだろうと思えるレベル。
実はこの一週間前にも買って食べていたのですが、惣菜系は結構メニューが変わります。
ホントに美味しくて、「観光地」だからではない美味しいパン屋さんです。

↑このページのトップヘ